楽器教室 コロナ 現状 – オンラインレッスンに取り組む楽器教室、明暗を分けるのは「考え方」

オンラインレッスンのやり方
この記事は約9分で読めます。

楽器教室 コロナ 現状 – オンラインレッスンに取り組む楽器教室、明暗を分けるのは「考え方」

今回のブログを動画でご覧になりたい方、もしくは耳でお聴きになりたい方はコチラ

オンラインレッスンに取り組む楽器教室、明暗を分けるのは「考え方」

こんにちは。音楽教室専門のウェブサポートを行っております、GOです。

さて今回は、オンラインレッスンに取り組む楽器教室について、明暗を分ける「考え方」を、お伝えをしてみたいと思います。

 

2020年に、新型コロナウィルスによる緊急事態宣言が出されてから、

レッスンがほぼ全てキャンセルとなってしまったり、その後も対面レッスンが減るなど、

2020年という年は、楽器教室にとって大きな変革が迫られた1年だったのではないかと思います。

 

そんな中で、「これはオンラインレッスンに移行しなければ」ということで、

オンラインレッスンに本格的に取り組み始めた楽器教室の先生も、多かったのではないでしょうか。

 

楽器のレッスンというのは、オンライン化するのがとても難しい分野の一つです。

実際にオンラインレッスンに取り組まれた楽器教室の先生方の中にも、

「生徒さんが楽器を持っていない」

「生徒さんが防音環境ではないので、音が思い切り出せない」

「通信環境の違いで、早送りみたいになってしまったりする」

「音圧が自動で修正されたり、ノイズ扱いされて、生徒さんの音が途切れる」

「お互いが同時に話し始めると、何も分からなくなる」

「高齢の方は、オンラインレッスンという言葉に抵抗を感じられる方が多い」

「子どもにスマホやタブレットを触らせるのを躊躇する保護者の方もおられる」

などなど、主に、

 

楽器の演奏そのものについての課題

通信環境・コミュニケーションについての課題

オンラインへの意識や印象、メリットについての課題

こういった課題について、悩まれているのではないかと思います。

 

それに何より、

「オンラインレッスンに対して、手応えが感じられない」

といった、何だかモヤモヤとされた状態の先生方も、多いのではないかと思います。

 

そうすると、

「レッスン料金を下げないといけないかな…」

「もっとメリットを伝えないと…でも売り込みみたいになってしまう」

「もう楽器講師そのものをやめなくちゃいけないのでは…」

このような苦しい状況になってしまいます。

 

この状態を解消するために、最も重要な事は何か?というと、それこそが「考え方」なのですね。

考え方を変えると、現実が一瞬にして変わります。

オンラインレッスンについて、ちょっと違う角度から見てみましょう

道具には何にだって、『得意なコト』と『ニガテな事』がありますね。

たとえば、グランドピアノとアップライトピアノ。あるいは、生のピアノと電子ピアノ。

それぞれに『得意なコト』と『ニガテな事』があります。

 

ピアニストであれば、そういったそれぞれの楽器の特徴や、得意な部分をよく理解して、

それを活かすように演奏をされているのではないかと思います。

 

ぼくもプロドラマー/ドラム講師として、

『フルセット』『コンパクトな生ドラム』『電子ドラム』の3種類ほどの楽器を、

それぞれの得意なコトが活きるように、使っています。

 

その考え方と同じように、「対面レッスン」と「オンラインレッスン」では、

それぞれ『得意なコト』と『ニガテな事』があるのです。

 

つまり、

対面レッスンをそのままオンラインレッスンに持ってこようとするのは、グランドピアノでできる事を、そのまま電子ピアノに求めるようなイメージ

だという事ですね。

 

ですので、手応えが感じられないのは、ある意味では当然なのかもしれません。

 

では、オンラインレッスンの『得意なコト』って一体なに?というと、

まず、オンラインレッスンを大きく二つに分ける事で、分かりやすくなります。

 

【オンラインレッスンを大きく二つに分けると…】

1.リアルタイムによるオンラインレッスン

2.リアルタイムではないオンラインレッスン

この2つです。

 

それぞれ、得意なコトが違いますので、分けて見ていきましょう。

 

リアルタイムでのオンラインレッスンが『得意なコト』は?

それではまず、リアルタイムでのオンラインレッスンが『得意なコト』から見ていきましょう。

 

具体的な例を挙げてみた方が分かりやすいと思いますので、

3つほど、具体例をご紹介いたします。

音楽理論や、楽器のメンテナンス、取り扱いなどなどの座学を教えるのに向いている!

生徒さんからのお悩みや、相談についてのアドバイスするのに向いている!

生徒さん同士で集まって横のつながりを作るなど、コミュニティ運営に向いている!

これらは、ZOOMやSkypeを使った、リアルタイムでのオンラインレッスンに向いています。

つまり、先生としても手応えを感じやすく、生徒さんも満足度が高くなるケースが多い、

という事になりますね。

 

リアルタイムではないオンラインレッスンの『得意なコト』は?

そもそも「リアルタイムじゃない、オンラインレッスンって、何!?」という楽器講師の方も、

おられるのではないかと思います。

 

そこでまずは、リアルタイムではないオンラインレッスンが一体何か?という事を、ご紹介いたします。

と言っても、全くムズカシイ話ではありません。すでにみなさんもよくご存じです。

【リアルタイムではないオンラインレッスン】

1.録画した動画によるレッスン
昔からある教則ビデオもそうですね。今だったら、Youtubeに無料講座としてアップしている方もおられます。

レッスン料をいただいている生徒さんには、一人一人に合わせた個人動画レッスンをお送りすることもできますね。

2.録画してもらった動画へのアドバイス
生徒さんが演奏されている様子を動画で撮影したものを送ってもらい、その動画に対して先生がアドバイスをする形です。

アドバイス形式は、メールなどの文字によるアドバイスと、動画メッセージによるアドバイスがありますね。

 

これらが、リアルタイムではないオンラインレッスンという事になります。

そんな、リアルタイムではないオンラインレッスンの『得意なコト』は、

練習方法など、座学以外のテクニックや練習方法を伝えやすい。

何度でも繰り返し見ることができるので、学びやすい。

演奏を録画してもらえば、繰り返し見ることができるので、アドバイスがしやすい。

これらが、リアルタイムではないオンラインレッスンの得意なコトです。

こちらも同じく、生徒さんの満足度がアップしやすいですし、楽器講師の先生方も手ごたえを感じやすいですね。

 

オンラインレッスンは、考え方が変わる事で一気に道が拓けていく

ここまでお読みいただいた楽器講師の方であれば、

「え!?という事は・・・!!」

と、お気づきになられた方もおられるのではないかと思います。

 

その「気付き」こそ、まさに実際に上手くいっている人が行っている、オンラインレッスンの形なのですね。

それでは具体的に、上手くいっているオンラインレッスンの形をご紹介いたします。

 

【上手くいっていない…手応えが感じられないオンラインレッスン】

対面レッスンを、そのままオンラインレッスンに持ってきたケース

→手応えが感じられない…生徒さんも満足度が低い…

 

【上手くいっている!手応えが感じられるオンラインレッスン】

オンラインの『得意なコト』を活かしたレッスン。

具体的には、

1.それぞれの生徒さんに合わせた、15~20分ほどの動画レッスンを撮影。生徒さんへ送信。(月に3~4本など、本数を決めてもOK)

2.生徒さんがその動画を見て練習。練習している様子の動画を、送ってもらう。(スマホで撮ってもらった動画でも、ある程度のことが分かります。動画は5分ほどでOK)

3.生徒さんが練習している動画をチェック。メールや動画メッセージでアドバイス。

4.課題がクリアできたと判断したら、次の動画レッスンを撮影して、送信。

5.月に1~2回ほど、ZOOMやスカイプで対面アドバイス。生徒さんの悩みや疑問について、リアルタイムに回答する。

6.2~3ヶ月に1回ほど、全ての生徒さんとZOOMを使って「オンラインお楽しみ会」を開催。コミュニティが作られていって、生徒さんの継続率がアップ。

先生の手応えも強く、生徒さんの満足度は、「対面レッスンだけだった時よりアップした」という方もおられます。

 

今回のブログのまとめ

新型コロナウィルスの影響によって、起こった変化の一つに、

「実際に、対面で人と会うことの価値が高くなった」

という事があります。

 

今回、ご紹介をさせていただいた内容は、オンラインの得意なコトを活かしたレッスン方法です。

使う道具、ツールの『得意なコト』を活かしていますので、

先生も手応えを感じやすくなるかと思いますし、生徒さんの満足度もアップしやすくなるでしょう。

 

そうすると、何が起こるのか?というと、

「対面レッスンの価値が、より高まる」

という事が起こってくるのですね。

 

楽器レッスンにとって、やはり対面レッスンはとても大切です。

何が一番良いレッスン方法かというと、間違いなく対面レッスンなのです。

それは、ぼく自身も一人の演奏家として、痛感をしています。

 

こんな状況でなければ、今まで通りに対面レッスンが続いていたでしょう。

ですが、前を向いて進んでいく必要があります。

そして、前を向いて進むなら、活用するツールの『得意なコト』を活かす方が、良い方向へと進みやすいのですね。

 

そうすると結果として、なんと、

「対面レッスンの価値がよりアップする」

という現実が出てきたのですね。

 

今回、ご紹介をさせていただいた『オンラインの得意なコトを活かしたレッスン』

を進めていただく事で、より対面レッスンの価値が高まっていきます。

そうすると、

「新幹線や飛行機を使ってでも、先生のレッスンを受けに行きたいです」

という生徒さんも出てくるでしょう。

 

ぜひ、ご参考にしてみていただければと思います。

プロフィール
この記事を書いた人
楽器講師専門ウェブパートナーGO

【記事を書いた人のプロフィール】

★ドラム歴25年以上(プロドラマー/ドラム講師)

★ピアノ歴35年以上(趣味)

★作曲歴30年以上(趣味)

★インターネット集客10年以上(SEO対策、ネット集客の専門家)

★マーケティングウェブデザイン(ワードプレスでのウェブサイト作成の専門家)

■「楽器だけでは生活が大変」と感じ、2007年からインターネット集客を学び始める。

■インターネット集客やインターネットマーケティングを10年以上かけて学び、1億円以上の売上を達成したあと、それらのビジネスを全て手放し、再び音楽の世界へ。

■4~5時に起きて、6畳一間の部屋で一人、お昼まで仕事をして、午後は練習をしたり飲んだり…という生活を10年以上、続けている。

■ずっと家で仕事をしているので、半分くらい主夫状態。育児や家事が日常。

■お昼寝のあと、子ども達と散歩に行くついでにビールを買うのが最近のルーティン。知らない間に子ども達が、キリン、アサヒ、サッポロ、サントリーのブランド名を全部覚えてしまった。

楽器講師専門ウェブパートナーGOをフォローする
楽器講師で集まってリモート演奏


生徒さんに、元気と楽しみ、想いを届けませんか?

【公式メンバーを募集中です^^】

楽器講師で集まってリモート演奏!の公式メンバーを募集しています。

・管楽器
・弦楽器
・鍵盤楽器

の楽器講師の方は、ぜひお気軽にご参加ください。

公式メンバーへの加入は【無料】です。

【ご参加のメリット】

生徒さんへ想いを届けることで、レッスンの継続率がアップする傾向があります

シェア、拡散されることで、新規の生徒さんがアップする傾向もあります

何より、愉しいです(笑)

Facebookグループはコチラ

オンラインレッスンのやり方
楽器講師専門ウェブパートナーGOをフォローする
ダル・セーニョ – ずっと楽器を続けたい楽器講師のための「ネット集客」情報ブログ
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました