楽器教室 集客 – 楽器教室の集客について、まずは知っておきたい3つの基本を解説

楽器講師のためのネット集客
この記事は約7分で読めます。

楽器教室 集客 – 楽器教室の集客について、まずは知っておきたい3つの基本を解説

今回ブログを動画でご覧になりたい方、もしくは耳でお聴きになりたい方はコチラ

楽器教室の集客について、まずは知っておきたい3つの基本を解説

こんにちは。

これからも楽器で仕事を続けていきたい楽器講師専門のウェブパートナー、GOです^^

今日のテーマは、

まずは最初に知っておきたい、集客の基本の知識

です。

 

集客…と聞くと、おそらく多くの方が、大小の差はあるかと思いますが、

ちゃんと集客できるのかな…

といった不安をお感じになられるのではないかと思います。

 

ぼく自身について言えば、集客というのはこれ以上ないくらい、ものすごく不安でした(笑)

それまで、ドラムやピアノ、作曲などなど、音楽しかやってきた経験がなかったからです。

 

集客と言えば、文化祭といったイベントの際、

「美味しいタコ焼きですよー」

と、声を出すくらいのことしか思いつかない…というレベルです。

 

高校時代、ブラスバンド部で学生指揮者を担当していましたが、

その時もかなり不安とプレッシャーがありました。

ですが集客については、それ以上の不安があったのですね。

 

その時に役に立つのが、今回みなさんと一緒に考えてみたい、

集客の基礎知識

ではないかと思います。

 

集客についての基礎知識を知っているのと、知っていないのとでは、

まず最初のスタート地点から、ずいぶんと気持ちの状態が違います。

 

集客の基礎知識を知っている人は、

「何をすれば良いのかはイメージできるけど、上手くできるかが不安」

でも、集客の基礎知識を知らない人は、

「何をしたらいいのかイメージができなくて、不安」

 

この差は、天と地ほどの開きがあると感じています。

 

楽器教室のための、集客の3つの基礎知識

それでは、楽器教室の集客について、3つの基礎知識を見ていきましょう。

3つの基礎知識というのは、

1.短期か?長期か?

2.引く時と、押す時

3.普遍的な対策と、トレンディな対策

この3つとなります。

 

1.短期か?長期か?

まず一つ目の集客の基礎知識は、短期か?長期か?という点です。

これは一体、どういう事なのかというと、

短期間で、まとまった生徒さんの数を集客するのか?

長期間で、まとまった生徒さんの数を集客するのか?

このどちらの方向で集客をしていくのかによって、対策が変わっていきますよ

といった内容となります。

 

短期間というのは、ざっくりと3ヶ月から6ヶ月というイメージです。

長期間というのは、1年以上という感じで大丈夫です。

 

そして、楽器教室の場合は、「長期間で、生徒さんが集まっていけばいいかなぁ」

という方向性でいくなら、

ホームページを持つ

Googleマイビジネスに登録する(住所を登録)

この2つをやっておくことで、後は何もしないでもおそらく勝手に集まります(笑)

 

もちろん中には、1年やっても2年やっても、なかなか集まらない!

というケースもあるかと思います。

その場合は、まずホームページとGoogleマイビジネスが正しく使えているかどうかに加えて、

この後にご紹介する、残り2つの基本を押さえていただければ、ほぼほぼ大丈夫かなと思います。

ですが、短期間でまとまった数の生徒さんを集客したいとなると、全く話が変わってきます。

 

短期間で集める場合、いかにライバルが現れにくく、

比較的、集客がしやすいと言われる楽器教室の世界であっても、ある程度は動く必要が出てくるためです。

 

具体的な動きとしては、

楽器教室のホームページを作り、それをSNSで拡散、シェアしてもらう

口コミがされやすいように、口コミのフレーズを用意する

チラシ・ポスティング

Googleマイビジネスに登録し、内容を一気に充実される

既存の生徒さんがおられる場合は、紹介キャンペーンなどを行う

SEO対策のためのブログを投稿する

無料体験レッスンなど、入ってもらうきっかけについてキャンペーンを行う

といった動きをしていく事になります。

 

これは、しっかりと準備をしていればしている程、上手くいきやすくなります。

 

2.引く時と、押す時

2つ目の基本は、引く時と、押す時がある、という点です。

 

集客はよく、

お客さんの立場になって考えてみましょう

といった事が言われますね。

 

ぼくはビジネスを始めた当初、「お客さんの立場と言われても…」と、よく分かっていませんでした(笑)

 

お客さんの立場というのを、「楽器教室の集客」という面から見ると、

教室を探しているんだ!といった温度感の人には、ある程度は押す方向で考えてみる

楽器やってみたいとは思うよねぇ…といった温度感の人には、引く方向で良い

といったイメージとなります。

 

「押す方向」というのは、「わたし、楽器教室をやっているよ!ただいま、生徒さん募集中です!」

といったように、積極的に情報を伝えていく、という形です。

ビジネスの専門用語では、「プッシュ型の集客」といった言葉で表現されたりしますね。

 

それに対して「引く方向」というのは、「わたし、楽器教室やっているよ!気になったら見てみて」

といったように、「必要になったらまぁ、見てみてよ」といった形を言います。

プッシュ型に対して、プル型の集客といったります。

 

インターネット集客で言うなら、SEO対策と呼ばれる手法は、プル型ですね。

SNSで積極的に拡散する手法は、プッシュ型と言えるかなと思います。

 

この際に重要なのが、まさに「お客さんの立場」なのです。

 

たとえばあなたがピアノ教室をされていて、目の間に、

「ピアノ教室をものすごく探しているんです!!」と困っている人がいたとして、

「私、やってますよ」と、プッシュ型で集客をしなかったら、相手は「なんで教えてくれないの?!」となってしまうかもしれません。

 

逆に、「ピアノ…まぁ、習ってみたいとは思うけど」という人に、「私、やってますよ!入ってください!」と、プッシュ型で行くと、

「いやぁ…まぁ、考えるね」と、ちょっと相手が引いてしまうかもしれません。

 

引く時と、押す時。

この見極めをするのに重要なのが「お客さんの立場」と言えるかもしれませんね。

 

3.普遍的な対策と、トレンディな対策

3つ目の基本は、敷衍的な対策と、トレンディな対策についてです。

トレンディというのは、トレンディエンジェルの斎藤さんだぞ!ではありません(笑)

 

「流行の」といった意味の言葉ですね。

 

この、普遍的か?トレンディか?というのは、

特にインターネット集客を考える時に、大切な考え方です。

 

集客の方法には、

昔からずっと有効で、これからも有効である可能性が高い「普遍的な対策」

今、流行っているからこそ有効な「トレンディな対策」

と、大きく分けて2つの方法があるのですね。

 

普遍的な対策として今も有効とされており、これからも有効である可能性が高いのは、

ホームページを持つこと

SEO対策

メールマガジンなど個別のメッセージ送信

といった方法です。

 

それに対して、トレンディな対策は、昔で言えばMixiなどのSNS。

今なら、InstagramやclubhouseといったSNSもトレンディだと言えるでしょう。

 

トレンディな集客は、爆発力がありますが、流行が過ぎる極端に難易度があがります。

普遍的な集客は、地味ではありますが、長期間にわたって有効です。

 

この2つをバランスよく取り入れていくのが重要、という事になってきますね。

 

今回のまとめ

今回は、楽器教室の基本という事で、お届けをしてみました。

 

基本を知ることで、不安の意味合いが変わったり、精神的にも良い状態で、

じっくりと進められるようになる場合もあるのかなと思います。

 

それでは、今日も顔晴っていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
プロフィール
この記事を書いた人
楽器講師専門ウェブパートナーGO

【記事を書いた人のプロフィール】

★ドラム歴25年以上(プロドラマー/ドラム講師)

★ピアノ歴35年以上(趣味)

★作曲歴30年以上(趣味)

★インターネット集客10年以上(SEO対策、ネット集客の専門家)

★マーケティングウェブデザイン(ワードプレスでのウェブサイト作成の専門家)

■「楽器だけでは生活が大変」と感じ、2007年からインターネット集客を学び始める。

■インターネット集客やインターネットマーケティングを10年以上かけて学び、1億円以上の売上を達成したあと、それらのビジネスを全て手放し、再び音楽の世界へ。

■4~5時に起きて、6畳一間の部屋で一人、お昼まで仕事をして、午後は練習をしたり飲んだり…という生活を10年以上、続けている。

■ずっと家で仕事をしているので、半分くらい主夫状態。育児や家事が日常。

■お昼寝のあと、子ども達と散歩に行くついでにビールを買うのが最近のルーティン。知らない間に子ども達が、キリン、アサヒ、サッポロ、サントリーのブランド名を全部覚えてしまった。

楽器講師専門ウェブパートナーGOをフォローする
楽器講師のための、楽器講師が作るホームページ・サポート

楽器講師のためのネット集客
楽器講師専門ウェブパートナーGOをフォローする
ダル・セーニョ – ずっと楽器を続けたい楽器講師のための「ネット集客」情報ブログ
タイトルとURLをコピーしました