楽器教室 集客 – 楽器教室の集客のためにやっていきたい3つの対策について

楽器講師のためのネット集客
この記事は約7分で読めます。

楽器教室 集客 – 楽器教室の集客のためにやっていきたい3つの対策について

今回のブログを動画でご覧になりたい方、もしくは耳でお聴きになりたい方はコチラ

楽器教室の集客のためにやっていきたい3つの対策について

こんにちは。

これからもずっと楽器で仕事をしていきたい楽器講師専門のウェブパートナー、GOです^^

今回は、楽器教室を開いている楽器講師の方のために、集客についてご紹介をしてみたいと思います。

特に今回は、スキルや知識といった面ではなく、少し心構えといった部分についてもお伝えをしてみたいと考えておりますので、

「集客」という言葉そのものに、ちょっと抵抗感や躊躇のある楽器講師の方

集客について考えているけど、何をどうすれば良いのか分からない方

ネガティブな情報や意見に触れた時に、少し自分の心がぐらついてしまう方

このように感じる楽器講師の方向けに、集客のための対策をお伝えしてみたいと思います。

 

対策1.集客をしないと迷惑?ビジネス目的で行動する事は、生徒さんに安心感を与えます

ぼく自身も昔、そうだったのですが、「集客」や「ビジネス目的での活動」ということに、

大きな抵抗感を感じていました。

なんとなく、「ビジネス目的で音楽をやるなんて!」という意識があったのですね(笑)

 

ですが今は、そのような抵抗感や躊躇はありません。

 

その理由は、

集客をしない、というのは余計に迷惑になる

ビジネス目的でなければ、不安を与える

という事を知ったからです。

 

その理由について、ご紹介をしていきたいと思います。

 

楽器教室の集客は「ずっと探してたんですよ…」という方のため

楽器を習いに来る生徒さんの中には、本当にその楽器が大好きで、

もっともっと上手になりたい!という方もおられます。

 

ですがなかなか、自分に合った教室がなかったり、

あるいは、より自分に合う教室が存在するにもかかわらず、その教室が集客をしていないため、

気が付かずに、自分に合わない教室に通い続けている方も、おられるのです。

 

もし、あなたの楽器教室に通うことで、より楽器が好きになって、より演奏が楽しくなる未来があるのに、

あなたの教室を知らないがために、ちょっと合わない先生の元で楽器を習っていて、

 

「楽しさが無くなってきたな・・・もうやめちゃおうかな・・・」

となっていたとしたら?

 

集客をしないというのは、実はそういう可能性もあるのですね。

 

ビジネス目的じゃないとしたら、一体なにを目的にしているの?!

見返りを求めない…というのは、実はとても不安な面もあります。

たとえば、あなたにすごく親切にしてくれる異性がいたとして、

その目的が何か分からないとします。

これ、すごく不安ではありませんか?(笑)

 

何の見返りも求めずに、真っ当なことをやり続けるのは、素晴らしい事です。

ですが、それは「見返りを求めないでやっている、という見返り」がある訳です。

 

たとえば、「見返りを求めないでやる自分が、とても心地よく感じる」といった、

精神的な見返りを得ていたりする、ということです。

あるいは、それがすごく楽しいから!という事でやっている方も多くおられますね。

 

それはとても素晴らしい事ですが、分からない人にとっては少し不安もあります。

そうすると、

しっかりとレッスン料を設定して、積極的に集客をして、ビジネスとして楽器教室をやっている

というのは、とても分かりやすいと言えます。

 

実際に、大手の楽器教室は、株式会社としてビジネス活動をされています。

そういった会社は、利益を出さないと、従業員にお給料を支払えません。

ですので、がっつりとビジネス活動として楽器教室をやっていますね。

 

そして、それが分かりやすいからこそ、生徒さんも安心して申し込みができるのです。

レッスン料も取らずにやるなんて・・・よほど教えるのが好きなのかしら。あと、ちゃんと教えてくれるの・・・?

ビジネスとして活動をしないと、逆にこういった不安を与えてしまう事もある、ということですね。

 

対策2.これからの楽器講師は、より楽器の指導スキルと演奏スキルの向上がポイントになります。

楽器講師の方にとって重要なスキルは、主に2つです。

教えるスキル

演奏スキル

この2つですね。

 

そして、「教えるスキル」は、楽器教室の生徒さんの継続率につながってきます。

「演奏スキル」は、楽器教室の集客力につながってきますね。

 

これからの楽器教室の運営を考えていくにあたって、基本となるのは、

インターネット検索で、たくさんの情報を持っている人が、すごく増えている

という点です。

 

これがちょっと昔だったら、「演奏が上手!」というだけで生徒さんが集まってきました。

ですが今は、多くの方がインターネットで情報を得られるようになっています。

 

そうすると、

演奏が上手だからと言って、教えるのも上手いとは限らない

という事くらい、みなさんもう知っているのですね。

だから、演奏が上手!というだけで生徒さんが集まってきません。

 

更に、

演奏のレベルは一般のプロレベルだけど、教えるのがバツグンに上手い

となると、多くの生徒さんが集まってきます。

 

ポイントは、今の時代はみんなが多くの情報をインターネットで得ていて、

より事実に近い情報を持っている人が増えている、という点です。

 

そうすると、楽器教室を運営するにあたって、楽器講師の方がやっておきたい集客の対策は、

教えるスキルを伸ばす事

演奏スキルを伸ばす事

この2点という事になります。

 

教えるスキルや演奏スキルは、動画ととても相性が良いですので、

Youtubeに演奏レッスン挿画をアップされている先生の所には、生徒さんが集まりやすいですよね。

 

対策3.ご自身のホームページを作って、想いやエネルギーをネット上に流していく

インターネット上には、いろんな意見を持っている人がいます。

中にはネガティブな意見を発信している方もおられますし、本当に様々です。

 

そんな中で、

自分に合った人を集めることができる最強のツールが、ホームページ

なのですね。

 

無料のホームページ作成サービスではなく、ワードプレスで作ったあなた自身のホームページ。

これは、あなたの持つお人柄や想いを、しっかりとホームページ上で表現できるようになります。

 

そうすると、あなたのお人柄や想い、考え方に合う人が集まってくるようになるのですね。

 

これは少しイメージをしてみると分かりやすいかと思います。

たとえば、あなたがご自身のホームページで、いろんな想いを表現したり、

お人柄が伝わるような写真、文章を載せていたとします。

 

それを読んだ人が、

すごくポジティブで、明るい先生だなぁ!

と感じたら、どうなるでしょうか?

 

同じようにポジティブで明かる人が集まるようになり、

逆に、ネガティブな人や、あなたにあまり合わないと感じた方は、まず申し込むことはありません。

 

結果的に、自分と近い考えや想いの生徒さんが集まるようになりますので、

自分自身も楽しく、楽器講師を続けていく事ができるようになるのですね。

 

今回のブログのまとめ

今回のブログでは、楽器講師の方のための集客の対策について、

3つの対策をご紹介してきました。

 

1つ目は、ビジネス目的で集客をする考え方です。

集客しない事によって起こる生徒さんのお話と、見返りがないことの不安について、

お伝えしましたね。

 

2つ目は、教えるスキルと演奏スキルです。

インターネットで誰もが多くの情報を調べる時代となり、

「演奏が上手いからといって、教えるのも上手いとは限らない」

といった、リテラシーの高い方が増えてきているという状況があります。

 

3つ目は、ホームページです。

ご自身に合った方を集めやすくなり、

逆に、合わない方はあまり入らないようになる、

といったことがありました。

 

なにかご参考になれば幸いです。

それでは今日も、顔晴っていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
プロフィール
この記事を書いた人
楽器講師専門ウェブパートナーGO

【記事を書いた人のプロフィール】

★ドラム歴25年以上(プロドラマー/ドラム講師)

★ピアノ歴35年以上(趣味)

★作曲歴30年以上(趣味)

★インターネット集客10年以上(SEO対策、ネット集客の専門家)

★マーケティングウェブデザイン(ワードプレスでのウェブサイト作成の専門家)

■「楽器だけでは生活が大変」と感じ、2007年からインターネット集客を学び始める。

■インターネット集客やインターネットマーケティングを10年以上かけて学び、1億円以上の売上を達成したあと、それらのビジネスを全て手放し、再び音楽の世界へ。

■4~5時に起きて、6畳一間の部屋で一人、お昼まで仕事をして、午後は練習をしたり飲んだり…という生活を10年以上、続けている。

■ずっと家で仕事をしているので、半分くらい主夫状態。育児や家事が日常。

■お昼寝のあと、子ども達と散歩に行くついでにビールを買うのが最近のルーティン。知らない間に子ども達が、キリン、アサヒ、サッポロ、サントリーのブランド名を全部覚えてしまった。

楽器講師専門ウェブパートナーGOをフォローする
楽器講師のための、楽器講師が作るホームページ・サポート

楽器講師のためのネット集客
楽器講師専門ウェブパートナーGOをフォローする
ダル・セーニョ – ずっと楽器を続けたい楽器講師のための「ネット集客」情報ブログ
タイトルとURLをコピーしました