楽譜 読み方 – 楽譜の読み方【無料講座】その3.音の名前

楽譜の読み方オンライン無料講座【音楽理論編】

音の名前

“8番目”を意味するオクターヴ

ピアノやギター、ヒトの声でもそうですが

楽器は何種類かの高さの音を出す事ができます。

その中で

『高さは違うけど同じ音』

というのが存在するのは多くの方がご存知なのではないでしょうか?

 

ギターだと、《開放弦》と《その弦の13フレット》の音の関係。

ピアノでは、真ん中の“ド”と、その上の“ド”、または下にある“ド”、

この音同士の距離関係を『オクターヴ』と呼びます。

 

そして西洋音楽では、このオクターヴの中に7つの音があります。

(ナゼ7つなのか、そのルーツを書き始めるとマニアックで長くなってしまいますので、また別に書きたいと思います)

それがあの馴染みのある“ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ”なんですね。

音楽はこの7つの音を上下に繰り返していくので、

オクターヴ、つまり『ある音から数え始めて8番目の音』は同じ名前の音になり、

またその関係を『オクターヴ』と呼ぶ、という訳です。

 

音の名前(幹音)

音名というのは、そのまま『音の名前』の事です。

表記には日本語、英語、ドイツ語などがよく登場します。

 

ピアノを習っている時は日本語、ギターでは英語がメイン、私が吹奏楽部に所属している時はドイツ語がメインで使われていました。

ではまず『幹音』から見ていきましょう。

『幹音』とは、ピアノでいうと白い鍵盤部分の音名です。

 

音の名前(派生音) “#”

次に『派生音』なるものを見ていきます。

こんな “#” 形をした記号を目にした事がありませんか?

顔文字で使われたり(-_-#)、一度は見た事があると思います。

この記号を音楽用語で《シャープ》と呼びます。

 

意味は『半音上げてちょうだいナ』という意味ですが、この記号については、今後また詳しく紹介しますので、

ここではあくまで『音名』としてこういうものがある、という事で理解していただけたら十分です

“#”は英・米語での表記に使われていて、それに相当する日本語は“嬰~(えい)”、ドイツ語は“~is(イス)”

になります。

因みに・・・イタリア語表記は、今までの音楽生活の中で一度たりともお目にかかった事がないので省略しました

音楽をやっている内にいつか出くわすと思うので、

その時にしっかり勉強してから掲載しようと思います

 

音の名前(派生音) “♭”

またまた勘のいい方ならお気づきですね。

『半音上げてネ』って記号があるなら、当然その反対の記号が存在します。

それがこの記号で、“♭”《フラット》と呼びます。

意味は『半音下げて下さいナ』という意味になります。

この記号“♭”も英・米語表記で使われており、それに相当する日本語は“変~(へん)”。ドイツ語は“~es(エス)”

になります。

 

名前が違う同じ音

五線記譜法に登場する音名を紹介してきましたが、その種類は『幹音』・『派生音』合わせて21種類になります。

この21種類の音が、1オクターヴの中に含まれているんですね

 

ところが、最初の《オクターヴ》の項で書いたように、

“開放弦とその弦の13フレット”の関係が《オクターヴ》であるという事は、

「オクターヴの中に21種類の音が含まれる」という上記の説明は矛盾が起きてしまいます。

 

ピアノも、真ん中の“ド”から上の“ド”までは白い鍵盤と黒い鍵盤とを合わせても12しかありません。

これはどういう事でしょうか?

実は、ピアノやギターなどを演奏するにあたって、

 “C#”=“D♭”
 “D#”=“E♭”
 “F#”=“G♭”
 “G#”=“A♭”
 “A#”=“B♭”
 “B#”=“C”
 “E”=“F♭”
 “E#”=“F”
 “B”=“C♭”

以上の9つの音は、同じ音の事を指しているんですね。

(厳密にはちょっと違うんですが、この部分も今後詳しく
紹介していきたいと思います )

 

ピアノの鍵盤で音名をまとめるとこのようになります。

多くの方がいつも耳にしている音楽は、この12の音を使ってメロディーやコードを組み立て作られているんですね。

さて・・・っとシメに入ろうとしている私にストップをかける事のできたアナタ!!鋭いですね・・・  忘れるところでした(笑)

 

最初に『西洋音楽では、このオクターヴの中に7つの音があります。』という事を書いたクセに、どう数えても12コの音があるではないか!?どないなっとんねん!

こう思われた方。そうです、確かに『7つの音がある。』と書きました。

しかし実際にギターを弾いても、ピアノを弾いても、オクターヴの中には12コの音が存在します。

れはどういう事なのか?

 

実はこれは《音階》と深く関係しており、それに納得していただけると、

『12コの音があるけど、オクターヴの中には7つの音。』

という事が理解できるんです。

では次は、この《音階》なるものを見ていきましょう。

【無料】楽譜の読み方をマスター!無料動画講座

【楽譜がスラスラと読めるようになりたい方へ】

楽譜が読めないのが、ちょっとしたコンプレックスに感じている
スラスラ読めたら、もっと楽器が楽しくなりそう!
でも、学校の授業みたいな感じで学ぶのは、ちょっと辛いかも…

 

そんな、40代から楽器を始めた女性のために、

【楽しみながら】

【一日5分ずつで】

【楽譜が読めるようになる!】

という、楽譜の読み方オンライン無料講座を、始めてみました^^

 

全くの無料ですので、ご安心ください。

無料である理由は、シンプルです。

「楽譜がスラスラ読めると、本当に楽しいから、みなさんをそちらの世界にご案内したい!!」

という想いがあるからです。

 

無料メルマガにご登録をいただきますと、

1から順番に、動画講座が届くようになります。

ぜひ、みんなで一緒に、楽譜がスラスラ読めるようになりましょう!

 

楽譜の読み方オンライン無料講座【音楽理論編】
40代から楽器を始めた女性のためのオンライン楽器サークル【Enjoy Music Life】をフォローする
楽譜 読み方 – 40代で楽器を始めた女性のためのオンライン楽器サークル【Enjoy Music Life】
タイトルとURLをコピーしました