楽器 オンラインレッスン – 楽器教室をオンラインレッスン化する時の【意外な3つのポイント】を解説

楽器講師のためのネット集客
この記事は約7分で読めます。

楽器教室をオンラインレッスン化する時の【意外な3つのポイント】を解説

こちらのブログを動画でご覧になりたい方、もしくは耳でお聞きになりたい方はコチラ。


こんにちは、GOです。

さて今日は、楽器教室をオンラインレッスン化する方法について、

「そこが大事なの?!」と感じた、意外な3つのポイントをご紹介させていただければと思います。

 

この2020年は、コロナウィルスの影響を受けて緊急事態宣言が出されるなど、

これまでに体験したことのない出来事が、たくさん起こりました。

3月から4月にかけて、レッスンが全てキャンセルになってしまった楽器講師の方も、多かったのではないかと思います。

そんな大きな時代の変動の中で、「オンラインレッスン化」というのが注目されていますね。

実際に、お料理教室や手芸関係の教室の多くが、この1年間でオンラインレッスン化にチャレンジをされています。

英会話教室や塾といった分野では、すでに以前からオンライン化が進んでいましたが、今年に入ってより加速をしていますね。

 

それではまず最初に、楽器教室をオンラインレッスン化させるために、最低限、これはやっておかなくちゃいけない、といった基本対策からチェックをしていきましょう。

その上で、「意外な3つのポイント」について、ご紹介をしていきたいと思います。

 

楽器教室をオンラインレッスン化させるために、最低限やらないといけない5つの対策

楽器教室をオンライン化させるために、最低限、これだけはやっておかないと大変…と言う対策は5つあります。

簡単にサクッと見ていきましょう。

1.ウェブサイトを持つ

ご自身でレンタルサーバーやドメインを取得して、ワードプレスを使った「自分の教室のウェブサイト」は、最低限、必要です。

教える先生側がオンライン化する…という事は、選ぶ方もオンライン化しますね。

その際、

・Facebookしかやっていない

・アメブロしかやっていない

・Instagramしかやっていない

あるいは、

・Youtubeしかやっていない

となると、信頼度が低いのです。

 

「この先生、本当に大丈夫かな…」となって、申し込まれにくくなるのですね。

 

2.楽器の手配

楽器を持っていない生徒さんもおられますので、

月額のレンタル楽器などの案内も、必須となります。

この部分は、楽器教室のオンライン化で難しい課題の一つとなります。

 

3.音を出せる環境

生徒さんが、ちゃんと音を出せる環境であることも、重要ですよね。

中には、生徒さんにレンタルスタジオに入って頂くケースもあります。

 

4.クリアな音声環境

少なくとも楽器講師側は、音がちゃんと相手に届くように、

音質の良いマイクを用意しておく必要があります。

 

もちろん、生徒さん側にも良いマイクを使っていて欲しいのですが、

それは、iPhoneなどのスマホでもある程度は分かる部分もありますので、

まずは楽器講師側が、良いマイクを用意しておきましょう。

 

5.レッスン料金の設定

こちらも最低限の準備の一つですね。

少なくとも、対面レッスンと同じ価格帯だと、厳しい状況になるかと思います。

かといって、あまりに安すぎても、今度は先生側が大変になってしまいます。

 

対面レッスンの時よりも、30~50%ほど安い価格が良いとされていますが、

オンラインレッスンでグループレッスンを組むと、同時に100人でも200人でも、

場合によってはレッスンが可能となります。

 

ですので、最適な料金を探っていく必要もあります。

 

まずは最低限の部分をチェックしていきましょう。

 

 

楽器教室のオンライン化、意外な3つのポイントとは?

それではここから本題です。

1.ウェブサイトの用意

2.楽器の手配

3.音が出せる環境

4.マイクの温室

5.レッスン料金

これらの基本的な最低限の準備ができたら、次にこの「意外な3つのポイント」を見ていきましょう。

 

この3つのポイントができていないと、生徒さんが静かに離れていく結果にもなりかねませんので、一度、チェックされるのが良いかなと感じています。

 

1.映像の画質

最も多くの楽器講師の方が「ええ?!意外・・・」と驚かれるのが、この「画質」です。

 

楽器教室をオンライン化する上で、楽器講師の方の多くが、

音声には気を遣うのですが、映像に気を遣わない方もおられたりするのですね。

 

といっても、そこまで高いカメラは必要ありません。

3000円や5000円くらいの、パソコン用のカメラをご用意いただければ大丈夫です。

特に、最近のカメラはとても良くできていますので、驚くほど画質が良くなります。

 

ノートパソコンの内蔵カメラを使っている方などは、

随分と画質がアップするのではないかなと思います。

 

なぜ映像の画質を良くしなければいけないの・・・?というと、

これには大きく2つの理由があります。

まず1つ目の理由は、生徒さんが先生の手元や口元をよく見ようとしている場合もあるから、です。

 

歌のレッスンであれば、口元や喉、胸や肩、お腹の動きを見る生徒さんもおられます。

ギターであれば、指だけではなく、腕や肩を見たりもしますね。

ピアノやドラム、フルート、サックスといった他の楽器でも同じです。

生徒さんは、音を聴いているだけではなく、動きも見ている場合があるので、

それに対応するという事ですね。

 

もう一つの理由は「品質」です。

これはシンプルに、画質がキレイな方が、なんだか良い教室のように見えるからです。

 

楽器講師の方によっては「中身で勝負!」という方もおられるかと思いますが、

実は中身で勝負をしているのは、どんな楽器講師の方も同じなのですね。

そもそも中身がダメなのに勝負しようとする方が、ちょっとオカシイ訳です。

 

中身が同じなら、外見も良い方が選ばれる、ということですね。

 

2.カメラの数

楽器のレッスンでは、実際に出ている音はもちろんですが、

動きも重要な練習ポイントになる場合があります。

 

ピアノを例にとって考えると、まずは指の動き。

それに加えて、腕や肩、背筋の姿勢なども、生徒さんにとっては学びとなりますね。

それを、引いたカメラ1台で撮っていると、指先の動きが見えにくく、

指先のズームだけ撮っていると、全体が分かりません。

 

だから、複数のカメラで、

いくつかのポジションを見てもらえるようにしておく方が、生徒さんにとって選ばれやすくなります。

 

3.インターネットの環境

これも意外だと思われるポイントの一つですが、やはり、wifiは必須と考えておく方が良いでしょう。

今では改善をされているかと思いますが、ZOOMを使ったオンラインレッスンで、

通信環境が不安定になったために、途中でレッスンを中断したというケースも、以前にはありました。

 

これが無料体験レッスンならまだマシですが、レッスン料金をいただいている場合、

それが途中で切れてしまうというのは、やはり生徒さんにとって残念な結果となってしまいます。

 

ご家庭にwifiを引いておらず、4Gといった場合には、

通信環境を整えておくのも、楽器教室をオンライン化する上で一つのポイントとなります。

 

今回のブログのまとめ

さて今回は、楽器教室をオンライン化する上での、意外なポイントを3つ、

ご紹介をさせていただきました。

 

まとめると、

カメラの画質をアップさせる

複数のカメラを使う

通信環境を良くする

この3つとなります。

もちろん、それ以前のポイントとして、最低限クリアしておく部分もあるのですが、

それに加えて、この3つのポイントも押さえていただく事で、

よりオンラインレッスン化について、良い状態にしていけるのではないかなと思います。

 

プロフィール
この記事を書いた人
楽器講師専門ウェブパートナーGO

【記事を書いた人のプロフィール】

★ドラム歴25年以上(プロドラマー/ドラム講師)

★ピアノ歴35年以上(趣味)

★作曲歴30年以上(趣味)

★インターネット集客10年以上(SEO対策、ネット集客の専門家)

★マーケティングウェブデザイン(ワードプレスでのウェブサイト作成の専門家)

■「楽器だけでは生活が大変」と感じ、2007年からインターネット集客を学び始める。

■インターネット集客やインターネットマーケティングを10年以上かけて学び、1億円以上の売上を達成したあと、それらのビジネスを全て手放し、再び音楽の世界へ。

■4~5時に起きて、6畳一間の部屋で一人、お昼まで仕事をして、午後は練習をしたり飲んだり…という生活を10年以上、続けている。

■ずっと家で仕事をしているので、半分くらい主夫状態。育児や家事が日常。

■お昼寝のあと、子ども達と散歩に行くついでにビールを買うのが最近のルーティン。知らない間に子ども達が、キリン、アサヒ、サッポロ、サントリーのブランド名を全部覚えてしまった。

楽器講師専門ウェブパートナーGOをフォローする
楽器講師で集まってリモート演奏


生徒さんに、元気と楽しみ、想いを届けませんか?

【公式メンバーを募集中です^^】

楽器講師で集まってリモート演奏!の公式メンバーを募集しています。

・管楽器
・弦楽器
・鍵盤楽器

の楽器講師の方は、ぜひお気軽にご参加ください。

公式メンバーへの加入は【無料】です。

【ご参加のメリット】

生徒さんへ想いを届けることで、レッスンの継続率がアップする傾向があります

シェア、拡散されることで、新規の生徒さんがアップする傾向もあります

何より、愉しいです(笑)

Facebookグループはコチラ

楽器講師のためのネット集客
楽器講師専門ウェブパートナーGOをフォローする
ダル・セーニョ – ずっと楽器を続けたい楽器講師のための「ネット集客」情報ブログ
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました