目標 立て方 – 楽器講師の方が「年間目標」を立てる時に1番、大切なこととは?

コラム
この記事は約7分で読めます。

目標 立て方 – 楽器講師の方が「年間目標」を立てる時に1番、大切なこととは?

今回のブログを動画でご覧になりたい方、または耳でお聴きになりたい方はコチラ

楽器講師の方が「年間目標」を立てる時に1番、大切なこと

こんにちは、GOです。

さて今日は「楽器講師の方が、年間目標を立てる時に、1番大切なこと」というテーマで、お話をしてみたいと思います。

 

1年の最初というのは、「この1年で、この目標を達成しよう!」といった、目標を立てる方の多いのではないかと思います。

ですが、目標というのは多くの場合、時間と共に忘れていってしまったりします。

・今年は生徒さんに、こんなことを教えよう

・教室でこんな企画をやってみよう

・生徒数を増やして、第二教室を作ろう

などなど目標を立てても、時間が経つにつれて忘れていってしまったり、

何だかんだお正月から日常に戻っていく中で、目標に向かうモチベーションも、

下がってしまったりします。

 

そうすると、「目標を立てていたけど、ダメだったなぁ…」といったように、自分自身のイメージもさがっていってしまったりするのですね。

そこで今回は、達成できる年間目標を立てるために、一番大切なポイントについて、ご紹介をしてみたいと思います。

 

年間目標は、過去1年間を振り返ってから立てる・・・のですが注意が1つ

わたし達の人生というのは、起こった事が全て、一つの道のようにして繋がっています。

一見すると関係ないような事に見えても、実は、繋がっていた…という感覚になることもありますね。

これは一体、何が言いたいのかというと、

年間目標を立てる時に、突拍子もない目標を立てても、それは実現が困難になる…

ということです。

もちろん、突拍子もない目標を立てて、それを実現させる方法もあります。

ぼく自身も、それをやってみた事がありますし、実際に実現させたこともあります。

 

ですが、突拍子もない目標の多くは、基本的に手段を選んではいけないのです。

これはどういう意味なのかというと、

「突拍子もない目標を達成するためには、手段を選ぶ選択肢が少ない」

という事なのですね。

 

ぼく自身のケースで言えば、2007年の1月…

「このままではダメだ・・・」

と思ったのです。

 

当時はお金が全くなくて、日雇いアルバイトをしながら、お財布は常にスッカラカン…という状態でした。

そこで、

「せめて人並みに生活できるようになりたい!」

と思い、それを年間目標にしたのです。

その結果、ドラムを演奏するというぼく自身の夢は、それ以後5年以上にわたって封印をする事になったのですね。

ですが、人並みに生活する夢、目標というのは、今はどうにか実現ができています。

 

インターネットマーケティングや、マーケティングウェブデザインを学び、

自宅の6畳一間で仕事をしながら、収入を得ていくというスタイルを作り、

ドラム講師としても、ドラマーとしても、再起する。

という状況となりました。

 

すでにお気づきかもしれませんが、これは、年間目標ではないのです。

ぼく自身は、ビジネスセンスが全くない人間ですので、

ドラマーとして生きていきたい!という大きな目標のために、ビジネスを学び、

インターネット集客や、ウェブサイト作りを学んで、今の状況になるのに10年がかかっています。

 

これは、年間目標ではありませんね(笑)

 

大事なことは、「突拍子もない目標を実現するには、手段の選択肢が狭くなる」ということです。

 

年間目標で大切なことは、自分自身の人生の大きな目標の中で、

過去との繋がりを振り返るため、自分自身の内面や、やってきたことを思い出しながら、

その先にある、「大きな目標に繋がる、具体的な行動計画を描く」というのが、

年間目標の立て方なのですね。

 

大切なことは「人生は一つの道になっている」ということです。なにか捨てられない物があるなら、それを思い出すことが大切です。

楽器講師の年間目標の立て方は、昨年の「実績」を振り返ってみるのがポイント

それでは具体的に、年間計画を立ててみましょう。

年間計画を立てていく時の最初の一歩目は、昨年の実績を振り返ってみることです。

まずは自分自身に、こんな問いかけをしてみてください。

 

「あなたは昨年、どんな実績を上げましたか?何を達成し、誰を笑顔にしてきましたか?どんな些細な事でもかまいません。思いつく限り、声に出したり、文字にしたりして、アウトプットしてみましょう。

 

いかがでしょうか?

文字通り、どんな小さな実績でも構いません。

この時に注意すべき点は、「他人がどう評価するのかは、いったん、脇に置いておく事」です。

 

「こんなの、実績とは呼べないよね…」

「これくらい、誰だってやっているしなぁ…」

「別にこんなの、楽器講師なら当然だし」

といった、自分自身への批判や否定は、いったん横においてください。

 

まるで小さな子どもが、「音が出せたよ!」という事で大喜びをするように、

自分自身がやってきた様々な実績を、まずは自分自身でしっかりと取り上げて、受け入れていきましょう。

「そう言われてみると…こんな事を生徒さんに話した時に、すごく喜んでもらえたなぁ」

「新型コロナウィルスでレッスンが無くなったけど、LINEで質問に答えてみたりしたっけなぁ」

「練習時間が増えたから、より自分の上でを磨くために集中をして練習できたかな」

このような感じで、少しずつ思い出していきましょう。

他人が褒めてくれなくたって、全く構いません。

まずは自分自身で思い出し、それを把握していく事が大切です。

 

実績を思い出したら、そこからイメージを膨らませてみよう

次に、自分自身がやってきた事、実績を思い出していったら、

その中から、気になる事や興味があることをピックアップしてみます。

 

自分がやってきた事、実績の中から、

「これって、自分ではけっこう良かったんじゃないかな…と思う」

「これはまた今後もやってみたい」

「思った以上に楽しいと感じた」

などなど、少しでもピンと来るものがあれば、

丸で囲んだり、マーカーでアンダーラインを入れましょう。

 

そこにこそ、しっかりと達成していける年間目標のヒントが隠されています。

 

「これは自分では良かったと思うんだよね」

という去年の実績をジッと見ながら、

なぜ、それについて良かったと思うのかという、理由を探っていきます。

 

単純に、愉しかったからかもしれません。

あるいは、新たなことをやってみた事で、知らなかった世界を知れたからかもしれません。

 

自分の実績を改めて振り返り、その中で特にピンと来るものを見つけ、

「なぜ自分は、そこにピンと来たのか?」という問いかけをしてみることで、年間目標がだんだんと、具体的な形になってくるのではないかと思います。

 

やがて、

「あ、そうか…こういう理由があったから、自分はこの実績に対してピンと来たんだ。・・・という事は、ここをより探求していく事を、年間目標にすればいいんだ!」

といった、「これにしてみよう」という気付きが得られるのではないかなと思います。

 

今回のブログのまとめ

今回は、楽器講師の方のための目標の立て方について、ご紹介をしてみました。

 

目標というと、どうしても自分に厳しいものを作ろうとしてしまいます。

ですが、そうやって立てた目標の多くは、いつの間にか忘れ去られてしまうのですね。

 

大切なのは、自分自身の実績をベースにして、より膨らませたい部分にフォーカスする事です。

そうする事で、ワクワクするような年間目標が立てられるのではないかと思います。

 

1年間、ずっとワクワクして続けられるような目標を、立ててみましょう!

 

プロフィール
この記事を書いた人
楽器講師専門ウェブパートナーGO

【記事を書いた人のプロフィール】

★ドラム歴25年以上(プロドラマー/ドラム講師)

★ピアノ歴35年以上(趣味)

★作曲歴30年以上(趣味)

★インターネット集客10年以上(SEO対策、ネット集客の専門家)

★マーケティングウェブデザイン(ワードプレスでのウェブサイト作成の専門家)

■「楽器だけでは生活が大変」と感じ、2007年からインターネット集客を学び始める。

■インターネット集客やインターネットマーケティングを10年以上かけて学び、1億円以上の売上を達成したあと、それらのビジネスを全て手放し、再び音楽の世界へ。

■4~5時に起きて、6畳一間の部屋で一人、お昼まで仕事をして、午後は練習をしたり飲んだり…という生活を10年以上、続けている。

■ずっと家で仕事をしているので、半分くらい主夫状態。育児や家事が日常。

■お昼寝のあと、子ども達と散歩に行くついでにビールを買うのが最近のルーティン。知らない間に子ども達が、キリン、アサヒ、サッポロ、サントリーのブランド名を全部覚えてしまった。

楽器講師専門ウェブパートナーGOをフォローする
楽器講師で集まってリモート演奏


生徒さんに、元気と楽しみ、想いを届けませんか?

【公式メンバーを募集中です^^】

楽器講師で集まってリモート演奏!の公式メンバーを募集しています。

・管楽器
・弦楽器
・鍵盤楽器

の楽器講師の方は、ぜひお気軽にご参加ください。

公式メンバーへの加入は【無料】です。

【ご参加のメリット】

生徒さんへ想いを届けることで、レッスンの継続率がアップする傾向があります

シェア、拡散されることで、新規の生徒さんがアップする傾向もあります

何より、愉しいです(笑)

Facebookグループはコチラ

コラム
楽器講師専門ウェブパートナーGOをフォローする
ダル・セーニョ – ずっと楽器を続けたい楽器講師のための「ネット集客」情報ブログ
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました