不登校の悩みと対策「小学5年生の不登校、家の居心地が良すぎて心配です」

不登校について
【無料メルマガ】オンラインフリースクールって、ご存じですか?

子どもがHSCやイジメ、学校(対人)恐怖症で悩んでいる

普通のフリースクールでは、合わなかった

少しでも外の世界とつながって、勉強して欲しい

このようにお悩みなら、オンラインフリースクール【White school】がオススメです。

■1.不登校の解消

■2.人や集団への恐怖心を解消

■3.勉強の遅れを解消

これら3つのサポートを行っています。

オンラインフリースクール【White school】の詳細をチェックされたい方は、コチラからメルマガにご登録ください。

・メルマガ内では、たまに有料サービスへの案内をさせていただくこともあります。

・ブログを更新した際には、朝10時に、更新情報が届くようになります。

・メルマガ登録は無料です

・いつでも解除できます

・ご登録後、「無料メルマガ登録のご確認」というタイトルの、自動返信メールが送信されます。

迷惑メールフォルダーに入ってしまう場合もありますので、そちらもご確認いただければと思います。

不登校の悩みと対策「小学5年生の不登校、家の居心地が良すぎて心配です」

こんにちは。

オンラインフリースクール【White school】の代表講師GOです。

 

さて、今回のテーマは、「小学5年生の不登校、家の居心地が良すぎて心配です」ということで、お届けをしてみたいと思います。

 

今回のブログを、動画でご覧になりたい方はコチラ

いくつか不登校のお悩みが重なっているので、それを整理しましょう

今回、お答えをさせて頂くご質問は、小学校5年生の男の子がおられる、お母様のお悩みとなります。

いくつか、不登校のお悩みが重なっていましたので、まずはお悩みのポイントを整理したいと思います。

 

ポイント1.小学5年生で不登校。話を聞こうとしても、学校や先生の話になると口を閉ざし、機嫌が悪くなる。

ポイント2.両親が共働き(お母様がパート)で、家の居心地が良過ぎるため、学校に復帰しなくなりそう。これは大丈夫なのか?

ポイント3.不登校の克服について、どうすれば良いか?

 

この3つが、今回のお悩みのポイントとなります。

 

小学校5年生の不登校のお子さんについて、お母様は「不登校を克服したい」とお考えになっています。

不登校の克服のためには、「子どもから話を聞くのが良い」と、いろんな方からアドバイスがあったため、お子さんの話を聞こうとしたところ・・・

■学校の話になると、口を閉ざして機嫌が悪くなる

ということです。

 

そして、ご両親が共働きのため、家での居心地がとてもいいだろうから、このまま学校へ復帰しなくなるのではないか?とご心配をされていて、

不登校の克服について、どうすれば良いのか分からず、悩んでおられる…という状況になります。

 

さてそれでは、整理した3つのポイントについて、私なりのご回答をしてみたいと思います。

 

学校や先生の事で口を閉ざすのは・・・担任の先生が●●だから

お子さんの不登校を克服するために、お子さんから話を聞いた方が良い、ということで、

お母様がお子さんから話を聞こうとするのですが・・・

学校や先生の話になると、まったく口を開かなくなり、不機嫌になってしまう・・・

 

この原因は、ほぼ間違いなく「担任の先生がキライだから」です。

 

誤解が無いように付け加えておきたいのですが、これは、担任の先生が悪いという意味ではありません。

どんな人間にでも、合う人間と、合わない人間がいます。

周囲からは「良い先生だ」と言われていても、自分のお子さんは「キライ」というケースもあります。

重要なことは、担任の先生が良い悪いという問題ではなく、「キライな人間の話をしたいと思う人は、あんまりいない」という点です。

 

誰だってそうだと思うのですが、キライな人の話って、あまりしたくないですよね(苦笑)

 

たとえば、仮に…あくまで仮にですが、お母様に、昔お付き合いをされていた男性…元カレがいたとします。

そして、仮に…あくまで仮にですが、その元カレさんと、大ゲンカの末に別れたとします。

その大嫌いな元カレについて、旦那さんが「どんな人だったの?」と、根掘り葉掘り聞いてきたら、ちょっとイヤではありませんか?

たとえが下品で申し訳ないのですが、キライな人の話って、あまりしたくありません。

 

もし、お子さんが担任の先生の事がキライで、お母様がちょっとでも担任の側に付くような態度があれば、お子さんは、より一層、口を閉ざすかと思います。

 

ポイントとしては、「子どもは、担任の先生がキライなのかもしれない」というのを考えた上で、

担任の先生ではなく、子どもの味方に立って話をすると、少しずつ、話してくれるようになるのではないかなと思います。

 

家の居心地が悪かったら・・・子どもはどこへ行く?

ご両親が共働きということで、家にいるお子さんは、誰からも何も言われず、

パラダイスのように、好きな事ばかりをやって過ごされている・・・

これでは、学校へ復帰なんてしなくなるのでは?!

 

この悩みは、私もよく分かります。

ただ一つ、考えていただきたいのは、「家の居心地が悪くなったら、子どもはどこへ行くのか?」という点です。

 

学校の居心地が悪いから、不登校となって家にいる訳ですよね。

では、その家すらも居心地が悪くなったら、どこへ行くかと言うと、家でも学校でもない、別の場所へ行きます。

つまり、外の世界です。

 

外の世界には、「君の事を、誰よりも大事にしている」といった態度で近づいてくる危険な大人もいます。

もちろん、裏があって近づくわけですが、お子さんはその事に、気付かないかもしれません。

気付いたとしても、「自分を大切にしてくれるなら、誰でも良い」と考えてしまうかもしれない。

 

家の居心地がいいというのは、こういった、「外の危険から守る」という観点から見た時、とても需要なのです。

 

家の居心地が良過ぎたら、学校へ行かなくなるのでは?というご心配は、私もよく分かりますが、今は、そのまま居心地の良い状況のままで、大丈夫だと思います。

大丈夫と言うより、ベストではないかなとすら、感じます。

 

不登校を克服するには、未来から逆算してあげましょう

従来の不登校の対策というのは、「過去を整えて、現在の問題を解消する」という順番でした。

つまり、

・学校で起こっている問題を解消することで、不登校を克服する

という考え方です。

そのためには、まずお子さんから「学校で何があったのか?」を聞き、事実を確認していく必要があります。

ですがこの方法には、いくつかの問題点があります。

まず、お子さんのいうコトが本当だったとしても、それが別の立場の人からでは、全く違った意見になってしまって、「食い違い」が起るという点です。

たとえば、A君がB君の肩をポンポンと叩いたとします。

▪️A君は、B君と友達になりたいと思い、呼びかけるつもりだった。

▪️B君は、以前から、「肩をポンポンと叩かれて、振り向いた瞬間に指でほっぺたをプニっとされる、騙し打ちのアレ」を、何度もされて、何度も引っかかり、何度もバカにされ、もう嫌で仕方なく、またそれをされるのかと思って、腹が立った。

 

・A君は仲良くなりたかった。

・B君は、A君も自分をバカにすると思った。

こういったすれ違いは、人間の社会であれば、必ず起こります。

お子さんから、学校での事情を聞いても、それはお子さんから見た側面だけだということで、学校側と食い違うコトもあるのですね。

 

ですので、この方法では行き詰ってしまう事も多いのです。

そんな時に考えたいのが、「未来から現在を逆算する」という方法です。

 

具体的には、

自分もこんな大人になりたい

自分のあんな風に生きていきたい

自分もあんな仕事がしたい

そんな、憧れるコトができる大人の「実物」や、

自分もこうやって生きていきたいという生き方を、すでにしている大人を見て、

その未来に向かって歩んでいこうと考えるコトで、現在を整えるという方法です。

もちろん、今の問題が、ちゃんと納得できる形で解消すれば、それが一番、良いのかもしれません。

しかし多くの場合、なんだかわだかまりが残ってしまったり、なんだか自分が悪かったかのような印象で話が終わってしまうコトもあります。

すっきりとしない形で終わってしまうと、なんだかもう脱力してしまったり、前を見てがんばれなくなることもあります。

そんな時、「将来、自分もこうなりたい」という大人を、一人でも知っておくコトで、今を動くためのエネルギーを出せるようになってきます。

 

今は、家でゆっくりとパワーを回復させ、だんだんと保護者の方が「目標にできる大人」を、少しずつお子さんに見せていくコトで、

学校へ復帰するなり、フリースクールなり、お子さんと保護者の方がちゃんと納得できる道が出てくるのではないかなと思います。

【無料メルマガ】オンラインフリースクールって、ご存じですか?

子どもがHSCやイジメ、学校(対人)恐怖症で悩んでいる

普通のフリースクールでは、合わなかった

少しでも外の世界とつながって、勉強して欲しい

このようにお悩みなら、オンラインフリースクール【White school】がオススメです。

■1.不登校の解消

■2.人や集団への恐怖心を解消

■3.勉強の遅れを解消

これら3つのサポートを行っています。

オンラインフリースクール【White school】の詳細をチェックされたい方は、コチラからメルマガにご登録ください。

・メルマガ内では、たまに有料サービスへの案内をさせていただくこともあります。

・ブログを更新した際には、朝10時に、更新情報が届くようになります。

・メルマガ登録は無料です

・いつでも解除できます

・ご登録後、「無料メルマガ登録のご確認」というタイトルの、自動返信メールが送信されます。

迷惑メールフォルダーに入ってしまう場合もありますので、そちらもご確認いただければと思います。

オンライン・フリースクール【White school】の授業をチラ見せ!

オンライン・フリースクール【White school】の授業を、Youtubeでチラ見せしています(^^)

・ちょっと見てみたい

・雰囲気を知りたい

という方は、短いですが、ぜひご覧になってみてくださいね(^^)

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。
■ブログ執筆者プロフィール

■名前:岡田剛(オカダ ゴウ)

■肩書(プロフェッショナルの仕事分野)

・オンラインフリースクール【White school】代表講師

・家庭学習(ホームスクーリング)アドバイザー

・子どもの学校(対人)恐怖症の克服コーチ

・不登校の子どもの進路コンサルタント

 

ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

このブログは、お子さんが、イジメやHSC、学校(対人)恐怖症で、人や集団、学校、先生が怖くなり、不登校になってしまった、保護者様のための情報ブログです。

私自身も不登校を経験しておりますが、私が子どもだった当時、今のようにインターネットやパソコンは、広まっていませんでした。

ですが今は、オンラインで授業が受けられる、オンラインフリースクールがあるなど、不登校のお子さんでも、自分らしく愉しく生きていける道が、たくさんあります。

もしこのブログが、あなた様のお子さんの笑顔を取り戻すキッカケになれば、嬉しいです。

【現在について】

HSCやイジメ、学校(対人)恐怖症で不登校になっている子たちを専門に、オンラインフリースクールを運営しています。

【趣味】

■音楽(ピアノ歴30年以上、作曲もする。ドラムはプロドラマーとして、現在も地元でドラム講師を務める)

■お酒(ほぼ毎日。選ぶのが面倒な時はもっぱらビール)

■旅行(温泉が好き。絶景も好き。)

■動物(ミニチュアダックスと、拾った日本猫2匹と、金魚とエビ)

【オンラインフリースクールについて】

「子どもの不登校を解消したい」

「人や集団への恐怖心を、解消させたい」

「勉強の遅れを、解消したい」

とお悩みの保護者のために、

オンラインフリースクールを運営しています。

もしご興味ございましたら、こちらのウェブサイトをご覧ください。

オンライン・フリースクール【White school】の詳細はコチラ

不登校について家族マネジメント保護者からのご相談
オンラインフリースクール【White school】の代表講師GOをフォローする
不登校 ブログ – 子どもがHSCやイジメ、学校恐怖症で不登校になったら読むブログ「今日、何しよっか?」
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました