「学校恐怖症です。私に生きている価値はありますか。」お悩みにご回答

不登校について
【無料メルマガ】オンラインフリースクールって、ご存じですか?

子どもがHSCやイジメ、学校(対人)恐怖症で悩んでいる

普通のフリースクールでは、合わなかった

少しでも外の世界とつながって、勉強して欲しい

このようにお悩みなら、オンラインフリースクール【White school】がオススメです。

■1.不登校の解消

■2.人や集団への恐怖心を解消

■3.勉強の遅れを解消

これら3つのサポートを行っています。

オンラインフリースクール【White school】の詳細をチェックされたい方は、コチラからメルマガにご登録ください。

・メルマガ内では、たまに有料サービスへの案内をさせていただくこともあります。

・ブログを更新した際には、朝10時に、更新情報が届くようになります。

・メルマガ登録は無料です

・いつでも解除できます

・ご登録後、「無料メルマガ登録のご確認」というタイトルの、自動返信メールが送信されます。

迷惑メールフォルダーに入ってしまう場合もありますので、そちらもご確認いただければと思います。

不登校のお悩み相談「学校恐怖症です。私に生きている価値はありますか。」

こんにちは。

オンラインフリースクール【White school】の代表講師GOです。

 

さて、今回のご相談は、「学校恐怖症です。私に生きている価値はありますか。」というお悩みについて、お答えをしてみたいと思います。

 

今回のブログを、動画でご覧になりたい方はコチラ

まずはお悩みポイントの整理をしてみましょう

今回のお悩みは、生徒さんご本人の抱えるお悩みとなります。

 

学校で「ウザい」といった数々の暴言を、同級生から言われ、その事を先生に相談しても、取り合ってくれない。

親に言っても、イジメられる自分に原因があるんじゃないかと言われてしまう。

授業中もずっとビクビクとしていて、周りから笑われたり、邪魔者扱いされる。

自分に生きている価値なんてあるのでしょうか?

 

このようなご質問になります。

こちらのご質問に、今日はお答えをしていきます。

 

社会には、あなたの味方がたくさんいます

インターネットには、ネガティブな情報も多いです。

たとえば、インターネット上でのイジメの場になっている「裏サイト」と呼ばれる存在は、テレビドラマにも取り上げられ、話題となりました。

私はインターネットの専門の知識もありますが、いわゆる掲示板と呼ばれるシステムが中心となっています。

こういったインターネットでのイジメの対策としては、「見ない」という事が最も有効な手となります。

なぜかと言うと、裏サイトと呼ばれるサイトを利用している人は、普段の生活で「裏サイトを使っている」とは、表立って言えないからです。

そして、裏サイトの目的は、イジメている相手にそれを見せることにありますので、見なければ何も効果がなく、やがて自然消滅するケースがほとんどです。

 

 

インターネットにはこういったネガティブなイメージも強いのですが、逆に、ポジティブな面もあります。

たとえば、

自分と近い境遇(全く同じ境遇の人は稀ですので、近い人を探しましょう)の人が、どう大人になり、幸せに生活しているかというブログがあったりする

救済してくれる機関を、検索できる(「イジメ 相談」「イジメ 辛い」などで調べると、出てきます)

 

さらに、現代の社会において、「イジメる側が悪いに決まっているでしょう」と考える大人も、たくさんいます。

 

人間どうしても、苦しい自分を、より苦しめる形で納得させようとする心の動きがあります。

つまり、「イジメられる側が悪いという情報を、イジメられている人が見つけることで、安心してしまう」という、不思議な心の動きが起こるのです。

 

本当は、イジメる側が悪いという情報を見つけることで救われたいのに、イジメられる側が悪いという情報を見つけることで、より苦しくなるのに、不思議な安定感が得られてしまう、という状況です。

 

私は心理学の専門家ではありませんので、具体的なこの心の動きの名称は知りませんが、

ここから脱する方法は、感情を振り切ることだと言われています。

つまり、怒りや悲しみ、苦しみといった感情を、我慢せずに振り切るという事です。

そうすることで、突破口が開かれる…ということですね。

 

大人の社会に出れば「イジメる側が悪いに決まっているでしょう」と、断言する大人もたくさんいます。

最近では、イジメる側を肯定する人の方が少なくなってきているとも感じます。

 

余談ですが、本当はイジメる側にも心の問題があります。

そもそもイジメなんてやらなくても、人が生きていくのには困りません。

イジメるには、イジメる側の心に問題があるからです。

つまり「イジメる人間を作ってしまうような人間がいる」ということですね。

 

 

さて、話をまた戻しますが、大切なことは、大人に出て社会に出るまで、生き延びることです。

もしできるなら、大人になって社会でしっかりと仕事ができるように、

今の内から静かに準備ができれば、なお、良いでしょう。

 

たとえば、ビジネスの感覚や考え方を身に付けて置いたり、パソコンや音楽の知識も役立ちます。

 

大人になれば、人の役に立って、他人を幸せにできる人生が待っている

本当の不幸とは、なんでしょうか?

人間は、放っておけば自分のことを考えてしまいます。

イジメに遭い、学校恐怖症となってしまった自分自身ほど、不幸な人間はいない・・・と、何も意識しなければ、そう考えるのが普通です。

 

そこを敢えて、「自分より、本当の意味で不幸な人がいるとしたら?」という問いを、自分自身に投げかけてみてください。

どういう答が出るでしょうか?

 

本当に不幸な人。

それは、「他人の苦しみを理解できないこと」です。

 

他人の苦しみを理解できないということは、本当の意味で、孤独になります。

自分の周りに、いかに自分をチヤホヤしてくれる人がいたとしても、本当は孤独です。

なぜなら、利害関係のみでつながっている関係だからです。

 

逆に、他人の苦しみを理解できる、共感できる人の周りには、自然と豊かな人たちが集まってきます。

物事は全て、表裏一体です。この世界に「表だけ」のものは、何一つありません。

イジメられたことによる悪い面があるなら、良い面もあります。

 

そんな「イジメられたことによる良い面」こそ、あなたが大人になった時、他人には決して手に入れることができない、人間としての強靭さ、優しさ・・・

つまり、人生を豊かに生きる上での武器、強みとなるのです。

 

あなた自身がそれを望めば、近い将来、あなたは多くの人を救う人間となるでしょう。

生きている価値は、大いにあります。

 

気休めや慰めでそう言うのではなく、イジメられる苦しみを知っている人が、これからの世界では、絶対に必要になるのです。

 

 

これからの時代は「癒し」が、価値となる

あなたは、日本がアメリカと戦争をしたことを、ご存じでしょうか?

今から70年以上前、日本はアメリカと戦争をしました。

アメリカという国は、まだ歴史が浅く、国ができた当初は、とても弱かったのです。

当時のイギリスなど、ヨーロッパ各国からバカにされていた、弱い国でした。

 

それがだんだんとチカラを持つようになり、やがて、当時は世界で一番とも言われていた日本と、戦う事になったのです。

 

結果、日本は負けてしまいました。

原爆を2発も落とされ、主要都市も爆撃を受け、焼け野が原になったのです。

 

 

そこから日本は、現在のような状況を作り上げていきました。

焼け野が原だった当初は、とにかく生活必需品が不足していました。

食べ物や着るものなど、いわゆる、衣食住が必要とされたのです。

 

その後、だんだんと戦後の焼け野が原から復興してきた日本は、高度経済成長期と呼ばれる時期に入ります。

生活必需品ではなく、より便利で、より豊かなモノが求められる時代になってきたのですね。

 

その後、バブルと呼ばれる現象が起こり、さらにその後は、景気が悪くなる不景気という状況になっていきました。

不景気では、お金に困る人が多く増えますので、世の中全体はギスギスとした感じになると言われています。

そして、そんなギスギス感やイライラ感は、弱い人間へと向けられていきます。つまり、子どもですね。

イジメが増えた背景には、こういった経済の動きも関係するとされています。

そして、そうやってギスギスして、イライラした大人たちの中で育った子ども達が、今、だんだんと大人になって、社会に出てきているのです。

 

子どもの頃は、大人のイライラやギスギスを、ただ耐えたり、流しているだけでも、生活できました。

自分でお金を稼ぐ必要はありません。子どもは、とにかく家にいれば、生きていけます。

しかし社会に出ると、そうはいきません。

自分で仕事をしなくてはいけません。

 

このブログの最初の方に、「イジメる側には、イジメる側の問題がある」と書きましたが、

イジメる側の子は、家で親から、ギスギス感やイライラ感の矛先になっていた可能性も高いのです。

そんな子たちが大人になり、社会に出れば、どうなるでしょうか?

 

会社の新人として働いている時は、上司からいろいろなストレスを受けることもあるでしょう。

しかしそれに耐えなければ、お給料はもらえません。

自分が一番下っ端ですから、イジメられる相手もいませんね。

では数年が経って、中間管理職になれば、どうでしょうか?

 

部下をイジメることはできるかもしれませんが、中間管理職ですので、自分よりも上にいます。

上司は自分に色んなことを言ってくる。かといってそれを部下にぶつけたら、あっさり辞められて、また自分が上司に怒られる。

 

登りつめて社長になれば、どうでしょうか?

自分より上はいません。

ですが、イライラを部下にぶつければ、みなさん総辞職。

会社は倒産です。

 

 

つまり今の時代、「癒し」や「優しさ」が、文字通り大きな価値となってきているのです。

そして、本当の癒しや優しさは、地獄のような苦しみや辛さを経験した人間にしか、与えられません。

癒しや優しさの正体は、共感と説得力です。

他人の気持ちを完全に理解することは、人間には不可能です。

しかし、そんな不可能なことをやろうとしてくれる人間に、人は癒されます。

そして、苦しい経験をしている人には、それだけの共感への説得力があるのです。

 

だから、あなたには生きる価値があります。

多くの人に、癒しと優しさを届けられる人間になるでしょう。

少なくとも、私はそう信じています。

 

【無料メルマガ】オンラインフリースクールって、ご存じですか?

子どもがHSCやイジメ、学校(対人)恐怖症で悩んでいる

普通のフリースクールでは、合わなかった

少しでも外の世界とつながって、勉強して欲しい

このようにお悩みなら、オンラインフリースクール【White school】がオススメです。

■1.不登校の解消

■2.人や集団への恐怖心を解消

■3.勉強の遅れを解消

これら3つのサポートを行っています。

オンラインフリースクール【White school】の詳細をチェックされたい方は、コチラからメルマガにご登録ください。

・メルマガ内では、たまに有料サービスへの案内をさせていただくこともあります。

・ブログを更新した際には、朝10時に、更新情報が届くようになります。

・メルマガ登録は無料です

・いつでも解除できます

・ご登録後、「無料メルマガ登録のご確認」というタイトルの、自動返信メールが送信されます。

迷惑メールフォルダーに入ってしまう場合もありますので、そちらもご確認いただければと思います。

オンライン・フリースクール【White school】の授業をチラ見せ!

オンライン・フリースクール【White school】の授業を、Youtubeでチラ見せしています(^^)

・ちょっと見てみたい

・雰囲気を知りたい

という方は、短いですが、ぜひご覧になってみてくださいね(^^)

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。
■ブログ執筆者プロフィール

■名前:岡田剛(オカダ ゴウ)

■肩書(プロフェッショナルの仕事分野)

・オンラインフリースクール【White school】代表講師

・家庭学習(ホームスクーリング)アドバイザー

・子どもの学校(対人)恐怖症の克服コーチ

・不登校の子どもの進路コンサルタント

 

ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

このブログは、お子さんが、イジメやHSC、学校(対人)恐怖症で、人や集団、学校、先生が怖くなり、不登校になってしまった、保護者様のための情報ブログです。

私自身も不登校を経験しておりますが、私が子どもだった当時、今のようにインターネットやパソコンは、広まっていませんでした。

ですが今は、オンラインで授業が受けられる、オンラインフリースクールがあるなど、不登校のお子さんでも、自分らしく愉しく生きていける道が、たくさんあります。

もしこのブログが、あなた様のお子さんの笑顔を取り戻すキッカケになれば、嬉しいです。

【現在について】

HSCやイジメ、学校(対人)恐怖症で不登校になっている子たちを専門に、オンラインフリースクールを運営しています。

【趣味】

■音楽(ピアノ歴30年以上、作曲もする。ドラムはプロドラマーとして、現在も地元でドラム講師を務める)

■お酒(ほぼ毎日。選ぶのが面倒な時はもっぱらビール)

■旅行(温泉が好き。絶景も好き。)

■動物(ミニチュアダックスと、拾った日本猫2匹と、金魚とエビ)

【オンラインフリースクールについて】

「子どもの不登校を解消したい」

「人や集団への恐怖心を、解消させたい」

「勉強の遅れを、解消したい」

とお悩みの保護者のために、

オンラインフリースクールを運営しています。

もしご興味ございましたら、こちらのウェブサイトをご覧ください。

オンライン・フリースクール【White school】の詳細はコチラ

不登校についてお子さんからのご相談学校恐怖症について
オンラインフリースクール【White school】の代表講師GOをフォローする
不登校 ブログ – 子どもがHSCやイジメ、学校恐怖症で不登校になったら読むブログ「今日、何しよっか?」
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました