ネットワークビジネスと、ネットビジネスの違いって? – 音楽で生計を立てたい音楽家のためのネット集客講座

ネット集客の方法
無料メルマガ登録

音楽で、月収50万円を達成した事例

ネット集客で1億円以上を売った事例

音楽教室で、サクサク集客している事例

などなど、

当ブログの無料メルマガでは、音楽で生計を立てている、具体的な成功実例を大公開しています。

 

音楽で生計を立てたい音楽家の方に、お役に立つかと思います。

無料ですので、ぜひご登録ください。

ネットワークビジネスと、ネットビジネスの違いって?

動画でご覧になりたい方は、コチラ!

こんにちは!

Kingdom of Blueの代表講師GOです。

 

さて、今回は「ネットワークビジネスと、ネットビジネスの違いって?」

ということでお届けをしていきたいと思います。

 

 

ネットビジネスと、ネットワークビジネスは、全く違う!

ネットビジネスと、ネットワークビジネスについては、結構、一緒にしてしまっている人が多いのですが、

僕が「ネットビジネスをしている」というと、え?!ネットビジネス?!それって犯罪じゃ・・・?と言われることもあったりします(^^;;;)

 

言葉としては、「ワーク」があるかないかという違いしかなく、とても似た言葉として聞こえますが、

この部分について、誤解なきよう、解説をさせて頂きたいと思います。

 

とは言え、僕はネットワークビジネスについては、やった事がないので、そこまで詳しい訳ではないのですが、「ネットワークビジネス」は、基本的に、

「人と人をつなげていって、それをビジネスにしていく」

というイメージですね。

 

たとえば僕が、Aさんに化粧品を売ったとします。

売られたAさんは、「自分もその化粧品を扱おう!」ということで、それを別に誰かに売ります。

その際、Aさんは、利益の一部を僕にキャッシュバックする、といった仕組みですね。

 

このような感じで、自分の下ができて、さらに下ができて…と広がっていって、

上にいる人がより大きな利益を上げられる、という仕組みなのですが、

これは「ねずみ講」という犯罪になります。

(動画の中では、よく分からない…と言っていますが、改めて調べて、やはり犯罪だという事です。

「必ず儲かるから」といった形で自分の下に付かせる行為が、Wikipediaではクローズアップされていました)

ネズミ講 - Wikipedia

 

 

こういったように、人と人を繋げる中で利益を上げていこうというのが、ネットワークビジネスです。

 

ネットビジネスは、インターネットを活用するビジネス

それに対してネットビジネスは、

インターネットを事業に活用していきましょう、という意味になります。

全く違いますね(笑)

 

ネットワークを作って利益を出していきましょう、というネットワークビジネスとは、全く違います。

「インターネットを使って、事業を組み立てていきましょう」という意味になりますので、ネット通販やアフィリエイトなどが、これに該当します。

しかし現在では、楽器教室や演奏依頼の仕事であっても、インターネットで積極的に集客し、売っていくビジネスモデルを「ネットビジネス」と呼びます。

 

このように、すごく言葉が似ているので、「ネットビジネスやってます」というと、

それって犯罪のヤツ?と言われることもありますが、違うということですね(苦笑)

 

インターネットを積極的に活用して、ビジネスを組み立てていくという事で、

小資本で効率的に集客できるといったメリットがあります。

特に、ウェブサイトを持てば、セールス、マーケティング、クロージングを、インターネット上で行うことができますので、

正しく使うことで、しっかりと売上を出していける形を作ることが可能です。

 

ネットビジネスの具体例をご紹介

たとえば、音楽家の方で、仮にピアノなど演奏活動をしていたとします。

中には、パフォーマーとしてやっている方もいるかと思いますが、

そんな方がネットビジネスをするなら、まずは自分の情報を、ウェブサイトに掲載していって、

次に、SEOやSNS、PPCで集客をしていく、という形になります。

 

※PPCというのは、インターネット広告の一つです。

 

自分たちの活動や情報をウェブサイトで紹介していく訳ですが、

そこには、過去の実績なども紹介すると良いですね。

 

それによって、自分を必要としてくれる人が、自分を見つけやすくしていくのです。

ピアニストを探している人がいれば、その人に探してもらいやすくする訳ですね。

そうすることで、売れていくという事になります。

 

 

インターネットを活用して事業を組み立てていく形というのは、

今や音楽家に限らず、一般的なビジネスに広まっていっています。

多くの企業が、インターネットを活用しているのですね。

 

僕の起業家の知人友人で言うと、馬肉を販売されている方や、料理教室をされている方、

習い事教室、英会話スクールなどなど、色々な業種があって、

それぞれの事業で、インターネットを活用しています。

 

現在では、そういった「インターネットを事業に活用していくビジネスモデル」を全て、ネットビジネスと呼んでいます。

 

音楽家の方が音楽教室を開くにしても、演奏依頼を受ける仕事をするにしても、

インターネットでお客さんや生徒さんを集めていくのが、ネットビジネスだという事になります。

 

 

今回のブログのまとめ

僕はネットビジネスの事を、特に「ネット集客」と呼んでいるのですが、ネットビジネスと言ってもさほど変わりはありません。

ただ、ネット集客というのが、音楽家が音楽で生計を立てる上で、とても重要なスキルということで、ネット集客と呼ぶようにしています。

 

先ほどもご紹介をしましたが、インターネットを活用するのがネットビジネスということで、

アフィリエイトといったビジネスも、ネットビジネスになります。

特にアフィリエイトは、完全にインターネットのみで完結するモデルです。

店舗を構えたりといった、お客さんとの直接のやり取りもありませんし、インターネットだけで完結するという事で、一時期はとても注目されましたね。

 

さて、今回の内容をまとめると、ネットワークビジネスというのは、人と人を繋ぎ、自分の下に付く人を多く増やすことで、その中で利益を上げるモデルということで、

これは、犯罪になってしまいます。

 

それに対して、お客さんを集めたり、ビジネスの内容を知ってもらうなど、自分が行っている事業を進めていく中で、

積極的にインターネットを活用していこう!というのが、ネットビジネスとなります。

 

インターネットビジネスには、音楽家が音楽で生計を立てていく上で、メリットがとても多くあります。

それらについては、また別のブログでもご紹介をしていきたいと思いますが、

まず、「ネットビジネスは、犯罪ではない」ということを、ご理解いただければと思います(笑)

 

 

 

無料メルマガ登録

音楽で、月収50万円を達成した事例

ネット集客で1億円以上を売った事例

音楽教室で、サクサク集客している事例

などなど、当ブログの無料メルマガでは、

音楽で生計を立てている、具体的な事例を大公開しています。

 

音楽で生計を立てたい音楽家の方に、お役に立つかと思います。

無料ですので、ぜひご登録ください。

ネット集客の方法
Kingdom of Blue代表講師GOをフォローする
ネット集客 – 音楽で生計を立てたい音楽家のためのネット集客ブログ

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました