ピアノ教室 ホームページ作成 – ピアノ教室のホームページ作成、業界の裏話?

よくあるご質問
こんにちは、GOです^^

さてさて、今回は

ピアノ教室のホームページ作成、業界の裏話

について、ご質問にお答えをしてみたいと思います。

 

ピアノ教室のホームページ、失敗と感じで後悔する瞬間とは?

 

自分の失敗談を人に話す…となると、

少し勇気が必要になるのではないかと思います。

 

まして、ご自身の仕事・ビジネスに関して、

最近の失敗談を人に話すとなると、なかなか難しい部分があるのではないでしょうか。

 

ホームページ作成の業界でも、同じです。

ピアノ教室のホームページ作成について、色んな作成業者さんを見ていても、

紹介されているのは、ほとんど全てが成功例です。

 

そうすると、

「成功例だけじゃなくて、失敗例もあるんじゃないの?

そういう情報も確認してから決めた方が、安心できるかも・・・」

と感じる方も、いらっしゃるのではないかと思います。

 

そこで今回は、インターネット・マーケティングの世界に10年以上、身を置いている立場から、

ホームページ作成の、ぼく自身の失敗談

ホームページ作成で、人からご相談を受けた事例

 

この2つをご紹介させて頂いた上で、

 

ホームページ作成を失敗しないようにするには、どうしたらいいの? 

というポイントについても、お伝えをしてみたいと思います^^

 

ホームページ作成の失敗例、ぼくの事例をご紹介!!(笑)

それではまず、ぼく自身のホームページ作成の失敗例について、

お伝えをしてみたいと思います(笑)

 

ぼくが初めてホームページを作成したのは、2007年でした。

自分でhtmlやcssといった、プログラムの本を買って勉強し、自作をしたのですね。

 

ご覧を頂いているこのブログが、その2007年に作ったぼくの初めてのホームページです。

(もう何度も修正とカスタマイズを繰り返し、当時の面影は残っておりませんが…)

 

その後、インターネットマーケティングを勉強し、

3~4年間にわたって、散々、自分自身で失敗を繰り返してきました(笑)

 

ですので、ホームページ作成のお仕事を始めさせていただいてから、

クライアントさんのホームページ作成で、大きな失敗をしたことはありません。

 

では、どんな失敗をしてきたのかというと…

何のホームページなのかが全く分からない。分かりにくくて、見にくくて、意味不明(爆)

キャッチコピーや文章が、何を言っているのかよく分からない

SEO対策のための基本セッティングが、ほとんどできていない

などなどです。

 

集客ができなかったり、集客できても問い合わせにつながらなかったり、

山のような失敗を繰り返してきましたが、

それらの経験があったお陰(?)で、

ホームページ作成のお仕事を始めて以後、大きな失敗はしていません。

 

代表GO

失敗は成功の元ですね!(自分で言うなっ)

ホームページ作成で、クライアントさんからご相談をいただいてきた内容

 

それでは続いて、ぼくの元にご相談に来られた際に、

どんな内容のご相談があったのかについて、ご紹介をしてみたいと思います。

 

これまでに頂いた、ホームページ作成についてのご相談

ホームページ作成を依頼したけど、3ヶ月経っても納品されない

ホームページ作成を依頼した人が、失踪した(!?)

格安で作ってもらったら、1年後くらいにホームページが消えた

作成を依頼したら、ものすごくデザインがアレでアレな感じのホームページになってしまった

50万円以上もしたのに、ホームページから全く問い合わせがなく、集客できない

 

などなどです。

初めて聞いた時には、思わず「え!?」となってしまうご相談もありましたが、

こういったご相談にも、ご対応をさせて頂いてきました。

 

 

それでは、こういったちょっと残念な感じにならないようにするためには、

どうすれば良いのか?

ホームページ作成の業界の裏話も交えつつ、お伝えをしていきたいと思います。

 

ピアノ教室のホームページ作成も含め、専門的になってきている

10年前や20年前と比べて、ホームページ作成は、とても専門的になってきています。

 

昔は、自分で作ってもそれなりに形になりましたが、

今は、自分で作るとなると、分からない部分や専門的な部分が、

とても多くなってきているのですね。

 

そうすると、どうなるのかというと、

説明を聞いても、よくわからん!

という状態になってしまう事も、多かったりするのですね。

 

特にピアノ教室の先生方は、

「専門的な話をされても、ちょっと良く分からないのですが…」

と、なってしまう方が多かったりします。

 

業者さんとしても、

「説明も大変だし、説明しても分からないと言われるし…」

となってしまったりして、

お客さんと業者さんが双方とも、

「どう説明したら伝わるのか分からない…(T-T)」
「どう説明されても分からない…(T-T)」

といった感じになってしまい・・・

 

その結果として、いろんな失敗につながったりする…というイメージになります。

 

ピアノ教室のホームページ作成、成功のためのポイントはコレ!

 

では、ピアノ教室のホームページ作成を成功させるためのポイントについて、

最後にご紹介をさせて頂ければと思います!

 

その方法は、

質問に対する回答が、ちゃんとした分かりやすい日本語になっているかどうか?をチェックする事

です。

 

大切ですので、もう一度しっかり確認してみます。

ピアノ教室のホームページ作成を、業者さんに依頼して成功させるためのポイントは、

 

質問や問い合わせに対する回答のメッセージが、ちゃんと理解できる、わかりやすい日本語になっているかどうか?

 

この部分をチェックしてみてください。

 

チェックする具体的なポイントは、こちらです。

 

チェックする具体的なポイント

確かに、外国人ではなく、日本人が書いている文章だというのは分かるけど・・・どことなく、言い回しや言葉の順番に、微妙な違和感を感じる

ちょっと「え?」と思うくらい…と言うよりも、気持ちがザワザワするくらいに、丁寧過ぎる文章になっている。

主語や述語、助詞が少し混乱しているというか、文法が少し迷子になっている感じがする

文章を書くのが苦手なのか、すっごい上から目線な文章になっちゃっている

返ってきた回答の内容が、よく読んだら実は回答になっていなかった

 

などなど、問い合わせしたことに対する回答のメッセージが、

分かりにくかったり、違和感があったり、あるいは丁寧さや謙虚さに欠けると感じたり、

何か直感的に、「ん?」と感じた場合、

その業者さんにするかどうかは、改めて検討をされる方が良いかもしれません。

 

ホームページ作成は、もちろん作る人のスキルや知識、経験などなども大切なのですが、

大切なのは、

ちゃんとした、分かりやすい回答を返してくれる人かどうか?

という部分だったりします。

 

ホームページは、

「ピアノ教室のホームページを作成してください!」

とお願いして、

「はい、できました!ポン!」

っという感じでできるモノではありません(笑)

 

修正や、マーケティング面での相談が、何度も出てきたりもしますし、

その時には、メールなどの文字でのミュニケーションが必要となります。

 

ですので、スキルや知識、経験値だけではなく、

そういった文字でのコミュニケーションがちゃんとできる事であったり、

こちらの意図を汲んでくれる人の方が、上手くいきやすいのですね^^

 

ピアノ教室のホームページを作成される際には、

成功例などの良い面だけをチェックするだけではなくて、

実際にちゃんとコミュニケーションが取れるかどうか

という部分も確認をされると、良いのではないかなと思います。

 

ご参考いただけたら幸いです^^

【お仕事ナウ!】ブログ更新の通知をお受け取りになりたい方へ


 

ホームページ作り、お願いしてみようかなぁ。

普段、どんな仕事をされているか、ちょっと見てみたいかも。

もう少し判断の材料が欲しい!

そんな楽器の先生のために、

ぼく自身のお仕事について、最新ブログをお届けいたします!^^

 

ブログが更新された、翌朝の10時くらいに、「新しいブログがアップされましたよー」と、通知のメールが届きます♪

 

ぜひ、お気軽にご登録くださいませ!

 

よくあるご質問
GOをフォローする
ピアノ教室 ホームページ – 楽器教室専門のホームページ制作なら【GOのサイト】
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました