HSCの子育てで一番大切なのは、実は「子どもを笑顔にする事」ではなかった…?

内面の教育について
【無料メルマガ】不登校の子育て「7日間無料メールコーチング」

家での学習のさせ方を知りたい

家での子どもへの接し方が分からない

ホームスクーリングの方法を学びたい

そんな、「あなたの現在の悩みを、7日間で解消し、向かう方向をハッキリと掴んでいただくため」の、無料メルマガです。

■メルマガ内では、たまに有料サービスへの案内をさせていただくこともあります。

■ブログを更新した際には、朝10時に、更新情報が届くようになります。

■登録は無料です

■いつでも解除できます

■ご登録後、「無料メルマガ登録のご確認」というタイトルの、自動返信メールが送信されます。

迷惑メールフォルダーに入ってしまう場合もありますので、そちらもご確認いただければと思います。

HSCの子育てで一番大切なのは、実は「子どもを笑顔にする事」ではなかった…?

こんにちは。

HSP起業家GOです。

 

さて、今回のテーマは、「HSCの子育てで一番大切なのは、実は「子どもを笑顔にする事」ではなかった…?」ということで、お届けをしてみたいと思います。

 

HSCの子育ては、子どもを笑顔にするだけでは、生ぬるい?!

不登校の原因がHSCかもしれない…とご不安な保護者の方にとって、

「子どもを笑顔にする事」というのは、とても大切な取り組みの一つです。

 

なぜかと言うと、HSCのお子さんは、何か物事が起こって感情が揺さぶられた時、

その感情の矛先が、最終的には自分の方向へと向くからです。

何かあった時、感情の最終的な到達地点が、「自分が悪いから」なのですね。

 

そうやってHSCのお子さんは、色んなことを抱え込んで、どんどんと心が重くなっていったり、

心が濁っていったりするのです。

そんなお子さんにとって、心にたまった感情の“膿”を吐き出すための行為の一つが、「笑う」ということなのですね。

 

ですので、HSCのお子さんはもちろん、基本的に、不登校にお悩みの方の保護者にとって、まず何を優先しなければいけないかと言うと、

「お子さんを笑顔にする事」

なのです。

 

「子どもを笑顔にする」というと、なんだか綺麗ごとのように聞こえたり、ありきたりのように聞こえるかもしれませんが、

本当は、「心にたまったストレスや膿、ドロドロとした感情を、発散させるため」という、大切な目的があるのです。

 

ただ、HSCのお子さんを育てておられる保護者の方や、「ウチの子の不登校の原因はHSCかもしれない」という保護者の方にとって、

「お子さんを笑顔にする」

というのは、それだけでは「ちょっと生ぬるいかもしれません…」という部分があるのです。

 

どうせなら、お子さんを「大笑い」させてみましょう。

ただお子さんを笑わせるだけなら、意外と簡単にできます。

たとえば、学校を休ませて、家で自由に過ごさせるようにすれば、お子さんは自然と、笑顔を取り戻していくでしょう。

好きなゲームをしていたり、マンガを読んだり、好きな事をさせておいて、それに対して何も言わなければ、お子さんは、やがて笑顔を取り戻していきます。

 

ですが、「不登校の原因がHSCかもしれない…」とご不安な保護者の方にとって、これだけでは、実はちょっと足りないと思うのですね。

つまり、ただ笑顔にするだけではなく、「大笑いさせる」というところまで、挑戦してみていただきたいのです。

 

これは、実際にお子さんを大笑いさせようとしてみたら、すぐに感じていただけるかと思いますが、意外に、ムズカシイです。

 

特に、HSCのお子さんは、周囲のことを敏感に感じるチカラを持っていますので、下手にやってしまうと、「自分の機嫌を取るために、いろいろやっているんだな」と、引いた目で見られることも、よくあります。

ですので、お子さんを「大笑いさせよう」という挑戦をするためには、保護者も、そのための知識やスキルを、しっかりと身に付けないといけない、という事になります。

 

そこで今回は、HSCのお子さんを、大笑いさせるためのテクニックを、3つご紹介させていただきます!

ぜひ、お子さんを大笑いさせられるように、試してみてください。

HSCのお子さんを大笑いさせられるようになると、ほぼ100%に近い確率で、全てが好循環をしていくようになるでしょう。

 

テクニック1.その年齢、その学年の「笑いどころ」を調べる

まず最初は、お子さんの年齢、学年に合わせた「笑いどころ」を調べていきましょう。

これは、個人差も大きいですし、男女によっても大きく違います。

たとえば5~6歳の男の子であれば「ウ●コ」の一言で、大笑いしたりしますが、女の子は無反応だったりする・・・というのは、多くの方がイメージしやすいかと思います。

 

そういった、その年齢、その学年で流行っている笑どころや、何に対して反応するのかというのは、自分で考えるよりも、調べてしまう方が早いのです。

 

調べ方としては、たとえば人気のYoutuberが何をやっているのか?を調べてみるのも、一つの方法です。

基本的に、10歳未満のお子さんというのは、シンプルなことでも大笑いすることが多いです。

ですが、ギャグやダジャレについては、何が面白いのか理解できない子も多く、スベる可能性も大きいです。

 

ですが、10歳以上になってくると、漫才やコントを理解するような子も出てきますので、「どんな芸人さんが好きか?」というのも、調べる方法の一つです。

 

テクニック2.子どもと同じゲームをやってみる

Nintendo Switchといったテレビゲームや、PSP、Nintendo DSといったゲームでも良いですし、スマホのゲームでも構いません。

お子さんがハマっているゲームについて、保護者の方が一緒に遊んでみるのも、一つの良い方法です。

なぜなら、お子さんのゲームを保護者がプレイすると、大体、ヘタッピ(失礼!)なケースが多く、それを見て、お子さんが大笑いする、という事が起こるからです。

この「大笑い」には、実は重要な意味があります。

保護者としては「バカにされた!」と感じてしまうかもしれませんが、お子さんからすれば「自分が好きなゲームを、親がやってくれて、それを見て大笑いできた」というのは、

一種の、大きな共感となるのです。

 

そして、HSCのお子さんは、「とても共感性が高い」という特徴があります。

親が、自分の大好きなゲームをやってくれて、それで大笑いできた!というのは、心のモヤモヤや、ドロドロした膿を、一気に吐き出させてあげる事に、繋がるのです。

それによって、学校へ行きたくない本当の理由を、自分から話してくれるようになるお子さんも、決して少なくありません。

 

テクニック3.子どもが笑う瞬間を、リストアップする習慣を身に付ける

普段通りに生活をしていて、お子さんが不意に、クスリと笑う瞬間というのが、あると思います。

保護者としては、何に対して笑ったのか、よく理由が分からない事もあったりするのですが、

そういった、「この瞬間、このタイミングに笑った」というのを、メモしておく習慣を身に付けましょう。

 

それが、お子さんだけが持つ「笑いのツボ」なのです。

「この瞬間、このタイミングに笑った!」というメモを、積み重ねていくと、保護者の方であればほぼ確実に、

「な~るほど・・・この子は、こういうので笑うのね!!」という、お子さんだけが持つ「ツボ」が、ほぼ確実に見えてきます。

 

最初の内は、共通点が無かったり、何で笑ったのか分からなかったりすると思いますが、

「どの瞬間に笑うのか?」を、つぶさに観察し、メモし続けていれば、

ある時、そのメモをザっと振り返って読み返した瞬間に、「コレか・・・!」というのが、見える瞬間が来ます。

 

そうなれば、しめたもの。

そのツボに沿って、お子さんを大笑いさせてみてください。

最初は失敗するかもしれません。データと実践の間には、微調整が必要になるケースが多いからです。

ですが成功したとき、思いもしなかった“現実”が、目の前に現れるでしょう。

 

今回のブログ記事のまとめ

さて今回は、「お子さんを大笑いさせよう」というテーマで、ブログを書いてみました。

特に、HSCのお子さんは、周囲で起こったことを、最終的に「自分のせいだ」と考えてしまう傾向があります。

そんなお子さんにとって、「大笑いさせる」というのは、心にたまったドロドロのコップの水を、吐き出させてあげる事に繋がるのですね。

 

もちろん、まずは笑顔にする事が大切なのですが、できれば、そこから先・・・

「大笑いさせてみる」ということに挑戦をしてみていただければと、思っています。

 

もし「試してみたいな!」と思う保護者の方がおられましたら、今回の3つのポイント。

 

1.その学年、年齢での笑いどころの基本を調べる

2.同じゲームを一緒にやってみる

3.笑いのツボをメモする習慣を身に付ける

この3つを、ぜひご参考にしていただければと思います。

【無料メルマガ】不登校の子育て「7日間無料メールコーチング」

家での学習のさせ方を知りたい

家での子どもへの接し方が分からない

ホームスクーリングの方法を学びたい

そんな、「あなたの現在の悩みを、7日間で解消し、向かう方向をハッキリと掴んでいただくため」の、無料メルマガです。

■メルマガ内では、たまに有料サービスへの案内をさせていただくこともあります。

■ブログを更新した際には、朝10時に、更新情報が届くようになります。

■登録は無料です

■いつでも解除できます

■ご登録後、「無料メルマガ登録のご確認」というタイトルの、自動返信メールが送信されます。

迷惑メールフォルダーに入ってしまう場合もありますので、そちらもご確認いただければと思います。

■ブログ執筆者プロフィール

■名前:岡田剛(オカダ ゴウ)

■肩書(プロフェッショナルの仕事分野)

・オンラインフリースクール【White school】代表講師

・家庭学習(ホームスクーリング)アドバイザー

・音楽家(ピアニスト/プロドラマー/作曲家)

・起業家/経営者/インターネットマーケター

 

【学歴・職歴】

・私立三田学園中学卒

・兵庫県立夢野台高等学校卒

・キャットミュージックカレッジ専門学校演奏科ドラム専攻 主席で卒業

【略歴】

父が塾講師(趣味がチェロ演奏)、母がピアノ講師という家庭に生まれる。

幼少期より、幼稚園や学校を休みがちで、不登校も経験。

社会に出てからは、常に違和感を感じており、

■フリーター

■日雇い派遣

■派遣社員

と、フラフラと生きてきて、2007年に新聞配達のアルバイトをしながら、「ネット起業しよう」と思い付く。

インターネット集客で日本一とも言われる、平賀正彦先生に弟子入りし、インターネット集客とビジネス、マーケティングを学ぶ。

2011年に起業。輸入アパレル商品のネット通販ショップを立ち上げ、家で一人で仕事をしながら、累計1億円以上を売り上げる。

2018年にネット通販ショップを売却。オンライン・フリースクールを立ち上げることを決意。

【現在について】

子どもの不登校をキッカケにして、オンラインフリースクールを立ち上げ、講師に転身。

現在は、不登校の子ども達に、オンラインで音楽やビジネスなど、「自分らしい、愉しく豊かな人生を手にするために必要なスキルや知識」を教えている。

【プライベート】

■二児の父。家で仕事していることから、家事と育児は主夫レベルを自負。

■ピアノ歴30年以上、作曲もする。ドラムはプロドラマーとして、現在も地元でドラム講師を務める

■お酒(ほぼ毎日。選ぶのが面倒な時はもっぱらビール。)

■旅行(温泉が好き。絶景も好き。)

■動物(ミニチュアダックスと、拾った日本猫2匹と、金魚とエビがいる。)

内面の教育についてHSC子育て
HSP起業家GOをフォローする
不登校ブログ – 不登校になったら読むブログ「今日、何しよっか?」
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました