集客 – 楽器教室のネット集客、全体の流れを5つに分けて解説

楽譜の読み方
この記事は約8分で読めます。

集客 – 楽器教室のネット集客、全体の流れを5つに分けて解説

今回のブログを動画でご覧になりたい方、もしくは耳でお聴きになりたい方はコチラ

楽器教室のネット集客、全体の流れを5つに分けて解説

こんにちは。

これからもずっと楽器で仕事をしていきたい楽器講師専門のウェブパートナー、GOです^^

 

今回のブログでは、お忙しい楽器講師の方が、やみくもに集客の作業に追われてしまう事がないように、

インターネットで集客をしていく際の、全体的な大きな流れについて、ご紹介をしてみたいと思います。

 

インターネット集客にはいろんな方法がありますが、「集客」という活動そのものは、もう1000年以上の歴史があるとも言われています。

一体どういうことなのかと言うと、

人が何かを、信頼して購入する際には、流れがある

という事ですね。

 

 

その流れを、インターネット集客に当てはめていく事によって、「今、自分がやっている作業というのは、どういう作業になるのかな?」という部分が、より分かるようになります。

 

そうすると、一つ一つの作業のクオリティが上がっていくのと同時に、時間を無駄にせずにすみますね。

アンサンブル演奏でたとえるなら、

「三和音のそれぞれの役割を知る事で、今、自分が何をやっているのかが分かるようになる」

といったイメージに近いかなと思います^^

 

ですので、今回のブログの内容は、

インターネット集客の、全体の流れが掴みたい楽器講師の方

あまり集客に時間を割けないので、効率的に作業をしていきたい楽器講師の方

より多くの人に、音楽と楽器が演奏できる楽しさを伝えていきたい楽器講師の方

このような方々に、お役立ていただけるのではないかなと思います。

 

楽器教室のインターネット集客、まずは全体の流れをチェックしましょう

それではまず、人が何かを信頼して、購入に至るまでの流れについて見てみましょう。

もちろん、この流れには例外も多く、必ずしもこの通りになる訳ではありません。

まずは「基本的な流れ」ということで、チェックをしてみていくイメージですね。

 

1.楽器が演奏してみたい、演奏できるようになりたいという「欲求」が生まれる

2.その欲求が、「日常的に頭の中に浮かんでいる状態」になる

3.具体的に行動を起こすために、「インターネットで調べる」

4.夢を叶えるための道が見え始め、「より具体的に検討」し始める

5.行動を起こす

このような流れになってきます。

 

何となく、ご自身が何かを信頼して購入をされる際にも、こんな流れになっている気がする…という方も、おられるかもしれませんね。

 

それでは、上の5つのステップが、インターネット集客ではどんな作業に当てはまってくるのかを、一つずつ見ていきましょう。

 

1.楽器が演奏してみたい、演奏できるようになりたいという「欲求」が生まれる

ここは、特に人ぞれぞれに違いが出る部分ではないかと思います。

たとえば、

子どもの頃からずっとピアノをやっていて、大人になって再開したいと思った。

自分の子どもに、ピアノを習わせてあげたい。

アーティストを見て、自分も演奏をしてみたいと思った。

吹奏楽部や軽音楽部、弦楽部に入っていて、大人になって再開したいと思った。

ネットで演奏系の動画を見て、自分も演奏してみたいと思った。

などなどですね。

楽器が演奏できるようになりたい!と思うキッカケは、本当に人それぞれではないかと思います。

 

では具体的に、この段階で楽器講師の方がネット集客でできる事はなにか?というと、実はあまりできる事がありません。

この部分というのは、

楽器教室に通うであろう生徒さんの、母数を増やしていく

という作業になるのですね。

ですので、重要となるのは、積極的にネット集客をする事よりも、

より多く「楽器が演奏できるようになりたいな」と思ってもらえるキッカケを増やしていく事、になります。

 

ぼくの方で代表を務めさせていただいております、「楽器講師で集まってリモート演奏」というオンラインコミュニティも、

この部分に当てはまる部分があるかもしれません。

◆楽器講師で集まってリモート演奏

楽器講師で集まってリモート演奏 公式サイト【Second Face】
楽器講師で集まってリモート演奏の公式サイトです^^「この先生に楽器を習いたい!」という方や、「わたしも楽器講師としてリモート演奏に参加したい!」という方のために立ち上げました。一人でも多くの方に、「楽器が演奏できるよろこび」を伝えられたら嬉しいです。

 

2.その欲求が、「日常的に頭の中に浮かんでいる状態」になる

楽器が演奏できるようになりたいな…という欲求が生まれた後、

その中には、「楽器が演奏できるようになりたい!」という欲求が、日常的に頭に浮かんでいる状態になる人も、出てきます。

そうすると、多くの場合はSNS関係を使って、よりいろんな情報に触れようとし始めますね。

 

今だったら、Youtubeが最も代表的ではありますが、

Facebookであれ、Instagramであれ、あるいはnoteやTwitter、TikTokなどなども含めて、

「楽器演奏」に関する情報が表示されれば、「あ、ちょっと見てみよう!」と、興味を惹かれる可能性がイメージできます。

 

ですので、この段階で楽器講師の方が、楽器教室の集客のためにやっておく内容は、

SNSでの積極的な情報発信

という事になります。

 

SNSでの集客は、特にFacebookが登場してからよく耳にするようになりました。

もちろんSNSからの集客というのは、一つの集客法ではあるのですが、

その際、それを見ている相手の方がどういう状況なのかというと、

「楽器が演奏できるようになりたいなぁ」という欲求が、頭の中に長い時間、浮かんでいる状態・・・という感じです。

 

ですので、まだ具体的に動き出す前なのですね。

 

SNS集客にずっと追われ続けることが無いようにするためには、

この「まだ具体的に動き出す前の人へのアプローチをしているんだ」という事を、頭に置いておくと良いかもしれません。

つまり、もっと重要なネット集客の作業がある、ということです。

 

3.具体的に行動を起こすために、「インターネットで調べる」

楽器が演奏できるようになりたい!という欲求が限界を超えると、

「実際に始めて見よう!」

ということで、具体的に行動をし始めます。

 

昔の楽器を引っ張り出してくるかもしれません。

あるいは、教室を探し始めたり、ネットショップで楽器を探し始めたりするでしょう。

ポイントは、「探し始める」ということです。

 

この段階の人たちにアプローチするためには、SEO対策が重要な作業となります。

SEO対策というのは、GoogleやYahooなどを使って、自分で積極的に情報を探している方に、

自分の書いたブログを見つけてもらうための対策です。

 

楽器教室を探している人もいるかもしれませんし、

楽器の購入や、メンテナンス、取り扱いについて調べ始めている人もいるかもしれません。

 

具体的に進めていく作業としては、

ワードプレスで自分のホームページを作り、そこにブログを書いていく

といった内容となります。

ワードプレスで自分のホームページを作って、そこにブログを書いていく作業は、SEO対策となっていくのですね。

※SEO対策は今、いろんな事を考えなくてはいけない、少し難しい作業となりますので、ここでは大きく端折ってご紹介をしています。

 

4.夢を叶えるための道が見え始め、「より具体的に検討」し始める

インターネットで検索して、情報を集めていった人たちは、

具体的に「この教室へ行けば、夢がかなうかも!」「このショップで楽器を買ったら、夢がかなうかも!」という、道が見え始めてきます。

 

そうすると、楽器講師の側として対策をしておきたいのは、

信頼をしてもらうこと

になってきます。

 

この先生にお願いしても大丈夫!と、信頼してもらう事ですね。

できれば、「絶対、この先生が良い!!」というくらい、信頼していただく方が良いでしょう。

 

そのためにすべき作業は、

ご自身の教室のホームページを、分かりやすく、見やすく改善していくこと

になります。

分かりやすさが、信頼へと繋がっていくからですね。

 

5.行動を起こす

最後は、「行動」です。

インターネットから、申し込む方もおられるかと思いますし、

問い合わせフォームからの問い合わせや、電話をされる方もいらっしゃるでしょう。

 

この時に重要なのは、「分かりやすく、連絡手段を表示しておく事」です。

具体的には、

問い合わせフォームの場所を、これでもか!と分かりやすく案内しておく

電話番号を、ホームページのトップに大きく表示しておく

といった作業になります。

 

ポイントは、迷わせないことですね。

 

今回のまとめ

さて、今回は楽器教室のネット集客を、5つの段階に分けてご紹介をしてきました。

ご自身が今、されている作業が、どの部分にあたるのか?を見ながら進めることで、

より効率的に作業を進めていけるかと思います。

 

作業の優先順位は、5→4→3→2→1とされるのがオススメです。

まずは問い合わせてもらえるように。

次に、信頼してもらえるように。

次に、探してもらえるように。

次に、より欲求を高められるように。

最後に、欲求を持つ方を増やせるようする。

このようなイメージで、進めてみていただくと良いかなと思います。

 

それでは、今日も顔晴っていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
プロフィール
この記事を書いた人
楽器講師専門ウェブパートナーGO

【記事を書いた人のプロフィール】

★ドラム歴25年以上(プロドラマー/ドラム講師)

★ピアノ歴35年以上(趣味)

★作曲歴30年以上(趣味)

★インターネット集客10年以上(SEO対策、ネット集客の専門家)

★マーケティングウェブデザイン(ワードプレスでのウェブサイト作成の専門家)

■「楽器だけでは生活が大変」と感じ、2007年からインターネット集客を学び始める。

■インターネット集客やインターネットマーケティングを10年以上かけて学び、1億円以上の売上を達成したあと、それらのビジネスを全て手放し、再び音楽の世界へ。

■4~5時に起きて、6畳一間の部屋で一人、お昼まで仕事をして、午後は練習をしたり飲んだり…という生活を10年以上、続けている。

■ずっと家で仕事をしているので、半分くらい主夫状態。育児や家事が日常。

■お昼寝のあと、子ども達と散歩に行くついでにビールを買うのが最近のルーティン。知らない間に子ども達が、キリン、アサヒ、サッポロ、サントリーのブランド名を全部覚えてしまった。

楽器講師専門ウェブパートナーGOをフォローする
楽器講師のための、楽器講師が作るホームページ・サポート

楽譜の読み方
楽器講師専門ウェブパートナーGOをフォローする
ダル・セーニョ – ずっと楽器を続けたい楽器講師のための「ネット集客」情報ブログ
タイトルとURLをコピーしました