ホームページ 作成 – 楽器講師に自分のホームページが必須な5つの理由をご紹介

楽器講師のためのウェブサイト対策
この記事は約7分で読めます。

ホームページ 作成 – 楽器講師に自分のホームページが必須な5つの理由をご紹介

今回のブログを動画でご覧になりたい方、もしくは耳でお聴きになりたい方はコチラ

楽器講師に自分のホームページが必須な5つの理由をご紹介

こんにちは。

これからもずっと楽器で仕事をしていきたい楽器講師専門のウェブパートナー、GOです^^

今回は、楽器講師の方にとって、ご自身のホームページを持つのが必須となる5つの理由という事で、ご紹介をしてみたいと思います。

「必須」という言葉を使うと、ギョッとされてしまう方もおられるのではないかと思いますが、これはもちろん、ケースバイケースという部分もあります。

 

ただ、ご自身がこれからも楽器講師として、そして一人の音楽家、演奏家として人生を歩んで行かれる際に、ご自身のホームページがあるというのは、非常に大きな強みとなります。

中にはもう「自分のホームページは持っているよ!」という方も多いかと思いますが、そういった方は、「運用のされ方」についても、今回はご紹介をしてみたいと思います。

 

ですので今回は、

まだホームページを持っていない

ホームページは持っているけれど、必須となる理由はよく分からない

運用についても知っておきたい

このような楽器講師の方に、ご参考いただけるのではないかなと思います。

 

自分のホームページ・・・って、一体なに?

楽器講師の方に、ご自身のホームページが必須となる5つの理由をご紹介する前に、

まず、

 

「自分のホームページって何?」

 

という部分から入っていきましょう。

 

今、自分のホームページを持つだけなら、いろんなサービスがあります。

たとえば、昔から有名なサービスで言えば、「アメーバブログ」がありますね。

それ以外にも、無料のブログサービスや、無料のホームページサービス、他にもFacebookやInstagramなど、いろんなサービスがあります。

 

その中で、「自分のホームページ」というのは、

ご自身のドメインを持っていて、ワードプレスで作ったウェブサイト

という事になります。

 

自分自身のドメイン(URLやホームページアドレス、とも言いますね)を持っていて、

ワードプレスで作っているウェブサイトの事が、自分のホームページということになります。

 

楽器講師の方に、自分のホームページが必須となる5つの理由をご紹介

それでは、楽器講師の方に、

自分自身のドメインを持って、ワードプレスで作った自分のホームページが必須となる、

5つの理由をご紹介していきましょう。

 

1.自分自身を表現できる

2.音楽以外の部分でも信頼されやすい

3.新規の生徒さんを募集できる

4.既存の生徒さんとの信頼関係を強められる

5.ファンとの関係性を育てていける

それでは、一つずつ詳しく見ていきましょう。

 

1.自分自身を表現できる

楽器講師の方の中には、

「楽器講師としてだけではなく、演奏家、音楽家としても活動しているよ!」

という方もおられるのではないかと思います。

 

そうすると、ワードプレスで作るご自身のウェブサイトというのは、自分自身をとても表現しやすいという強みがあるのですね。

これが他の無料系のサービスになりますと、ある程度、全体的な雰囲気や型が決められており、

その範囲内でしか表現ができない、という事がほとんどなのですね。

 

楽器講師としてだけではなく、音楽家として、演奏家としてもご活動をされていく中で、

「この人の事をもっと知りたいな、もっと聴きたいな」というファンの方も現れてくるはずです。

 

そんな大切なファンの方に、ご自身のことをインターネット上で見てもらうには、

自分自身をしっかりと表現しやすい、ご自身のホームページを持っている方が、よりファンの方に伝わりやすくなる、という部分があるのですね。

2.音楽以外の部分でも信頼されやすい

ご自身のホームページを持つことは、シンプルに「信頼感のアップ」に繋がります。

 

これは、たとえばテレビや新聞といった大手メディアからの取材の申し込みや、

本や雑誌の出版社から何かしらのオファーが来るとなった時、

「相手側が、まずホームページを調べる」

という動きがあるのですね。

 

これは一体なぜなのかというと、自分自身のホームページというのは、

その人の人となりや、想い、考え方が分かるだけではなく、「間違いなく本人だろう」という、

根本的な部分での信頼も得られるからです。

 

ホームページは、他人がなりすましているケースが非常に少ないということと、

「この人と仕事をしても、自分たちの信頼性が損なわれることはない」

という、相手側が気になる点も、解消されることが多いからです。

 

これは大手メディアや出版社といったケースに限らず、ファンの方や生徒さんであっても同じです。

 

ご自身のホームページを持つことは、信頼を得るという部分で、圧倒的な強さがあるのですね。

 

3.新規の生徒さんを募集できる

ワードプレスで作ったご自身のホームページというのは、

その中で日常のブログ記事を書いていく事ができます。

 

レッスンの事であったり、レッスンに対する想い、音楽や生徒さんへの想い。

あるいは少しプライベートな内容であっても、自由にブログで書いていく事ができます。

 

たとえばご近所であなたの楽器教室を探している、未来の生徒さんがおられたとします。

そうすると、インターネットで調べた時に、あなたの楽器教室のホームページが見つかったとして、

そこにただただ、

レッスン料やレッスン時間、あなたのプロフィールなどの情報が書かれたページ

が出てくるのと、

あなたの事がより分かるブログも一緒に出てくるページ

が出てくるのとでは、どちらがより信頼されるかはハッキリしていますね。

 

ワードプレスで作ったご自身のホームページというのは、

もちろん情報をしっかりと整理して見て頂くこともできますが、

それ以上に、あなたの事を知りたい人のために、あなたの事を知って頂くための方法として、とても重要になるのですね。

 

4.既存の生徒さんとの信頼関係を強められる

ワードプレスで作ったご自身のホームページでは、

既存の生徒さんにだけ見て頂くことができるページ

といったページも作ることができます。

 

これは一体どういう事なのかというと、既存の生徒さんの横のつながりを作っていく、

コミュニティを育てていく事ができる、

ということなのですね。

 

楽器講師の方にとって、既存の生徒さんのレッスン継続率を高めていく事は、

ビジネス面からだけではなく、精神的な面からも、とても重要なポイントとなります。

 

長く通ってくれる生徒さんが増えれば増えるほど、楽器講師としても、充実してくるという事ですね。

そのためには、ワードプレスで作ったご自身のホームページを持っている方が、とても有利となります。

5.ファンとの関係性を育てていける

楽器講師の方で、もし自分は楽器講師だけの活動で仕事をしていく、

という事であれば、これは少し当てはまらない部分も出てきますが、

多くの楽器講師の方は、演奏家として、音楽家としての活動もされているかと思います。

 

そうすると、あなたの演奏を聴いて「すごく感動した!もっとこの人の事を知りたい!」

という方も出てくるかもしれません。

ご近所さんだけではなく、全国、あるいは海外からも、そういった方が出てくるかもしれない、ということですね。

今はインターネットの時代ですので、こういった事はまったく珍しくありません。

 

そうすると、ご自身のホームページを持っている事で、

自分自身についてもっと知ってもらうのはもちろん、

メールやLINEなど、連絡が取れる形で繋がる

という事もあり得る、という事になります。

 

そうする事で、コンサートやライブなどの情報もお伝えができるようになりますね。

こういったファンとのより強力な信頼関係も、ご自身のホームページを持っている強みの一つです。

 

今回のブログのまとめ

今回は、楽器講師の方がご自身のホームページを持っている強みと、それが必須である理由をご紹介してみました。

新型コロナウィルスの影響で外出自粛となった影響で、インターネットでの情報発信が、より重要となってきています。

人々の行動が大きく変わった、ということですね。

 

それに合わせて、私たち楽器講師も、インターネットを見ている方のための対策を進めていきたいところです。

それでは、今日も顔晴っていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
プロフィール
この記事を書いた人
楽器講師専門ウェブパートナーGO

【記事を書いた人のプロフィール】

★ドラム歴25年以上(プロドラマー/ドラム講師)

★ピアノ歴35年以上(趣味)

★作曲歴30年以上(趣味)

★インターネット集客10年以上(SEO対策、ネット集客の専門家)

★マーケティングウェブデザイン(ワードプレスでのウェブサイト作成の専門家)

■「楽器だけでは生活が大変」と感じ、2007年からインターネット集客を学び始める。

■インターネット集客やインターネットマーケティングを10年以上かけて学び、1億円以上の売上を達成したあと、それらのビジネスを全て手放し、再び音楽の世界へ。

■4~5時に起きて、6畳一間の部屋で一人、お昼まで仕事をして、午後は練習をしたり飲んだり…という生活を10年以上、続けている。

■ずっと家で仕事をしているので、半分くらい主夫状態。育児や家事が日常。

■お昼寝のあと、子ども達と散歩に行くついでにビールを買うのが最近のルーティン。知らない間に子ども達が、キリン、アサヒ、サッポロ、サントリーのブランド名を全部覚えてしまった。

楽器講師専門ウェブパートナーGOをフォローする
楽器講師のための、楽器講師が作るホームページ・サポート

楽器講師のためのウェブサイト対策
楽器講師専門ウェブパートナーGOをフォローする
ダル・セーニョ – ずっと楽器を続けたい楽器講師のための「ネット集客」情報ブログ
タイトルとURLをコピーしました