楽器 練習 – 楽器が趣味の経営者のための、短時間で楽器を効率よく練習する3つのポイント

練習方法
この記事は約7分で読めます。

楽器が趣味の経営者のための、短時間で楽器を効率よく練習する3つのポイント

今回のブログを動画でご覧になりたい方、「音声で聞きたい」という方はコチラ

こんにちは、自然音楽のGOです^^

さて本日のテーマは「短時間で、効率よく楽器を練習するためには、どうしたら良いの?」

という内容について、お話をしてみたいと思います。

 

起業家に限った事ではないかとは思いますが、

社会人になって楽器を始めようとすると、「練習時間をどう作るか?」が一つのポイントになるかと思います。

 

もちろん、365日毎日ずっと忙しいという事ではなく、

流れやリズムというのがありますよね。

特に起業家であれば、ある程度までビジネスが成長してくると、

時間の取り方も変化してくるかと思います。

 

その際、やっぱり気になるのが「楽器の練習は、毎日やらないと腕が鈍る」

という考え方があること…ではないかと思います。

 

そこで今日は、忙しくてなかなか楽器の練習の時間が作れない、

起業家や経営者、ビジネスパーソンの方向けに、

効率よく楽器を練習していくためのポイントを、お伝えしてみたいと思います^^

 

楽器の練習を効率よく行うための、3つのポイントをご紹介

起業家や経営者、ビジネスパーソンの方であれば、

もう、今回お話をさせていただく「楽器の練習を効率よく行うための、3つのポイント」をご紹介した瞬間・・・

「なるほど、あれと同じか!」

ということで、一瞬で理解をされてしまうのではないかと思いますが、

3つのポイントというのは、

 

1.習慣化

2.目的の明確化

3.時間を区切る

という事になります。

つまり何か…というと、日常の業務に対する取り組みと同じ、という事ですね。

 

ただ、考え方は同じであっても、具体的なやり方については、

少し異なる部分もあるかもしれませんので、ここからはより詳しく、

3つのポイントについて解説をしていきましょう。

 

楽器の練習の効率化は、日々の仕事の効率化とほとんど同じです^^

1.習慣化

ビジネスについても、日々のルーティンとなっている作業があるのではないかと思います。

楽器の練習も、その中の一つとして組み込んでしまう、ということですね。

 

趣味とは言え、楽器というのはとても影響力があります。

 

普段は経営者、あるいは起業家として仕事をしているけれど、

プライベートでは趣味で楽器をやっています、となると、

経営者、起業家として伝えていくメッセージの強さにも、如実に影響を与えてしまいます。

それは、ご本人が望んでも望まなくても、影響力を与えてしまうという強さがあります。

 

趣味で釣りをやっている、趣味でバイクに乗っている、という趣味と比較すると、

「楽器をやっています」というのは、周囲に与える影響が大きいのです。

 

ですので、あまり影響を出したくない場合は、完全に隠しておく方が良いかもしれません。

 

そうすると、考えるべき重要なポイントがでてきます。

それは何かというと、「趣味が楽器演奏であると言った以上、下手なのは困る」ということです。

これ・・・笑ってしまうかもしれませんが、想像以上に切実なんですよ。

 

だって、経営者や起業家ですよ。

あなたと共に仕事をされている方や、あなたの存在に憧れている方もおられるでしょう。

 

そういった、リーダーの立場である方が、趣味で楽器をやっていて、

それがちょっとイケてない…ということになると、ご本人が望んでも、望まなくても、

ご本人のイメージに大きな影響を与えてしまうだろうと、想像できますね。

ただ、ここで重要なポイントがあります。

実は、楽器演奏がイケてないこと…だけが問題ではないのです。

 

最初はイケてなかったけど、練習を積み重ねて、どんどん上達していっている!

というのは、むしろイメージを大きく向上させます。

 

楽器が趣味と言いつつ、ずっと練習をしないでイケてないまま…というのが、あまり良くないのですね。

ですので、ビジネスの一部として習慣化してしまう方が良いのです。

 

2.目的の明確化

短い時間で効率よく練習をするためには、目的を明確にする方が良いです。

これも、ビジネスの考え方と同じですね。

 

限られたリソースを、一つの目的のために集中するという考え方です。

 

では具体的に、どんな目的をセットすればよいのか?ということですが、

ぼくは個人的に、「ライブステージに立つことを目的にするのが良い」と考えています。

 

起業家や経営者の方であれば、たとえば、

会社の周年記念パーティー

出版記念パーティー

事業の成功を記念する打ち上げパーティー

誕生日パーティー

仲間や社員の記念日を祝うパーティー

などなど、イベントを立ち上げるきっかけは、様々にあると思います。

そういった「本番ステージで演奏すること」を目的としていると、いろいろなメリットがあるのです。

 

具体的に3つほど、メリットを上げてみたいと思います。

まず「エンドが決まる」というメリットがあります。

創立記念パーティーなどは、もう開催する時期が固定化されているはずです。

そのパーティーでライブ演奏を披露するとなると、エンドが決まりますので、行動しやすくなりますね。

 

次に「曲が決まる」というメリットです。

ライブをするには、曲を決めなくてはいけません。

何となく曲を練習するのと、ライブ演奏があるから曲を練習するのとでは、全く成長スピードが違ってきます。

 

更には「基礎練習のメニューが決まる」というメリットもあります。

楽器の基礎練習は、意外に多くのメニューがあります。

それらを全てこなしていたら、何時間もかかってしまいます。

 

基礎練習そのものが好き!という方であれば、ずっと練習できる思いますが、

基礎練習が苦手という方は、「曲を決めることで、その曲に必要な基礎練習に絞る」

という事ができますね。

 

ライブステージに立とう!ライブをしよう!という目的をセットする事で、

より練習する時間の習慣化にもつながるのではないかなと思います。

 

ライブをすることで、起業家の持つメッセージや想いを、言葉とは違う方法でも伝えることに繋がります。

3.時間を区切る

それでは、楽器の練習を短時間で効率的に進めていく、3つ目のポイントに入りたいと思います。

それは何かと言うと、「時間を区切る事」です。

 

時間を区切るというのは一体何か?というと、

基礎練習のメニューについて、それぞれのメニューに対してどれくらいの時間がかかっているのかを、ある程度まで把握をしておくこと

ということになります。

 

たとえば管楽器を例にとってみましょう。

管楽器の基礎練習について、ロングトーンとスケール練習があったとします。

その際、「ロングトーンに10分。スケール練習に15分という時間をかけている」

という事をご自身で認識していると、

 

「10分ほど時間が取れそうだから、ロングトーンをしようかな」

といった形で、スケジュールを組むことができますね。

 

これがもし、「いつも何となく1時間くらい、ざっくり基礎練習をしている」という事になると、

1時間の確保しないと練習に入れない、という意識のブロックがかかります。

 

ですが、ロングトーンに10分、スケールに15分…といったように、

それぞれのメニューについて時間を区切って把握しておくと、

短い時間でも「これだけなら練習できる」という方向へ進めますね。

 

今回のブログのまとめ

今回の内容をまとめますと、

ビジネスとすごく似ている!

という点ですね。

 

習慣化も、目的の明確化も、時間を区切ることも、

起業家や経営者、ビジネスパーソンの方であれば、

日常的に考えておられる内容の一つではないかと思います。

 

それを楽器の練習にも取り入れることで、効率よく練習ができる、

という事になる訳ですね。

 

繰り返しになりますが、「楽器」というのは、

その人のイメージを大きく変えてしまう力を持っています。

 

それも、良い方向と、良くない方向、

両方に対して、大きくイメージを変えてしまう力を持っていますので、

「趣味で楽器をやっています!」と公開されている起業家、経営者の方は、

ぜひ、「楽器の上達は、自身の人生の一部」という感覚で、

練習をしてみていただければと思います。

 

 

 

 

プロフィール
この記事を書いた人
楽器講師専門ウェブパートナーGO

【記事を書いた人のプロフィール】

★ドラム歴25年以上(プロドラマー/ドラム講師)

★ピアノ歴35年以上(趣味)

★作曲歴30年以上(趣味)

★インターネット集客10年以上(SEO対策、ネット集客の専門家)

★マーケティングウェブデザイン(ワードプレスでのウェブサイト作成の専門家)

■「楽器だけでは生活が大変」と感じ、2007年からインターネット集客を学び始める。

■インターネット集客やインターネットマーケティングを10年以上かけて学び、1億円以上の売上を達成したあと、それらのビジネスを全て手放し、再び音楽の世界へ。

■4~5時に起きて、6畳一間の部屋で一人、お昼まで仕事をして、午後は練習をしたり飲んだり…という生活を10年以上、続けている。

■ずっと家で仕事をしているので、半分くらい主夫状態。育児や家事が日常。

■お昼寝のあと、子ども達と散歩に行くついでにビールを買うのが最近のルーティン。知らない間に子ども達が、キリン、アサヒ、サッポロ、サントリーのブランド名を全部覚えてしまった。

楽器講師専門ウェブパートナーGOをフォローする
楽器講師で集まってリモート演奏


生徒さんに、元気と楽しみ、想いを届けませんか?

【公式メンバーを募集中です^^】

楽器講師で集まってリモート演奏!の公式メンバーを募集しています。

・管楽器
・弦楽器
・鍵盤楽器

の楽器講師の方は、ぜひお気軽にご参加ください。

公式メンバーへの加入は【無料】です。

【ご参加のメリット】

生徒さんへ想いを届けることで、レッスンの継続率がアップする傾向があります

シェア、拡散されることで、新規の生徒さんがアップする傾向もあります

何より、愉しいです(笑)

Facebookグループはコチラ

練習方法
楽器講師専門ウェブパートナーGOをフォローする
ダル・セーニョ – ずっと楽器を続けたい楽器講師のための「ネット集客」情報ブログ
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました