HSCの対応に切り替えて成功した事例紹介「HSCの子どもに、療育をしてしまっていた…」

ホームスクーリング成功実例
【無料メルマガ】オンラインフリースクールって、ご存じですか?

子どもがHSCやイジメ、学校(対人)恐怖症で悩んでいる

普通のフリースクールでは、合わなかった

少しでも外の世界とつながって、勉強して欲しい

このようにお悩みなら、オンラインフリースクール【White school】がオススメです。

■1.不登校の解消

■2.人や集団への恐怖心を解消

■3.勉強の遅れを解消

これら3つのサポートを行っています。

オンラインフリースクール【White school】の詳細をチェックされたい方は、コチラからメルマガにご登録ください。

・メルマガ内では、たまに有料サービスへの案内をさせていただくこともあります。

・ブログを更新した際には、朝10時に、更新情報が届くようになります。

・メルマガ登録は無料です

・いつでも解除できます

・ご登録後、「無料メルマガ登録のご確認」というタイトルの、自動返信メールが送信されます。

迷惑メールフォルダーに入ってしまう場合もありますので、そちらもご確認いただければと思います。

HSCの対応に切り替えて成功した事例紹介「HSCの子どもに、療育をしてしまっていた…」

こんにちは。

オンラインフリースクール【White school】の代表講師GOです。

 

さて、今回のテーマは、「HSCの対応に切り替えて成功した事例紹介「HSCの子どもに、療育をしてしまっていた…」」ということで、お届けをしてみたいと思います。

 

HSCのお子さんに、療育をしてしまうと…?

今日の事例は、亀山美穂ちゃん(9歳・仮名)の保護者の方の成功事例です。

美穂ちゃんは、小学校1年生の2学期から不登校となり、それ以後は、保護者の方がどうにか学校へ行かせたり、どうしてもムリな時は休ませたり…という対応を、繰り返していました。

しかし、毎朝のように「学校に行きたくない」と言う美穂ちゃんの様子に、「これは、発達障害かも」と感じた保護者は、美穂ちゃんに、療育を受けさせることにしたのです。

 

事態が一気に悪くなったのは、療育を始めてからでした。

 

それまで美穂ちゃんは、「学校に行きたくない・・・」と、控えめに訴えるタイプの子だったのですが、

療育を始めてからは、泣き叫びながら「行きたくない!」と訴えるようになったのです。

 

そんな美穂ちゃんの様子に対して、途方に暮れてしまった…との事で、

HSC専門オンラインフリースクール【White school】の方にご相談をいただき、ご入会をいただきました。

 

現在は、療育をいったん、全てストップし、ご自宅で「HSCのお子さんのために必要な学習」を、進めていただいています。

その結果、

 

「すごく生活が落ち着きました。まるで人が変わったように泣き叫んでいた娘ですが、

今では、毎日を楽しそうに過ごしています。

先日、「少し学校へ行ってみる」と言い出した時は、とても驚きましたが、本人が行くと言っているので、学校へ行かせてみることにしました。

結果としては、「めちゃくちゃ疲れた」との事で・・・(苦笑)

ですが、自分なりに学校との距離感と言うか、接し方を掴んで来ている気がします。」

 

実は美穂ちゃんと同じように、HSCのお子さんに療育を受けさせてしまっているケースは、意外に多く、それをやめて、HSCのための教育を始めると、上手くいく、

というケースは多いのです。

ではなぜ、HSCのお子さんに療育を受けさせると、より状況が悪くなってしまうケースがあるのでしょうか?

 

療育は「できない事を、できるようにするため」の教育

発達障害(高機能自閉症、自閉症スペクトラムなど)と、HSCの大きな違いの一つは、

「分からないのか?」それとも、「苦手なのか?」という部分です。

I do not know it(私はそれが分からない)・・・発達障害

I do not like it(私はそれが好きではない)・・・HSC

 

発達障害というのは、人間関係や会話について、「分からない事がある」ということです。

たとえば、同じ質問を何度も何度も繰り返したり、他が気になったとたん全ての行動が止まったり、

いつもと違う事態になるとパニックを起こして動けなくなったりします。

その時、「どうしたら良いのか分かっていない。だから、できない。」というのが、発達障害です。

 

だから療育で、「分からない事を、分かるようにするため」の教育や訓練を受けるのですね。

 

それに対してHSCは、「分かっているけど、苦手」「分かってるけど、イヤ過ぎてできない」という状況です。

もうお分かりかと思いますが、HSCのお子さんは「分かっている」のですね。

そんな子に、「分からない事を、分かるようにするための教育」をさせたって、本人は・・・

「だから、苦手なんだってば!!」

「分かってる!知ってるよ!ニ・ガ・テなのーー!!」

となります。

 

これが、HSCのお子さんに療育をさせたことで、事態が悪化する原因です。

 

「ゴキブリをやっつけるのが苦手だ」という人に、「ゴキブリのやっつけ方」を訓練をするようなイメージでしょうか。

イヤでしょう?(苦笑)

「ひっぱたいたら良いのは知ってるけど、誰か、代わりにやってー!」となりますよね。

 

HSCのお子さんに必要な教育は、「苦手なことをしなくても、ちゃんと楽しく生活していけるための、知識やスキルを身に付けること」なのです。

 

HSCのお子さんに必要な、教育の内容とは?

HSCのお子さんに必要なのは、「分からない事を分かるようにする療育」ではありません。

苦手な人混みや人間関係に、ムリに依存しなくても生きていけるようにするための、知識とスキルを教えていく事です。

そのための具体的な内容は、5つあります。

 

1.学校の勉強を、家で進められるようにする

2.音楽かダンスを学ぶ

3.パソコンの使い方(ホームページ作りやタイピング、画像/動画の編集)を学ぶ

4.ビジネスの基礎を学ぶ

5.読書の習慣を身に付ける

この5つです。

 

なぜこれらが、HSCのお子さんにとって必要なのかを、ご紹介いたします。

 

1.学校の勉強を、家で進められるようにする

学校の勉強ができない事は、HSCのお子さんにとって、とても大きな悪影響があります。

 

HSCのお子さんは、周囲のことに人一倍、気が付いてしまいます。

当然、保護者であるあなたが、学校へ行かない子どもに対して、どう思っているか・・・?も、HSCのお子さんは、とっくに気付いています。

 

もし保護者が、「別に学校に行かなくても、どうにかなるよ」と、心から思っている場合で、

ようやく、お子さんの罪悪感や劣等感は、ゼロに近づくイメージでしょうか?

 

「学校へ行かないなら、こういう事を家でやればいいよ!」と、しっかりと道を示せる場合、お子さんの劣等感や罪悪感は、無くなっていきます。

 

まして、学校へ行かない子どもに対して、不安を抱いていたり、イライラや焦りの感情を持っていると、HSCのお子さんには、筒抜けだと考えていただいて、まず間違いありません。

 

ですので、家で勉強できる環境を作っていく事は、何より重要なのです。

 

2.音楽かダンスを学ぶ

HSCのお子さんは、心にいろいろな感情をため込みます。

それを、表に吐き出し、しかもそれが「すごいね」と評価されるのが、音楽(楽器)かダンスです。

 

実際、音楽アーティストの中には、HSPで、自分の中にいろんな感情をため込んでいるのを、

音楽として表現することで、自分を浄化してる方もおられます。

HSCのお子さんに音楽やダンスを習わせることは、自分自身をしっかり見失わないようするための、とても良いスキルなのです。

 

ピアノやダンスの個人レッスンを受けるのも良いですし、

HSC専門オンラインフリースクール【White school】では、音楽理論とピアノの基礎を親が教えていくためのサポートも、行っています。

3.パソコンの使い方(ホームページ作りやタイピング、画像/動画の編集)を学ぶ

パソコンの使い方を学ぶことは、HSCのお子さんの将来を、大きく左右します。

 

具体的には、

ホームページ(ワードプレスの使い方)の作り方を学ぶ

画像編集・動画編集の方法を身に付ける

タイピング(ブラインドタッチ)のスキルを身に付ける

この3つです。

 

これらができれば、自分で世の中に情報発信ができるだけではなく、

自宅で一人で仕事ができるようにもなります。

 

人と接するのが苦手だったり、世の中が生きづらいと感じている人にとって、

パソコンの上記の3つのスキルが、あるかないか?は、大人になった時、生死を分けるほどのインパクトを持っています。

4.ビジネスの基礎を学ぶ

ビジネスの基礎は、たとえ会社員になるにせよ、アルバイトをするにせよ、あるは自分で事業を立ち上げて起業をするにしても、必須のスキルです。

大人になって、集団の中に嫌々、入らないで済むようにするには?

イヤな人や苦手な人と、ムリに付き合わないで良い環境を手に入れるには?

それは、ビジネスのスキルを身に付けることです。

 

「世の中の人が何を求めていて、それに対して自分(自分たちの組織)は、何を提供すれば支持されるか?」

 

これを理解し、伝えていくのがビジネスのスキルとなりますが、

これを知っていると、「世界が、あなたに繋がろうとする」という状況になります。

家に引きこもっていても、嫌々外に出なくても、世界があなたを放っておかない。

 

それが、ビジネスのスキルです。

5.読書の習慣を身に付ける

HSCのお子さんにとって、もう一つ重要なのは「生涯、学び続けようとする習慣を持っている事」です。

 

集団の中で生きて、人混みの中に身を置くのに耐えられる人は、特に学びの習慣を持っていなくても、なんとなく集団の中で、生きていく事ができます。

しかし、人混みが苦手で、人間関係のゴチャゴチャしたものがストレスになるHSCのお子さんにとって、「自分で自分の人生を支えていく覚悟」というのは、とても重要です。

その覚悟を支えるものこそ、読書の習慣。つまり、学び続ける習慣です。

 

不登校であっても、学ぼうとする習慣。

それを身に付けさせていく事が、とても大切になるのですね。

 

今回のブログのまとめ

さて今回は、HSCの子どもに療育を受けさせて、事態が悪化した、亀山美穂ちゃんの事例を、ご紹介しました。

HSCのお子さんは、自頭が良い子が多く、学校の勉強も「やれば普通以上にできる」という子が多いのです。

美穂ちゃんも、学校の勉強についての理解はスムーズで、「やれば普通に、クラス1番が取れる」という子でした。

 

家で学習の習慣を身に付け、学校へ行かなくてもよい状況になった後は、急激に状況が良くなり、

現在では、パソコンでタイピングを練習し、「ブログを書いてみたい!」と話しているそうです。

音楽に関しては、以前からピアノを習っているという事で、それを継続し、

ビジネスに関しては、「自分の好きな事で、人を喜ばせるには、どうしたらいい?」といった、winwinの基本的な思考トレーニングも、少しずつ始めていっています。

 

読書に関しては、まずは保護者の読み聞かせ。

次に、興味ある分野の本を買って読むようにするなど、読書の習慣つくりも進めています。

 

美穂ちゃんの将来は、これで大きく良い方向に変わっていくでしょう。

 

ぜひ、何かご参考いただければ幸いです。

【無料メルマガ】オンラインフリースクールって、ご存じですか?

子どもがHSCやイジメ、学校(対人)恐怖症で悩んでいる

普通のフリースクールでは、合わなかった

少しでも外の世界とつながって、勉強して欲しい

このようにお悩みなら、オンラインフリースクール【White school】がオススメです。

■1.不登校の解消

■2.人や集団への恐怖心を解消

■3.勉強の遅れを解消

これら3つのサポートを行っています。

オンラインフリースクール【White school】の詳細をチェックされたい方は、コチラからメルマガにご登録ください。

・メルマガ内では、たまに有料サービスへの案内をさせていただくこともあります。

・ブログを更新した際には、朝10時に、更新情報が届くようになります。

・メルマガ登録は無料です

・いつでも解除できます

・ご登録後、「無料メルマガ登録のご確認」というタイトルの、自動返信メールが送信されます。

迷惑メールフォルダーに入ってしまう場合もありますので、そちらもご確認いただければと思います。

オンライン・フリースクール【White school】の授業をチラ見せ!

オンライン・フリースクール【White school】の授業を、Youtubeでチラ見せしています(^^)

・ちょっと見てみたい

・雰囲気を知りたい

という方は、短いですが、ぜひご覧になってみてくださいね(^^)

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。
■ブログ執筆者プロフィール

■名前:岡田剛(オカダ ゴウ)

■肩書(プロフェッショナルの仕事分野)

・オンラインフリースクール【White school】代表講師

・家庭学習(ホームスクーリング)アドバイザー

・子どもの学校(対人)恐怖症の克服コーチ

・不登校の子どもの進路コンサルタント

 

ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

このブログは、お子さんが、イジメやHSC、学校(対人)恐怖症で、人や集団、学校、先生が怖くなり、不登校になってしまった、保護者様のための情報ブログです。

私自身も不登校を経験しておりますが、私が子どもだった当時、今のようにインターネットやパソコンは、広まっていませんでした。

ですが今は、オンラインで授業が受けられる、オンラインフリースクールがあるなど、不登校のお子さんでも、自分らしく愉しく生きていける道が、たくさんあります。

もしこのブログが、あなた様のお子さんの笑顔を取り戻すキッカケになれば、嬉しいです。

【現在について】

HSCやイジメ、学校(対人)恐怖症で不登校になっている子たちを専門に、オンラインフリースクールを運営しています。

【趣味】

■音楽(ピアノ歴30年以上、作曲もする。ドラムはプロドラマーとして、現在も地元でドラム講師を務める)

■お酒(ほぼ毎日。選ぶのが面倒な時はもっぱらビール)

■旅行(温泉が好き。絶景も好き。)

■動物(ミニチュアダックスと、拾った日本猫2匹と、金魚とエビ)

【オンラインフリースクールについて】

「子どもの不登校を解消したい」

「人や集団への恐怖心を、解消させたい」

「勉強の遅れを、解消したい」

とお悩みの保護者のために、

オンラインフリースクールを運営しています。

もしご興味ございましたら、こちらのウェブサイトをご覧ください。

オンライン・フリースクール【White school】の詳細はコチラ

ホームスクーリング成功実例HSC子育て
オンラインフリースクール【White school】の代表講師GOをフォローする
不登校 ブログ – 子どもがHSCやイジメ、学校恐怖症で不登校になったら読むブログ「今日、何しよっか?」
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました