楽譜 読み方 – 楽譜の読み方【無料講座】その1.楽譜を読む!

楽譜の読み方オンライン無料講座【音楽理論編】

楽譜の読み方【無料講座】その1.楽譜を読む!

ピアノやギターを演奏してみたい、歌をちゃんと歌ってみたい。

そう思った時にまず考えるの事として

“楽譜を読む”

という事は、多くの方が避けられない問題として捉えているのではないでしょうか?

 

もちろん楽譜なんか読めなくても、音を耳で聴き取り、実際に同じ音を同じように出す、いわゆる『耳コピ』ができるなら、

もしくはそれに代わる【我流!】を持っている方は、

何がナンでも勉強しなければ音楽など絶対できない、という事は決してありません。

 

実は“楽譜”と一口に言ってもその種類は様々で、

世界には色々な書き方をしている楽譜があります。

 

現代の日本に広まっている楽譜のほとんどは

中世のヨーロッパをルーツにした『五線譜』に書かれていて、

《五線記譜法》と呼ばれています。

5本の線に記譜する方法・・・そのまんまですね(笑)

ここではその《五線記譜法》の基本的なルール、読み方をご紹介します。

 

五線譜が分かるという事は、

楽器屋さんや本屋さんに置いている、ほぼ全ての楽譜が読めてしまう

という事になります。

 

初めての方は、“五線譜”と聞いただけでアレルギー反応を起こしてしまうかもしれませんが、

ゆっくりと理解していけば楽譜というのは意外に読めてしまいます。

 

楽譜が、意外に読めてしまう理由とは?

それは楽譜に『音楽を目に見える形で残す。』という役割があり、

より簡潔に、より簡単に読めるようにと進化してきたからだと思います。

 

楽譜には一見、ごちゃごちゃと色んな事が書いてあるように見えますが、

内容はザックリこの二つ、『音の高さ』と『音の長さ』だけなんです。

 

楽譜からこの二つが読み取れる事ができれば、

別に後はどうにでもなるモンです(笑)

まずは『音の高さ』と『音の長さ』。この二つが読み取れるようになりましょう!

 

五線譜って?五線譜の各部名称

五線譜とりあえず最初に五線譜の各部名称を載せてみましたが・・・

私自身この線がこういう名前で、この間がなんて名前で~、っと意識したことは、

今まで数回しかありません(笑)無いに等しいですね。

 

五線譜と名の付く通り、この楽譜は5本の線によって表されます。

5本の線を引く訳ですから、線と線の間が4つできるという事になります。

「それくらい分かるわ !!」っと思われそうですが・・・

 

五線譜というのは“線”と“線の間”に音符を記して、音の高い低いを表しているんですね。

そして、上に向かえば音は高くなり、下に向かえば音は低くなります。

 

つまり、『第二線』は『第一線』より高い音を示します。

同じように、『第四間』は『第四線』より高い音を示している、

というのが五線譜の基本ルールになります。

 

勘のいい方なら、上の表にある「下第一線」や「上第一線」がどういう事なのか

分かってきているのではないでしょうか?

 

この五線譜では線が5本と間が4つなので、このままだと9個の音しか表すことができません。

それよりも高い音、低い音はどう表したらいいか?

単純にそこだけ線を加えましょう。その名も“加線”。

そのまんまの名前でございます

 

これによって、どれだけ音が高くなっても低くなっても楽譜に表せるようになるんですね。

 

小節で区切る

長い本などを読む時、ほとんどの本には“小見出し”があります。

最初から最後までダダ流しだとちょっと見にくい、読み辛い。
これは楽譜にも当てはまります。

楽譜も細かく区切ってあって、その一つ一つを“小節”と呼びます。

小節同士の間に引いてある線ですが・・・もしや、とお思いの方、正解でございます。

そのまんまで『小節線(縦線)』といいます

その他には、

『複縦線』・・・曲の途中でルール(調や拍子)が変わる時に用います   
『終止線』・・・そのまんまで、曲の最後に用います

 

楽譜を分かりやすく区切ると言っても、一つの小節に自分の好きなだけ音を入れていい訳ではありません。

一つの小節にどれだけの音を入れるのか?

これは曲の最初にしっかりと決めておかないといけないのです。

しかしここではあまり深く触れずにいったん置いておきましょう

 

隣り合う音

さて、次に五線譜のルールで大切なのは“音の高さ”です。

 

上の楽譜を見て下さい。

これは、

左側の音が『第二線』
右側の音が『第二間』

に示されています。

とりあえずこの段階で、《右側の方が左側より高い音》という事は分かりますね?

ところが、“何の音でどれだけ高いのか?”というのは分かりません。

 

楽譜が少し読めるようになってきた方が、こういうちょっとした混乱に陥ります。

それは・・・

「これは隣同士やから、ピアノで言えば隣にある鍵盤ギターで言えば隣のフレットや! 」

・・・これは厳密に言えば間違いなんです。

 

ほとんどの方が一度は見た事があると思いますが、

楽譜の一番最初に何やらクルクルしたマークや、

分数や、#だ♭がごちゃごちゃと書いてあるのを覚えていませんか?

 

あのゴチャゴチャしているのは、

『この楽譜は、どこを何の音にして書くか。どの音階で書くか。一小節にどの音符をいくつ入れるか。』

という風に、その曲におけるルールを決めているんです。

それが決まって初めて、さっきのお隣さん同士が何の音でどれだけ高いのか?がハッキリとする訳です

次はまず、『どこを何の音にして書くか。』というのを決める

“音部記号”なるものを紹介していきます。

 

 

 

【無料】楽譜の読み方をマスター!無料動画講座

【楽譜がスラスラと読めるようになりたい方へ】

楽譜が読めないのが、ちょっとしたコンプレックスに感じている
スラスラ読めたら、もっと楽器が楽しくなりそう!
でも、学校の授業みたいな感じで学ぶのは、ちょっと辛いかも…

 

そんな、40代から楽器を始めた女性のために、

【楽しみながら】

【一日5分ずつで】

【楽譜が読めるようになる!】

という、楽譜の読み方オンライン無料講座を、始めてみました^^

 

全くの無料ですので、ご安心ください。

無料である理由は、シンプルです。

「楽譜がスラスラ読めると、本当に楽しいから、みなさんをそちらの世界にご案内したい!!」

という想いがあるからです。

 

無料メルマガにご登録をいただきますと、

1から順番に、動画講座が届くようになります。

ぜひ、みんなで一緒に、楽譜がスラスラ読めるようになりましょう!

 

楽譜の読み方オンライン無料講座【音楽理論編】
40代から楽器を始めた女性のためのオンライン楽器サークル【Enjoy Music Life】をフォローする
楽譜 読み方 – 40代で楽器を始めた女性のためのオンライン楽器サークル【Enjoy Music Life】
タイトルとURLをコピーしました