音階の後半と、音の長さ – 楽譜の読み方を学びたい経営者のための「音階と音の長さブログレッスン」

楽譜の読み方
この記事は約8分で読めます。

音階って?(後半)

動画でご覧になり方、「作業しながら耳で聞きたい」という方は、こちら!

旋律的短音階(メロディックマイナースケール)

・・・長くなってきたのでページを変えました(笑)

さて、

『長音階』

『自然的短音階』

『和声的短音階』

ときて、最後に登場するのはコチラ、

『旋律的短音階』(メロディックマイナースケール) です。

 

ではさっそく音の並びを見てみましょう。

『旋律的短音階』(メロディックマイナースケール)では

ある音を基準に《全・半・全・全・全・全・半》という並びになります。

 

図で示すと下のようになります。

 

前のページで登場した『和声的短音階』(ハーモニックマイナースケール)が

“ソ”の音を半音上げたのに対して、

こちらの音階では

“ソ”と更に“ファ”の音も半音上げていますね

 

楽譜にするとこのようになります。

先ほどと同じように“#”(シャープ)を使い、

「“ファ”と“ソ”を半音上げてね~」という事を楽譜に示しています。

 

・・・以上、3つの短音階(マイナースケール)をご紹介しました。

 

なぜ3種類の短音階があるのか?という理由については、ここではなくコラムにて掲載予定にしています。

音階(スケール)を組み立てる!

今までの例に出てきた“ド”と“ラ”以外の音で音階を作ると、

どんな風になるのか?

 

気になる方はもうすでに紙とペンを用意して、自分で組み立て始めているかもしれません。

遅れをとらないよう、ここでもさっそく試してみましょう。

 

では、“ファ”の音を主音とした長音階を考えていく事にします。

 

まずは、主音が“ファ”の長音階なので、この音階は『ヘ長調』(Fメジャースケール)という事になりますね。

 

長音階は《全・全・半・全・全・全・半》に並べていく

というルールだったので、

これに従って主音である“ファ”の音から音を並べていくと・・・

・・・このようになります。

 

これで『ヘ長調』(Fメジャースケール)は出来上がりです。

上の図を見てみると、“シ”の音が『半音下がっている』事にお気づきでしょうか?

 

『音の名前』のページで登場しましたが、『半音下げてネ』という、

“♭”(フラット)という記号がありました。

その記号を駆使して、この音階を五線譜に示すとこのようになります。

これで、『“シ”の音を半音下げて下さいナ』という事を楽譜に示す事ができました。

 

ここまで、ちょっと早いペースでダダダッとやりましたが、今すぐに完全に理解する必要はありません。

「あ~、大体そんな事だろうと思った、まぁまぁ大丈夫でしょ。」

くらいで十分です(笑)

 

調号と臨時記号

ここで、新たに紹介するルールがあります。

ここはゆっくりいきましょう。

 

先程の図や楽譜を見てお分かりの通り、

この『ヘ長調』が『ヘ長調』である為には、常に“シ”の音が『半音下がった』状態、 でないと
いけないのです。

 

しかし上の楽譜のように、音符に直接フラットやシャープをつけると、

それは『臨時記号』と呼ばれるモノになってしまうのです。

 

『臨時記号』というのはその名の通り、あくまで「臨時」なので、

その記号の意味が有効になる範囲が決まっています。

『五線譜って?』のページで登場した“小節”を覚えているでしょうか?

『臨時記号』が有効になるのは、その記号が登場した“小節”の中だけ、

になってしまうんですね。

・・・なので、これが『ヘ長調』である為には、

この楽譜のように・・・

“シ”が出てくるたびに記号を付けなくてはいけなくなるのです。

 

これは面倒ですね。

楽譜を書く立場の人からしてみれば、これは意外に大変な作業になってしまいます。

ではどうするか?

最初に書いちゃえばいいんです(笑)

 

最初というのは、音部記号のすぐ右側です。

それによって、

『この楽譜は全ての“シ”の音に対し、フラットが有効でござる。』

という意味を持たせる事ができるんですね。

 

この記号の事を『調号』と呼びます。

調号を付けると、先程の楽譜はこのようになります。

スッキリしましたね

さて・・・、ここで少し考えてみて下さい。何かに気が付きませんか?

 

音階を組み立てて、調号を決める。という順番でやってきましたが、

という事は逆に、先に調号が決まっていれば・・・?

 

そう、音階が決まるのです。

楽譜の最初に記される“♭”(フラット)や“#”(シャープ)には、

それぞれの音部記号によって、記される順番と位置が決まっていて、

 

『ト音記号』にフラット一つなら、 “シ”(第三線)に記し、音階名は《ヘ長調》

二つなら、“シ”(第三線)と“ミ”(第四間)に記し、音階名は《変ロ長調》

 

という具合に、調号の数で音階は決まるんですね。

でも、これを全て覚える必要はありません。

音楽と触れている内に、自然と身に付いていきます。

 

さあ、随分と長くなりましたが、『音階』についてはとりあえず、

このくらいにしておいて、次は『音の長さ』を見ていきましょう!

 

 

音の長さを知る

音の長さは、算数で挑戦!

ここまで延々と『音の高さ』について書いてきましたが、ここからは『音の長さ』について書いていこうと思います。

・・・とりあえず、サブタイトルが怪しいですね(笑)算数って・・・

 

『4分音符』や『8分音符』という言葉を一度は聞いたことがあると思いますが、

ここではそれを「分数の計算に例えて考えてみましょう」

という事で、算数に挑戦というサブタイトルにしました。

 

それではまず、それぞれの音符の形と名前からみていきましょう!

音符の名称

上の表を見ていると、音符の長さというのはめちゃくちゃ単純です。

名前は、『全音符の何分の1か?』がそのまま名前になっていて、長さは、全音符を基準にどんどん半分になっていってますね

次に、音楽を少し知っている方なら見た事があると思いますが、

音符のすぐ横に小さなチョンが付いた音符、これを見ていきますね。

 

これも、表をジ~ッと見ていたら単純なルールに従って作られている

事が分かってくると思います。

チョンが付くと・・・

名前は、元の音符の頭に“付点~”が付く。長さは、元の音符の1.5倍になる。

つまり、

 

・・・という事になるんですね。

なにかとゴチャゴチャしてた音階に比べれば、とてもアッサリしてます(笑)

 

連符 ~奇数で分けたい!~

音符の名称とそのルールがある程度まで分かってくると、

『4分音符を2つに分けたら、“8分音符”。

4つに分けたら、“16分音符”。』

という事は、ゆっくり考えたら分かると思います。

 

では、『3つに分けたい!』となったら、どのようにすればいいのでしょうか?

 

ここで『連符』の登場です。

具体的にどうするのかというと、

このようにするんです

 

・・・またしてもそのまんま、といった感じですね。

「これは3つで4分音符1つと同じ長さなんスよ。上に“3”て書いてるでしょ?」

確かに“3”と書いてあります。

なので、この音符の名称は“3つ”の“連符”で『3連符』です。

 

では、『今度は5つに分けたい!』となったら・・・?

今の『3連符』と同じ要領で考えたら、このようになるのではないか?

 

っと、ここまで考える事ができた方はとてもセンスがあります。

もうほとんど正解なのですが、気を付けないといけない事があるんです。

 

4分音符を4つに分けると“16分音符”になりましたね。

その4分音符を5つに分けると、4つに分けるよりも細かくなります。

つまり、

5つに分けた時の一つ一つの音符は、4つに分けた時の“16分音符”よりも細かい音になる

という事が分かると思います。

 

という事は、4分音符を5つに分けた時の音符は、

このようになるんですね

 

そして名称はそのままで『5連符』です。

 

他にも、『2連符』や『4連符』、『7連符』や『9連符』などもありますし、

“全音符”や“付点2部音符”を分けたりする事もありますが、基本的な考え方は同じです。

 

たとえその時にすぐ分からなくても、ゆっくりと考えていけば、

十分「あ、分かった!そういう事ね~」ってなると思います。

 

実際に私は楽譜を見て、

《“付点4分音符”を4つに分けた『4連符』》

などが出てきても、すぐには分からない事があります。

でもゆっくり考えていけば必ず理屈は分かります。

 

全ての音符や連符を丸暗記なんてしなくても、

自分が音楽をしていく上で出会う音符たちに慣れていけば、

いつの間にか体が覚えていくのですね。

分からない事は飛ばして先に進みましょう!

プロフィール
この記事を書いた人
楽器講師専門ウェブパートナーGO

【記事を書いた人のプロフィール】

★ドラム歴25年以上(プロドラマー/ドラム講師)

★ピアノ歴35年以上(趣味)

★作曲歴30年以上(趣味)

★インターネット集客10年以上(SEO対策、ネット集客の専門家)

★マーケティングウェブデザイン(ワードプレスでのウェブサイト作成の専門家)

■「楽器だけでは生活が大変」と感じ、2007年からインターネット集客を学び始める。

■インターネット集客やインターネットマーケティングを10年以上かけて学び、1億円以上の売上を達成したあと、それらのビジネスを全て手放し、再び音楽の世界へ。

■4~5時に起きて、6畳一間の部屋で一人、お昼まで仕事をして、午後は練習をしたり飲んだり…という生活を10年以上、続けている。

■ずっと家で仕事をしているので、半分くらい主夫状態。育児や家事が日常。

■お昼寝のあと、子ども達と散歩に行くついでにビールを買うのが最近のルーティン。知らない間に子ども達が、キリン、アサヒ、サッポロ、サントリーのブランド名を全部覚えてしまった。

楽器講師専門ウェブパートナーGOをフォローする
楽器講師で集まってリモート演奏


生徒さんに、元気と楽しみ、想いを届けませんか?

【公式メンバーを募集中です^^】

楽器講師で集まってリモート演奏!の公式メンバーを募集しています。

・管楽器
・弦楽器
・鍵盤楽器

の楽器講師の方は、ぜひお気軽にご参加ください。

公式メンバーへの加入は【無料】です。

【ご参加のメリット】

生徒さんへ想いを届けることで、レッスンの継続率がアップする傾向があります

シェア、拡散されることで、新規の生徒さんがアップする傾向もあります

何より、愉しいです(笑)

Facebookグループはコチラ

楽譜の読み方
楽器講師専門ウェブパートナーGOをフォローする
ダル・セーニョ – ずっと楽器を続けたい楽器講師のための「ネット集客」情報ブログ
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました