楽譜を読んでみよう – 楽譜の読み方を学びたい経営者のための「楽譜の読み方、実践ブログレッスン」

楽譜の読み方
この記事は約7分で読めます。

楽譜を読んでみる!

動画でご覧になり方、「作業しながら耳で聞きたい」という方は、こちら!

示されたルールを読み解く練習をしてみましょう

それでは、実際に今まで紹介してきたルールで、

上の楽譜から『音階』『テンポ』『拍子』を読み取れるかを試してみましょう。

 

まずは『調』(Key)からみていきます。

『調』(Key)というのは、何の音階(スケール)を使っているかという事です。

例えば・・・

ハ長調(Cメジャースケール)なら、『調』(Key)は“ハ長調”(C)

イ短調(Aマイナースケール)なら、『調』(Key)は“イ短調”(Aマイナー)。

そのまんまですが(笑)

 

多少、気を付けた方がいいかも?という事と言えば、

メジャーの時は“メジャー”というのを省略する場合があったりするけれど、

マイナーの時は上の『Aマイナー』というように省略をしない場合がほとんど、

という事ぐらいだと思います。

 

では上の楽譜はどうなっているでしょうか?

シャープが最初に一つ付いていますね。

ト音記号なので、“ファ”のトコにシャープが付いている事になります。

なので、使っている音階は『“ト長調”(Gメジャースケール)』という事になります。

 

次にテンポですが、

楽譜の表示を見ると『4分音符=80』となっています。

つまり、一分間を80等分した1つの長さを4分音符にする、『テンポ=80』という事ですね。

 

とは言っても、実際に一分間を80回刻む速さがどれくらいの速さなのか、

よく分かりませんね。

私が練習やスタジオで確かめる時は、薄いカード型の“メトロノーム”を使うようにしています。

 

最近では、スマートフォンでGoogle検索を開き、

「メトロノーム」と調べると、検索結果にメトロノームが出てきます。

最後は拍子ですが、

楽譜の“C”という拍子記号は4/4拍子という意味でした。

という事は、

“この曲は一小節に4分音符が4コ入りますよ”

という事なので、拍子は『4拍子』という事になります。

 

長くなってしまいましたが、

ここまで書いてきたことは、楽譜に慣れてしまえば数秒・・・いや、

ほとんど意識しなくても分かるようになってしまいます。

 

例えば・・・カレンダーや時計を見た時に、日付や曜日、あるいは時間というのは、

理屈を順に追って理解するという感じではなく、

見た瞬間にそれが何を意味しているか分かりますよね。

 

わざわざ「1日は24時間で・・・」といった、

基本から順番に考えていく、といったことはしないかと思います。

楽譜も慣れてくればそれに近い感覚になってきます。

 

五線記譜法の基本ルールは・・・

さて、ここまで何度かに分けて、まずは一通り、

楽譜を読むための基本的なルールを書いてきました。

ここまで読んでいただいて、本当にありがとうございます。

 

もっと文章力を付けるために勉強をしないと、

思っている事を言葉や文字に変えた時に生じるイメージの誤差が大きいな、

と痛感します・・・。

 

私の周りには、経営者や起業家で「楽器の演奏が趣味」という方も多くおられます。

その中には、

「楽器をはじめたんだけど、楽譜が読めない。」

「もっといろんな曲にチャレンジをしたいけど、楽譜がちょっと・・・。」

という方もおられます。

 

私は今までに何度となく話してきたのですが、

楽譜を読んだり、楽器を演奏したり、何か技術を身に付けようとするなら、

とにかく慣れちゃうのが良いと思うのですね。

 

できる限り長い時間をその技術のために費やし、地道に努力する。

これが何だかんだ言って、やっぱり最短ルートなのではないかなと感じています。

 

とにかく早く、簡単に、便利に、という事が要求される今の社会ですが、

音楽や語学といった“技術”というのは、なかなか思うように早く、簡単に、

便利に身に付くものではありません。

 

ですが、使えば使うほど上達をしていくというのは、誰しもに共通すると思います。

 

今まで紹介してきた五線記譜法のルールというのは、

我ながらビックリするくらい地味です(笑)

これを身に付けるには、丸暗記という努力ではなく、やっぱり実践が良いなと感じます。

 

好きな曲を選び、それを演奏できるようになりたい!という想いで、

愉しく楽譜を読んで、読んで、読みまくりましょう。

 

そして、その楽譜をギターでもピアノでも、フルートでもサックスでも何でもいいので、

演奏しまくりましょう。

 

ある程度の理屈、理論が頭に入ったなら、後はとにかく使う。

楽譜というのは奏でてナンボです。

時には勉強も必要ですが、その後は勉強した内容を実践しなければ、

せっかくの地味な勉強が活きてきませんからね。

 

楽譜は、奏でてナンボ!

 

 

あ、話が変わりますが、実は五線記譜法のルールはまだあるんです。

リズムやコード、メロディーやハーモニーの話、記号もまだまだあります。

それらの内容については、またこちらのブログで、上級編といった形でご紹介をしていけたらと思います。

 

これから音楽をしたい、もっと音楽を知りたい、上達したいと思っている方に、

このサイトが何かを考えるキッカケやヒントになれば、本当に嬉しく思います。

 

記号一覧Ⅰ

さて、ここで今までに登場した記号をまとめてみようと思います。

何事もそうですが、慣れるまでの間は「え~、これは何だっけ?」となる度に調べなくてはいけません。

その時にこのページを使っていただけたら、と思います。

五線譜 各部名称

 

音部記号

 

音名

 

スケール

 

音符の名称

 

休符の名称

 

拍子と伯

 

拍子記号

拍子記号は、

『分母』・・・基準となる音符

『分子』・・・拍子

を決めるもので、楽譜では、音部記号、調号の次に表示されます。

 

 

以上、今までに登場した記号のみなさんでした。

ここに載せているのは、本当に一部の基本的なものばかりです。

 

でも基本的な事さえ分かってしまえば、後はルールに従って応用させるだけなので、

なんとなく感覚で「こういう意味なんじゃない?」

というのが掴めるハズです。

 

これからは、コードやリズムなどについて書こうと思うのですが、

「難しい」とか「ヤヤこしい」という印象を持っている方が少なくないのでは?

と思います。でも心配はいりません。

 

相も変わらず、『単純なルールに従って発展させるだけ』です(笑)

気を楽にしていきましょう!

 

楽譜に強くなる!

楽譜の読み方を、さらに学んでいきましょう!

さて、これまでのブログでは、五線譜の基本ルールを紹介してきました。

しかし、「よし!とにかく実践!」といざ楽譜を見ても、

なんだか知らない記号が出てきたり・・・

 

曲を聴きながら楽譜を目で追っていっても、

どこまで行ったのか分からなくなったり・・・

 

まだまだ調べたい、知りたいと感じる気持ちを補うだけのものが、

こまでのブログだけでは、ちょっと足りないのではないか?と感じます。

つまり、「基礎だけでは、スタジオやセッションで役立てるところまで、チョット足りない」

という部分もあるのですね。

 

音の高さや、長さは分かった。

でもそれだけでは、曲をどんどん演奏していけるようになるうえで、ちょい足らん。

そんな方がきっといるはず、と感じて、これからのブログでは、

“コード”、“リズム”、“メロディー”

の事や、今までに登場してきた以外の“音楽記号”について、

実際にスタジオやセッションなどの現場で使えるレベルの内容を、

書いていこうと思います。

 

楽譜は、作曲家が曲を作りそれを残す時に、

『自分が込めた想いやイメージを、いかに簡潔に具体的に伝えるか。』

という点で、様々な進化を遂げてきました。

 

中にはビックリするくらい細かい指示がしてあったり、

逆に『ここはどうぞご自由に~』という指示がしてあったり、

力強いコード進行、お洒落なコード進行、激しいリズムに、ゆったりしたリズムに・・・と、

楽譜には様々な想いが込められています。

 

それを読み取り、より自分らしい演奏へとつなげていただくために、

この少しでもお役に立てるような内容を書いていけたらと思います。

プロフィール
この記事を書いた人
楽器講師専門ウェブパートナーGO

【記事を書いた人のプロフィール】

★ドラム歴25年以上(プロドラマー/ドラム講師)

★ピアノ歴35年以上(趣味)

★作曲歴30年以上(趣味)

★インターネット集客10年以上(SEO対策、ネット集客の専門家)

★マーケティングウェブデザイン(ワードプレスでのウェブサイト作成の専門家)

■「楽器だけでは生活が大変」と感じ、2007年からインターネット集客を学び始める。

■インターネット集客やインターネットマーケティングを10年以上かけて学び、1億円以上の売上を達成したあと、それらのビジネスを全て手放し、再び音楽の世界へ。

■4~5時に起きて、6畳一間の部屋で一人、お昼まで仕事をして、午後は練習をしたり飲んだり…という生活を10年以上、続けている。

■ずっと家で仕事をしているので、半分くらい主夫状態。育児や家事が日常。

■お昼寝のあと、子ども達と散歩に行くついでにビールを買うのが最近のルーティン。知らない間に子ども達が、キリン、アサヒ、サッポロ、サントリーのブランド名を全部覚えてしまった。

楽器講師専門ウェブパートナーGOをフォローする
楽器講師で集まってリモート演奏


生徒さんに、元気と楽しみ、想いを届けませんか?

【公式メンバーを募集中です^^】

楽器講師で集まってリモート演奏!の公式メンバーを募集しています。

・管楽器
・弦楽器
・鍵盤楽器

の楽器講師の方は、ぜひお気軽にご参加ください。

公式メンバーへの加入は【無料】です。

【ご参加のメリット】

生徒さんへ想いを届けることで、レッスンの継続率がアップする傾向があります

シェア、拡散されることで、新規の生徒さんがアップする傾向もあります

何より、愉しいです(笑)

Facebookグループはコチラ

楽譜の読み方
楽器講師専門ウェブパートナーGOをフォローする
ダル・セーニョ – ずっと楽器を続けたい楽器講師のための「ネット集客」情報ブログ
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました