不登校の悩みと対策「中学2年です。母を追い詰めてばかりで、どうすべきか悩んでいます」

学業について
【無料メルマガ】オンラインフリースクールって、ご存じですか?

子どもがHSCやイジメ、学校(対人)恐怖症で悩んでいる

普通のフリースクールでは、合わなかった

少しでも外の世界とつながって、勉強して欲しい

このようにお悩みなら、オンラインフリースクール【White school】がオススメです。

■1.不登校の解消

■2.人や集団への恐怖心を解消

■3.勉強の遅れを解消

これら3つのサポートを行っています。

オンラインフリースクール【White school】の詳細をチェックされたい方は、コチラからメルマガにご登録ください。

・メルマガ内では、たまに有料サービスへの案内をさせていただくこともあります。

・ブログを更新した際には、朝10時に、更新情報が届くようになります。

・メルマガ登録は無料です

・いつでも解除できます

・ご登録後、「無料メルマガ登録のご確認」というタイトルの、自動返信メールが送信されます。

迷惑メールフォルダーに入ってしまう場合もありますので、そちらもご確認いただければと思います。

不登校の悩みと対策「中学2年です。母を追い詰めてばかりで、どうすべきか悩んでいます」

こんにちは。

オンラインフリースクール【White school】の代表講師GOです。

 

さて、今回のテーマは、「中学2年です。母を追い詰めてばかりで、どうすべきか悩んでいます」ということで、お届けをしてみたいと思います。

 

今回のブログを、動画でご覧になりたい方はコチラ

まずはお悩みポイントの整理をしてみましょう

今回の不登校のお悩みは、中学2年生の女子生徒が抱えておられるお悩みとなります。

お悩みというのは、「実は、解決が目的ではなくて、ただ話を聞いてほしかっただけ」という悩みもあります。

その一方で、「話を聞くだけじゃなく、具体的な行動や対策を教えて欲しい」という悩みもあります。

 

ここがズレてしまうと、なんだかちょっとイマイチな空気管になっちゃうことが多く(苦笑)

私自身も、よく間違えますので…まずはお悩みの「核心」を整理していきましょう。

 

実は悩みというのは、「悩みが何かがハッキリしたら、それはほぼ解決したのと同じ」と言われています。

どういう事かと言うと、「ハッキリさせる」というのは「言葉に変える」ということです。

悩んでいる人の多くが「悩みを言葉にできていない」ということで、モヤモヤと悩み続けて、苦しみ続けてしまう、というイメージです。

 

さてそれでは、今回のお悩みを、しっかり言葉で整理してみましょう。

 

1.学校の苦手な行事や、人間関係のことで、不登校になっている

2.母を追い詰めてしまっていて、申しわけないと思っている

3.友達や学校生活を捨てて、フリースクールなどに行くべきか迷っている

 

言葉にして、お悩みを整理すると、このような感じになります!

こうやって言葉、文字にすると分かりますが、今回のケースでは、ただ話を聞いて欲しいというのではなく、「話も聞いて欲しいし、解決策も知りたい!」と感じます。

 

そこで、具体的な行動や解決法について、書いていってみたいと思います。

 

「甘え」は、「夢」とセット

学校の行事や、人間関係で休んだり、不登校になることについて「甘え」だという意見がありますが、これは、ちょっと違います。

「甘え」は「夢」とセットなのですね。

 

ですので、「今はまだ、特に夢がないなぁ」という人には、甘えも何もありません。

夢がまたない状態なのですから、やろうと思った事を途中で止めようが、休もうが、その自分の判断を信じるのが、当然です。

嫌味でも何でもなく、普通のことです。

「学校へ行くのが当たり前だから」「みんな行っているから」という理由で学校へ行っていて、特にまだ夢がないというのであれば、人間関係や嫌な行事が理由で休んでも、それは普通なのですね。

 

もし逆に、あなたが「将来、こうなりたい!そのために学校へ行くんだ!」という夢があったとしたら、そこには「甘え」と言われてしまう場面も出てきます。

自分の夢を実現させるために努力した。あともう一歩、がんばれば努力できるかもしれない。諦めようか。どうしようか。

「今、ここで諦めるのは、甘えじゃないのか?」

甘えというのは、そういった、自分の叶えたい夢や目標との兼ね合いの中で、出てくるものです。

 

夢や目標が、まだ特に設定できていないなら、学校を休んだって甘えでも何でもありません。

 

自分もガマンしたのだから、君もガマンしろ…というのはちょっと変?

もう一点、大人の中には「自分だって辛い学校をガマンしてきたのだから、君もガマンしなさい」と言う人もいるそうですが、これもちょっと、オカシイと思います。

普通、前を行く人というのは、後ろの人のために、道を歩きやすく整えていくものなのです。

これは、偉くも立派でもなんでもなく、みんなやっている普通のことです。

 

大人たちが苦労したり、辛かったりした学校生活が、今、何も改善されていないとしたら、

それは、前を行く大人の責任だという事です。

「後に続く人たちには、後に続く人たちの苦労や悩みがあるだろうから、

前を行く自分たちが経験してきた苦労や悩みは、繰り返さないで良いようにしておく」

というのが、大人です。

 

繰り返しますが、これは立派でもなんでもなく、普通の事です。

たとえば数学を頭に思い浮かべてください。

数学には、いろんな公式や法則がありますが、それらは、今まで数学を研究してきた人たちの努力があったから、今、私たちはサクッとそれを理解できるようになっています。

それを、「この法則をイチから苦労して導きなさい」「私だって苦労したんだから」というのは、ケチですよね(笑)

 

あなたには、あなたのすべき努力や、人生の壁が、これから何度も出てきます。

誰もまだ、乗り越えたことのないカベが出てくるでしょう。

その乗り越え方を、後に続く人たちに教えることが、大人です。

「自分も苦労したんだから、あなたも自分で考えて苦労しろ」というのは、ケチなんです。

 

学校の行事や人間関係が辛く、特に学校へ行く夢や目標も無いなら、休んだって普通です。

そして、不登校でも人生を豊かに愉しく生きていく方法は、先を歩む大人たちが、ちゃんと知っていますよ。

 

母親を追い詰めているのは、母親自身です

少し厳しいお話になってしまうかもしれませんが、あなたのお母様を苦しめているのは、あなたではなく、お母様ご自身です。

「不登校になっても、この子はきっと、自分らしい豊かな未来を手にする」と、信じ切ることができない自分自身に、お母様は苦しまれているのです。

ですので、あなたが仮に、ちゃんと学校へ通ったとしても、また別のことでお母様は苦しまれます。

たとえば「こんな成績で、ちゃんとした大人になれるのかしら」と、苦しまれるでしょう。

 

少し厳しい意見かもしれませんが、お母様の苦しみは、お母様にとっての試練であり、課題なのです。

もちろん、乗り越え方はあります。お母様はきっと、それをご自身のチカラで見つけ出すでしょう。

子どもを育てている女性は、想像をはるかに超えて強いモノです(笑)

あなたに心配してもらったり、「追い詰めている」と悩まなくとも、きっとご自身のチカラで乗り越えるでしょう。

 

学校や友達は、捨てなくても、拾わなくても「自然と続くものだけ」が残ります

あなたがフリースクールへ行っても、学校を辞めても、あなたにとって必要なものが、必ずあなたの身に周りに現れます。

逃げても逃げても、現れますよ(笑)

 

逆に、必要のないものは、あなたがいくら追いかけても消えていきます。

そういうものなのです。

 

学校生活の愉しみや、お友達についても同じです。

学校生活の愉しみが、あなたにとって必要なことであったり、あなたが本当の心からそれを望むなら、自然にそれが目の前に出てくるでしょう。

お友達もそうです。

今のお友達の中で、これからも続けていけるお友達というのは、自然と関りが残るものです。

 

最初は難しいかもしれませんが、ムリに追いかける必要はありません。

そうではなく、見極めてください。

あなたが本当に望むものと、あなたが本当に必要とするものは、何か?

それを見抜き、見極めていく中で、自然と必要なものや望むものが、あなたの周囲にポツリポツリと、現れます。

 

少し不思議な話をしてしまいました(笑)

カンタンに言えば、自分を基準にするということです。

自分が本当に望むもの、自分が本当に必要とするもの。それは何か?

自分の中に、深く、潜ってみてください。

 

今の学校生活を守ること、今のお友達と繋がり続ける事。それが本当に、自分の心の奥底からの望みなのかどうか?

それが見つかった時、現実がそれに付いてきます。

不思議なお話に聞こえるかもしれませんが、この考え方で、夢を実現している人は、とってもたくさんいますよ。

 

今回のブログのまとめ

今回は、不登校に悩む中学2年生の女の子のお悩みについて、お答えをしてみました。

お母様を追い詰めていることで悩んでいることから、この女子生徒が、心優しく真面目であることが伝わってきます。

そんな子は、少し「自分基準」で考えてみた方が良い時もあるのですね。

 

まずは自分から、自分を信じてみる。

そんな事も、考えてみていただけると良いのかなと思います。

【無料メルマガ】オンラインフリースクールって、ご存じですか?

子どもがHSCやイジメ、学校(対人)恐怖症で悩んでいる

普通のフリースクールでは、合わなかった

少しでも外の世界とつながって、勉強して欲しい

このようにお悩みなら、オンラインフリースクール【White school】がオススメです。

■1.不登校の解消

■2.人や集団への恐怖心を解消

■3.勉強の遅れを解消

これら3つのサポートを行っています。

オンラインフリースクール【White school】の詳細をチェックされたい方は、コチラからメルマガにご登録ください。

・メルマガ内では、たまに有料サービスへの案内をさせていただくこともあります。

・ブログを更新した際には、朝10時に、更新情報が届くようになります。

・メルマガ登録は無料です

・いつでも解除できます

・ご登録後、「無料メルマガ登録のご確認」というタイトルの、自動返信メールが送信されます。

迷惑メールフォルダーに入ってしまう場合もありますので、そちらもご確認いただければと思います。

オンライン・フリースクール【White school】の授業をチラ見せ!

オンライン・フリースクール【White school】の授業を、Youtubeでチラ見せしています(^^)

・ちょっと見てみたい

・雰囲気を知りたい

という方は、短いですが、ぜひご覧になってみてくださいね(^^)

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。
■ブログ執筆者プロフィール

■名前:岡田剛(オカダ ゴウ)

■肩書(プロフェッショナルの仕事分野)

・オンラインフリースクール【White school】代表講師

・家庭学習(ホームスクーリング)アドバイザー

・子どもの学校(対人)恐怖症の克服コーチ

・不登校の子どもの進路コンサルタント

 

ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

このブログは、お子さんが、イジメやHSC、学校(対人)恐怖症で、人や集団、学校、先生が怖くなり、不登校になってしまった、保護者様のための情報ブログです。

私自身も不登校を経験しておりますが、私が子どもだった当時、今のようにインターネットやパソコンは、広まっていませんでした。

ですが今は、オンラインで授業が受けられる、オンラインフリースクールがあるなど、不登校のお子さんでも、自分らしく愉しく生きていける道が、たくさんあります。

もしこのブログが、あなた様のお子さんの笑顔を取り戻すキッカケになれば、嬉しいです。

【現在について】

HSCやイジメ、学校(対人)恐怖症で不登校になっている子たちを専門に、オンラインフリースクールを運営しています。

【趣味】

■音楽(ピアノ歴30年以上、作曲もする。ドラムはプロドラマーとして、現在も地元でドラム講師を務める)

■お酒(ほぼ毎日。選ぶのが面倒な時はもっぱらビール)

■旅行(温泉が好き。絶景も好き。)

■動物(ミニチュアダックスと、拾った日本猫2匹と、金魚とエビ)

【オンラインフリースクールについて】

「子どもの不登校を解消したい」

「人や集団への恐怖心を、解消させたい」

「勉強の遅れを、解消したい」

とお悩みの保護者のために、

オンラインフリースクールを運営しています。

もしご興味ございましたら、こちらのウェブサイトをご覧ください。

オンライン・フリースクール【White school】の詳細はコチラ

学業について家族マネジメントお子さんからのご相談
オンラインフリースクール【White school】の代表講師GOをフォローする
不登校 ブログ – 子どもがHSCやイジメ、学校恐怖症で不登校になったら読むブログ「今日、何しよっか?」

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました