ホームスクーリングの教材、何を使えばいい?費用は?気になる5つのポイントを解説

ホームスクーリングを始めるには
【無料メルマガ】オンラインフリースクールって、ご存じですか?

子どもがHSCやイジメ、学校(対人)恐怖症で悩んでいる

普通のフリースクールでは、合わなかった

少しでも外の世界とつながって、勉強して欲しい

このようにお悩みなら、オンラインフリースクール【White school】がオススメです。

■1.不登校の解消

■2.人や集団への恐怖心を解消

■3.勉強の遅れを解消

これら3つのサポートを行っています。

オンラインフリースクール【White school】の詳細をチェックされたい方は、コチラからメルマガにご登録ください。

・メルマガ内では、たまに有料サービスへの案内をさせていただくこともあります。

・ブログを更新した際には、朝10時に、更新情報が届くようになります。

・メルマガ登録は無料です

・いつでも解除できます

・ご登録後、「無料メルマガ登録のご確認」というタイトルの、自動返信メールが送信されます。

迷惑メールフォルダーに入ってしまう場合もありますので、そちらもご確認いただければと思います。

ホームスクーリングの教材、何を使えばいい?費用は?気になる5つのポイントを解説

こんにちは。

オンラインフリースクール【White school】の代表講師GOです。

 

さて、今回のテーマは、「ホームスクーリングの教材、何を使えばいい?費用は?気になる5つのポイントを解説」ということで、お届けをしてみたいと思います。

 

ホームスクーリングの教材は、全部タダで手に入ります

何らかの事情で小学校に通えなくなり、自宅で学習をさせよう!と決めた保護者の方が、

実際に、自宅で勉強せるホームスクーリングを始めようとした時に悩む点の一つが、この「教材、どうする?」という部分ではないかと思います。

 

そこで今回は、お子さんが将来、ホームスクーリングでもしっかりと立派な大人に成長する上で、

教材をどう考えたら良いのかについて、ご紹介いたします。

 

まずは、5つのポイントについて、先にご紹介をさせていただきたいと思います。

 

ポイント1.教材は、通っていた小学校の教科書がベース

ポイント2.インターネットをフル活用する

ポイント3.社会でそのまま役立つ内容を学べる教材を使う

ポイント4.保護者のアイデアで、いろんなものを教材に変える

ポイント5.人間の内面は、おもちゃが教材になる

 

それでは、一つずつご紹介をさせていただきたいと思います。

 

ポイント1.教材は、通っていた小学校の教科書がベース

ホームスクーリングを始めるにあたって、ベースにする教材は、通っていた小学校で使う教科書をオススメしています。

ホームスクーリングをサポートさせていただいている、オンラインフリースクール【White School】でも、まずベース教材として使うのは、「小学校で使っていた教科書」です。

その理由について、ご説明をいたします。

 

家で学校の勉強をさせるホームスクーリングの考え方には、色々なものがあります。

特に、今の日本では、ホームスクーリングの考え方があまり知られていませんので、

「これがホームスクーリングです」という決まりやカタチが、あまりありません。

 

そんな中で、オンラインフリースクール【White school】がご提案しているのが、「子どもの選択」です。

つまり、「学校へ行くか、行かないかは、毎日でも選択していい」ということです。

 

「何があっても、絶対に学校へ行かなくちゃいけないよ!」というのは、子どもにとって大きなストレスとなります。

これは、日本政府も問題だと考えており、2016年12月に「教育機会保護法」という法律が、成立しています。

この法律のポイントは、それまでずっと、「不登校の対策=学校への復帰」だったのが「不登校への対策=学校外で学べる機会を作る」という方針転換が起こったことです。

 

という事は、逆もあり得るという事です。

どういう事かというと、「ホームスクーリングをするからには、二度と学校へ行けないよ!」というのもまた、子どもにとってストレスとなってしまう可能性がある、ということです。

 

法律で、「不登校の対策=学校外で学べる機会を作る」となった以上、子どもにとって、

「学校で学ぶか、家で学ぶかは、自由に選択できる」という状況になったという事ですね。

 

それを踏まえると、

「家で勉強してきたけど、明日は学校へ行きたいな」となった際には、学校へ行くのが良いと思いますし(お友達と会ってみたい、といった理由もあると思います)、

その際に、「あれ?学校の勉強が、全然、分からない・・・」となるのは、子どもにとって辛いと思うのです。

 

そうならないためにも、ホームスクーリングの教材としては、学校で使う教科書を、ベース教材にすることを、推奨しています。

 

ホームスクーリングで、学校の教材をベースにするメリット

学校の勉強は、5年生になったからと言って、4年生までの内容を全て理解しているとは限りません。

 

オンラインフリースクール【White school】では、まずお子さんの学業の状況を把握するところから、ご家庭での勉強が始まりますが、たとえば5年生の時点で、もし3年生や4年生で習う部分を、理解できていないとしたら、そこまで遡って、学習をスタートさせることを、オススメしています。

ホームスクーリングでは、全ての学習を、お子さんのペースに合わせられます。

このメリットを最大限に活用して、「過去の分からなかったところを、克服する」ということを、オススメしているのです。

 

これは、お子さん本人の自信にもなりますし、もし「明日は学校へ行きたい」となった時、「分からなかった部分を克服した」という自信を胸に、学校へ行けるようにもなります。

 

その上で、進められる部分は、どんどん先へ行っても構いません。

たとえば、5年生の時点で、6年生の算数を全て理解できている状態になっている子もいます。

その状態で学校へ行くと、「あ、知ってる!」となります。

これは、多くの場合、お子さんにとって大きな自信となるのです。

 

 

ポイント2.インターネットをフル活用する

インターネットをフル活用することで、「一昔前だったら、何十万円もしただろう教材」を、タダで活用していくこともできます。

 

たとえば、Youtubeを使って、こんな動画を検索してみてください。

「English learning videos for children」

そうすると、アメリカ人の親が、我が子に母国語である英語を教えるために見せるであろう動画が、ズラリと出てきます。

これを日本人の保護者が、我が子に見せてあげると、「非常によくできた英語教材を買ったのと、同等の効果」が期待できます。

以前なら、それを手にするのに50万円や100万円がかかったかもしれませんが、今は、無料で見れるのです。

 

それだけではありません。

たとえば、算数の計算問題や、ひらがな、カタカナ、漢字の書き取りなど、プリント関係については、

「小学校 プリント 教材」

といったキーワードで調べると、無料でダウンロードできる教材が、ゴロゴロと出てきます。

↑こちらは、ちびむすドリルさんのサイトです。

他にも、こういったサイトはたくさんあります。

今の日本は、教材に困ることはほぼあり得ない、と言っても過言ではないくらい、たくさんの教材を無料で活用できる状況なのです。

 

ポイント3.社会でそのまま役立つ内容を学べる教材を使う

オンラインフリースクール【White school】では、社会でそのまま役立つ内容を学べる教材を使う事も、オススメしています。

たとえば、タオル。

洗濯をして、干して乾かし、畳む作業は、家事を教える教材となります。小学校で言えば、家庭科に分類される領域になるでしょう。

他にも、掃除機の使い方。

小学校低学年の小さなお子さんの場合、掃除機を扱うのは大変ですし、階段は転落の恐れもありますので、保護者の方が常に見ておく必要はありますが、

掃除機というのは、徹底的に正しく使おうとすると、意外に頭を使う必要があることを、主婦の方ならご存じのはずです。

乱暴に掃除機をかけると、かえって埃が立ちますね。

これは、物理という理科の領域であると同時に、家庭科の領域でもありますし、掃除道具の歴史を学ぶ意味では社会の領域とも言える学びとなります。

何よりも大事なのは、「大人になってから、そのまま使える知識」という部分ですね。

 

ホームスクーリングのメリットは、家にいることで、こういった「社会に出て役立つ知識を学べる点」にあります。

特に家事というのは、「誰も見ていないところで、キチンとやってくれている人がいる」という、大きな学びとなるのです。

 

 

ポイント4.保護者のアイデアで、いろんなものを教材に変える

たとえば、動物園へ連れて行ったとします。

 

私たち人間は、地面に生える草は食べませんが、動物の中には、地面に生える草を食べる動物もいます。

その際に、「なぜ、カンガルーはチョコレートやサンドイッチではなく、地面の草を食べるのか?」というテーマで見るようにすると、興味深い学びが、出てくるかもしれません。

 

特に子どもは、予備知識が少ない分、自由な発想が多く出てきます。

そこから、

「じゃ、サンドイッチが好きなカンガルーは、どんなカンガルーか、家に帰ったら絵に描いてみよう」

あるいは、

「どこかでお昼ご飯でも食べながら、スマホでカンガルーについて調べてみよう」

といった形で、学びを深めることもできます。

さらには、「カンガルーと友達になりたかったら、チョコレートではなく、草をプレゼントしたほうがいいんだね」という学びは、

相手が望むものが何かを考えるという、マーケティングやビジネスの領域の知識となります。

 

上記はあくまで、動物園に連れて行った場合の話ですが、

保護者ご自身が「子どものために、あらゆるものを教材にしよう」という心構えになると、

この世界が、教材で溢れかえっていることに、お気づき頂けるかと思います。

 

ポイント5.人間の内面は、おもちゃが教材になる

たとえば、シルバニアファミリーは、社会性や人間性といった、人間の内面を育むおもちゃとなります。

うさぎさんの家族がいて、他に、犬や猫、クマといった家族がある。

それぞれの家族がお互いに仲良く生活をする様子を表現したシルバニアファミリーは、おもちゃでありながら、実は教材です。

 

あるいは、ポポちゃんやメルちゃんといったお人形遊びは、相手を思いやる心や、お世話をしようとする、人間の内面を育むおもちゃです。

 

他にも、レゴブロックは創造性を刺激します。

車やバイクのプラモデルは、「自分で作ってみよう」という、自立心を育むでしょう。

ヒーローごっこは、「正義とは何か?」という、根本的な哲学を学ぶ入り口になるかもしれません。

漫画は、自分と全く違うタイプの人間がいて、彼らがどのように考え、話すのかを、疑似体験できる教材とも言えます。

 

子どもにとって、おもちゃというのは実は教材です。特に、人間の内面を育みます。

知育おもちゃだけが、お子さんの成長を育むのではありません。

 

だからといって、新たなおもちゃを無理に買い足す必要はありません。

今、手元にあるおもちゃを使えば、まずは十分です。

ホームスクーリングの教材、何を使えばいい?まとめ

さて今回は、ホームスクーリングを始めたい保護者の方のために、

ホームスクーリングのメリットを生かした教材について、ご紹介をいたしました。

 

教材とは、人間のインプットとアウトプットを刺激し、サポートするものなのです。

 

つまり、お子さん自身が、そこから何かしらの情報や刺激を受け取り、

自分自身の中で、感じたり思ったりした後、

それを、自分の外の世界に向けて、表現したり、発信する。

それを助けるのが教材です。

 

計算問題のプリントは、

まずその問題を見て、情報を受け取り、

自分自身の中で、答を導き、それを「書く」という形で表現、発信する。

だから計算問題のプリントは、教材なのです。

 

それと同じことは、おもちゃでも、なんでも、起こりえます。

たとえばリンゴのおもちゃを手にしたとして、「リンゴのおもちゃ」という情報を受け取り、

自分自身の中で、「白雪姫の中に、毒リンゴが出てきた」という答を導いたとして、

それを、「絵で表現する」という子もいれば、「おばあさんに化けた女王の演技」で表現する子もいるでしょう。

あるいは「毒って、何なの?」と、化学の方向へ思考が進む子もいるでしょう。

リンゴのおもちゃが教材になった瞬間ですね。

 

ホームスクーリングだからこそ、こういった柔軟な学び方が可能になります。

ぜひ、お子さんの興味が向くような形で、周りにあるあらゆるものを教材として、試してみていただければと思います。

【無料メルマガ】オンラインフリースクールって、ご存じですか?

子どもがHSCやイジメ、学校(対人)恐怖症で悩んでいる

普通のフリースクールでは、合わなかった

少しでも外の世界とつながって、勉強して欲しい

このようにお悩みなら、オンラインフリースクール【White school】がオススメです。

■1.不登校の解消

■2.人や集団への恐怖心を解消

■3.勉強の遅れを解消

これら3つのサポートを行っています。

オンラインフリースクール【White school】の詳細をチェックされたい方は、コチラからメルマガにご登録ください。

・メルマガ内では、たまに有料サービスへの案内をさせていただくこともあります。

・ブログを更新した際には、朝10時に、更新情報が届くようになります。

・メルマガ登録は無料です

・いつでも解除できます

・ご登録後、「無料メルマガ登録のご確認」というタイトルの、自動返信メールが送信されます。

迷惑メールフォルダーに入ってしまう場合もありますので、そちらもご確認いただければと思います。

オンライン・フリースクール【White school】の授業をチラ見せ!

オンライン・フリースクール【White school】の授業を、Youtubeでチラ見せしています(^^)

・ちょっと見てみたい

・雰囲気を知りたい

という方は、短いですが、ぜひご覧になってみてくださいね(^^)

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。
■ブログ執筆者プロフィール

■名前:岡田剛(オカダ ゴウ)

■肩書(プロフェッショナルの仕事分野)

・オンラインフリースクール【White school】代表講師

・家庭学習(ホームスクーリング)アドバイザー

・子どもの学校(対人)恐怖症の克服コーチ

・不登校の子どもの進路コンサルタント

 

ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

このブログは、お子さんが、イジメやHSC、学校(対人)恐怖症で、人や集団、学校、先生が怖くなり、不登校になってしまった、保護者様のための情報ブログです。

私自身も不登校を経験しておりますが、私が子どもだった当時、今のようにインターネットやパソコンは、広まっていませんでした。

ですが今は、オンラインで授業が受けられる、オンラインフリースクールがあるなど、不登校のお子さんでも、自分らしく愉しく生きていける道が、たくさんあります。

もしこのブログが、あなた様のお子さんの笑顔を取り戻すキッカケになれば、嬉しいです。

【現在について】

HSCやイジメ、学校(対人)恐怖症で不登校になっている子たちを専門に、オンラインフリースクールを運営しています。

【趣味】

■音楽(ピアノ歴30年以上、作曲もする。ドラムはプロドラマーとして、現在も地元でドラム講師を務める)

■お酒(ほぼ毎日。選ぶのが面倒な時はもっぱらビール)

■旅行(温泉が好き。絶景も好き。)

■動物(ミニチュアダックスと、拾った日本猫2匹と、金魚とエビ)

【オンラインフリースクールについて】

「子どもの不登校を解消したい」

「人や集団への恐怖心を、解消させたい」

「勉強の遅れを、解消したい」

とお悩みの保護者のために、

オンラインフリースクールを運営しています。

もしご興味ございましたら、こちらのウェブサイトをご覧ください。

オンライン・フリースクール【White school】の詳細はコチラ

ホームスクーリングを始めるには
オンラインフリースクール【White school】の代表講師GOをフォローする
不登校 ブログ – 子どもがHSCやイジメ、学校恐怖症で不登校になったら読むブログ「今日、何しよっか?」
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました