音楽で生計を立てるために、ネットで何をやったら良い?

マーケティングの基礎知識
無料メルマガ登録

音楽で、月収50万円を達成した事例

ネット集客で1億円以上を売った事例

音楽教室で、サクサク集客している事例

などなど、

当ブログの無料メルマガでは、音楽で生計を立てている、具体的な成功実例を大公開しています。

 

音楽で生計を立てたい音楽家の方に、お役に立つかと思います。

無料ですので、ぜひご登録ください。

音楽で生計を立てるために、ネットで何をやったら良い?

動画でご覧になりたい方は、コチラ!

こんにちは!

Kingdom of Blueの代表講師GOです。

 

さて、今回は「音楽で生計を立てるために、ネットで何をやったら良い?」

ということでお届けをしていきたいと思います。

 

音楽を続けていきたい!

でも、音楽で収入を得るのは難しい・・・

 

そんな時、「ネットで簡単に稼げる」といった情報を見つけて、

音楽以外で、ネットからの収入を得たいと考えている人もいるのではないかと思いますが、

今回はこういった、「ネットで収入を得るために、何をすればいいのか?」について、

具体的にご紹介をしていきたいと思います。

 

 

音楽家は、音楽で稼ぐ方が手っ取り早い?!

まず、良し悪しは別として、簡単か難しいか?でお答えしたいと思うのですが、

音楽家は、音楽で稼ぐ方がカンタンです。

 

「ええ?!」と驚かれるかもしれませんが、

アフィリエイトやネット通販など、インターネットを活用したビジネスを考えた時、

音楽家が、それをやるのは、いろいろ難しい点があるのです。

 

これは、私が自分自身で10年以上、

アフィリエイトやネット通販、サービス業を続けてきて、体験している事でもあります。

 

音楽家が、ネットビジネスで収入を得て、生計を立てたいなら、

楽器教室をするか、演奏活動、演奏依頼を受けるか、

この3つから選ぶか、あるいは組み合わせるのがオススメなのです。

 

プロ音楽家には、練習の時間が必要

音楽家がネットビジネスで稼ぐなら、

・楽器教室

・演奏活動

・演奏依頼

この3つを考えた方が良いというのは、どういうことか?

について、ご説明をしていきましょう。

 

 

そもそもプロの音楽家には、練習時間が必要です。

楽器の演奏スキルが、音楽家としての重要な価値ですので、

常に腕を磨き続けていなくては、なりません。

 

趣味で楽器をやるなら、そこまで練習は必要ないかもしれませんが、

プロとしてやる以上、腕を磨いて向上させていくために、

必ず、ある一定の練習時間の確保が、必要となります。

 

そういった、「練習時間が必要」という前提で、音楽以外でのネット収入・・・

たとえば、アフィリエイトやGoogleアドセンス、ネット通販、サービス業などなどを考えると、

どれも、練習時間の確保が、難しくなってくるのです。

 

時間が回らなくなるのですね。

もしあなたが、音楽で生きていくと決めているなら、音楽以外でやらない方がいいのです。

 

 

実は僕自身も一時期、アフィリエイトやネット通販、サービス業を立ち上げ、

それで生計を立てていた事がありました。

 

自分自身がネット集客やビジネス、経営を学ぶためにやっていたのですが、

とても楽器を練習する時間は、取れない状況でした。

 

収入を得るために取り組んでいる事業の方で、

ちょっとしたストレスがかかってしまう事もあります。

たとえば、お客さんからクレームがあったり、ですね。

 

お問い合わせがたくさん入って、

そちらにずっと時間を取らる事もあります。

 

音楽で生計を立てるということであれば、

最初から、音楽と自分の仕事を結び付けて、

ネット集客を進めていく方が、良いでしょう。

 

 

アフィリエイトやネット通販って、どうなの?

では、私自身がどうやってネットで稼いでいったのかというと、

2007年当時、音楽家のためのネット集客を教えてくれる先生は、一人もいませんでしたので、

自分で実際にやってみて、習得する以外になかったのです。

 

そこで最初に始めたのが、アフィリエイトです。

「片手間でできる」

「何もしないで収入が得られる」

という情報を得ましたので、試してみたのです。

 

結論から言うと、これは、音楽家が生計を立てていく上で、あまりオススメしません。

 

アフィリエイトで月収100万円を超えたという人は、私の友人知人にもいますが、

収入を安定させるのが難しいのですね。

突然、収入が大きく下がって消えていった人達も、多くいます。

 

当スクールでは、SEO対策の基礎もお教えしていますが、

アフィリエイトでしっかり収入を得たいとなると、

もう現在は、プロ級のSEOの知識が必要にもなってくるのです。

 

自分一人でやるのであれば、

投稿記事をしっかりと作り込んでいくなど、徹底的にやる必要があります。

 

では、それでアフィリエイト収入は安定するのかというと、そういう訳でもないのです。

 

アフィリエイトにとって重要な項目の一つは、アクセス数になるのですが、

基本的に、アクセスを増やすためには、検索結果での上位表示を目指す必要があります。

 

その、検索結果の順位を決めているのが、日本ではGoogleですね。

日本でのSEO対策は、イコールGoogle対策です。

 

そのGoogleが、「検索の順番を決めるルールを変更します」となると、

検索順位が、一夜にして変わってしまいます。

 

日本だと、YahooもGoogleの検索結果とほぼ一緒になりますので、

アフィリエイトで安定させるためには、Googleの動向を、しっかり追い続け、

Googleに合わせた対策を、続けていかないとダメなのですね。

 

もし一夜にして、検索結果で上の方にあったのが、下の方にいってしまうと、

翌朝からはアクセスが減って、同時に、収入が減ることになります。

 

つまりアフィリエイトは、収入を自分がコントロールするのが、非常に困難なのです。

 

プロのアフィリエイターは、収入を安定させるために、

普段から、色々な対策をやっています。

つまり、「放ったらかしで稼げる訳じゃないんだよ」というのが、実際のところなのですね。

 

それを音楽家がやると、練習する時間はほぼ取れないと考えていただいて、まず間違いありません。

それに、アフィリエイターの世界はライバルも多く、

収入の安定は、とても難しい領域なのです。

 

 

ネット通販などの物販って、どうなの?

もう一つのケースは、物販ですね。

ネット通販も、実際にやっていました。

 

ネット通販は、これから始めようという方でも、できなくは無いのですが、

やはり、楽器を練習する時間や、音楽活動の時間を取るのは、難しくなってきます。

 

家庭を持つレベルの収入を得ようとするなら、

ネット通販しながら、楽器の練習の時間も取るというのは、ほぼ不可能になるかと思います。

 

つまり、アフィリエイトやネット通販をやりながら、

音楽でも収入を得ていくというのは、ほとんど現実的ではないという事ですね。

 

時間も大変ですし、音楽で生きているという実感が、あまり感じられない状況になります。

私の場合は、だんだんと楽器が趣味になっていくような形になってしまっていました。

 

 

ですので、音楽で生計を立てるために、

まずネットで何をすれば良いのか?という問いに対する答は、

楽器教室か、演奏活動か、演奏依頼の3つの中から事業を組み立て、

そのための集客の手段として、ネットを使っていくのが良い、

ということになります。

 

 

楽器教室を始めて、ネット集客を始めるには?

まず音楽教室についてですが、

これは、「楽器を教える教室を作る」ということですね。

 

音が大きい楽器は、貸しスタジオを借りたりしてスタートするのが良いでしょう。

私の場合は、地元の自治会館を借りたりもしています。

 

レッスンのスタイルとしては、グループレッスンとしていますが、

最大で、同時に9名を教えています。

 

もし仮に、9名を1時間半を回して、一人4000円~5000円のレッスン料だったとすると、

1回で40000円前後の収入が入る事になります。

グループレッスンという形にすることで、自分も楽器を練習する時間を確保しつつ、

さらには、音楽活動もしならが、収入も安定させていく事が可能となるでしょう。

 

演奏活動で、ネット集客を始めるケース

演奏活動で収入を得ることも、ある程度は可能です。

ただこれは、収入を安定させるのに時間がかかります。

 

基本的には、ライブ収益で稼いでいくという形になりますね。

 

中には「Youtuberになって稼ぐのも良いのでは?」という方もおられるかもしれませんが、

収入の安定という面から見ると、なかなか収入をコントロールできない、という部分もあります。

たとえばYoutube側が「報酬額を下げます」と決めたら、それに従わざるを得ない、ということですね。

 

収益を安定させるポイントは、収入をコントロールできるかどうかです。

 

演奏活動で収益を得るには、まず自身の演奏のファンを増やして、信頼関係を作って、

ライブで収益を上げていくというのが基本となります。

 

ただし、やはり楽器教室と比べると、やや難しく、時間がかかるでしょう。

「教室をやりなら、演奏活動もする」という組み合わせが可能であれば、それがオススメですね。

 

 

演奏依頼で、ネット集客するには?

演奏依頼は、教室の次くらいにやりやすいビジネスモデルです。

 

結婚式などでの演奏依頼を受ける、というビジネスモデルですね。

最近は、手作りの結婚式も増えてきていますし、その中で「ライブ演奏をしたいから、プロの力を借りたい」

という事で、手伝ってくれるプロ演奏家を探している人もいます。

 

幼稚園や保育園から、演奏依頼が入るというケースもあります。

自分の楽器やジャンル、演奏スタイルに合わせて、どういう人がそれを求めるかを考え、モデルを作っていく訳ですね。

 

 

ネットで何をやったら良い?、まとめ

音楽家が、音楽で生計を立て、収益を安定させるという角度から考えると、

上にご紹介をしてきました。

・演奏活動

・演奏依頼

・楽器教室

の3つは、全てをやった方が良い、という事になります。

 

ムリにしなくてもいいのですが、3つとも全てをやると、

収入は非常に安定するでしょう。

 

ネット集客は、それらの全てに対応できます。

 

アフィリエイトや物販の情報は、ネットで調べるとたくさん出でくるのですが、

音楽家が、音楽で生計を立てることを考えるなら、オススメしません。

 

もちろん「自分は楽器を売りたい!」という方や、

「自分は演奏する技術や練習時間が無くなってもいい」という方は、

物販やアフィリエイトという方向に行っても、良いのですが、

そうでないなら、あまりオススメはできないという事ですね。

 

これまでに身に付けてきた、演奏のスキルを活かして事業を立ち上げ、

その集客の為に、ネットを使っていくというのが、良いでしょう。

 

 

無料メルマガ登録

音楽で、月収50万円を達成した事例

ネット集客で1億円以上を売った事例

音楽教室で、サクサク集客している事例

などなど、当ブログの無料メルマガでは、

音楽で生計を立てている、具体的な事例を大公開しています。

 

音楽で生計を立てたい音楽家の方に、お役に立つかと思います。

無料ですので、ぜひご登録ください。

マーケティングの基礎知識
Kingdom of Blue代表講師GOをフォローする
ネット集客 – 音楽で生計を立てたい音楽家のためのネット集客ブログ
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました