楽器教室 ウェブサイト – 生徒さんに信頼してもらえる楽器教室のサイトを作る【5つのポイント】を解説

楽器講師のためのウェブサイト対策
この記事は約7分で読めます。

生徒さんに信頼してもらえる楽器教室のサイトを作る【5つのポイント】を解説

今回のブログを動画でご覧になりたい方、もしくは耳で聞きたい方はコチラ

楽器教室のウェブサイトを作る時には「信頼してもらえること」を考えてみましょう

こんにちは、GOです。

今日は、「生徒さんに信頼してもらえる楽器教室のサイトを作る【5つのポイント】」についてお話をしていきたいと思います。

 

2020年の新型コロナウィルスの影響を受けて、色んな業界、色んな仕事に、大きな影響が出ました。

テレビや新聞のニュースを見ていると、ネガティブな内容が多く取り上げられているので、

「みんな、苦しいんだなぁ…」と感じてしまいますが、

実は、新型コロナウィルスで、大忙しになっている仕事もあるのです。

 

たとえば、リフォーム業界です。

なぜ忙しくなっているの?というと、リモートワークですね。

 

旦那さんが家で仕事をしなければいけない状況となり、

さすがにリビングでずっと仕事をするのも集中ができない…

といった事情で、リフォームをされる方が増えているのです。

 

最近よく、引っ越し屋さんのトラックを見かけますが、こういう事情もあったのですね。

 

 

他にも、パソコンの通信販売ショップも、大忙しだそうです。

なぜ忙しくなったのかという理由は…これもリモートワークが関係しますね。

家で仕事をする際には、どうしてもパソコンがあった方が良いからです。

 

新型コロナウィルスは、わたし達の生活に対して「仕事」と「健康」について、

大きなネガティブな結果をもたらしました。

ですが、その際に大切なポイントは、「何かが起これば、良い面と悪い面の両方が起こる」

という事ではないかと思います。

 

 

そういった、少し俯瞰をするようなイメージで今の状況をよく見た時、

実は楽器教室の中でも、

■生徒さんが離れていって戻って来なくなった教室
と、
■生徒さんがみんな(もしくは多くが)戻ってきてくれた教室

という形で、かなりハッキリと明暗が分かれている…という状況が見えてきます。

 

生徒さんが戻って来なかった教室は、廃業にも追い込まれています。

生徒さんが戻ってきた教室は、そのまま続くのかというと・・・

ここからが、新型コロナウィルスによって起こった、良い面と悪い面の大きなポイントとなります。

 

楽器の楽しさを伝えたい!と努力している楽器講師の方は、生徒数が伸びている

生徒さんが戻ってきた教室の中でも、

■戻ってきたけど、その後、生徒数が減り続けている教室

と、

■戻ってきて、その後も生徒が集まり続けている教室

と、2つに分かれています。

 

では、新型コロナウィルスの影響を受けても、

生徒数が増え続けていて、今も楽器教室を続けている講師の方が、

一体何をしているの?というと、

それは「自分のウェブサイトを持ち、楽器を演奏する楽しさを伝え続けていること」です。

 

「私もInstagramをやっているけど…」

「Youtubeに動画を上げたりしているよ」

という楽器講師の方もおられるかと思います。

ここで、一体なぜ「自分のウェブサイト」なのかという理由について、少しご紹介をいたします。

 

答はシンプルです。

自分のウェブサイトがあると「ちゃんとやってるんだ!」という信頼感があるから

です。

テレビや雑誌の取材というのがありますが、大手メディアや大企業が、

その人物をどうやって信頼するのかというと、ウェブサイトを調べるのだそうです。

ウェブサイトを持っている=信頼できる、ということなのですね。

 

とは言え、ただ自分のウェブサイトを持っているだけでは、少し足りません。

具体的に、どんなウェブサイトだを信頼してもらえるのか?

という部分について、元ドラム講師であり、インターネットマーケッターでもある視点から、

5つご紹介をしていきたいと思います。

 

ウェブサイトは、信頼してもらうための大事なポイントとなります。

 

 

信頼してもらえるウェブサイト作りのポイント1.「分かりやすい事」

ウェブサイトを作っていく上で、何よりも重要なのが「分かりやすい事」です。

分かりにくいウェブサイトは、やはり信頼してもらいにくいですね。

 

では、具体的に「分かりやすいさ」って何なの?という部分について、

これは、小学校3~4年生の子どもに見せても、何のウェブサイトなのかが分かるようにする、

という感じになります。

 

ええ!?と驚かれるかもしれませんが、

小学3~4年生の子たちに見せた時、何のサイトなのか即答で返ってこない場合、

ちょっと分かりにくいのかも…と判断されるのが良いかなと思います。

 

信頼してもらえるウェブサイト作りのポイント2.「楽器講師の顔写真が出ている」

楽器講師の方について、ここはあまり問題ではないケースが多いと思いますが、

やはり、どんな先生なのか?という顔写真が出ている事は、

信頼してもらう事に繋がりますね。

 

楽器講師の方は、演奏家としてもご活動されている場合が多いと思いますが、

そういった演奏家としての写真を掲載しておく形でも、最初は構いません。

できれば、楽器講師としてのイメージで撮影した写真があれば、それがベストです。

 

 

信頼してもらえるウェブサイト作りのポイント3.「連絡先が大きく表示されている」

これは実際にあった例となります。

ウェブサイトを作ったのに、全く問い合わせや申し込みがない…という方がおられました。

ちゃんと集客も行って、ウェブサイトを見てくれている人は、それなりの人数がいてくれているのに、半年経っても、1年が経っても、問い合わせがないのです。

ぼくがそのウェブサイトを診断させていただいた際に、まず気になったのは「どこから問い合わせたら良いのか分からない」という点でした。

教室概要というページがあり、そこの小さく電話番号が載っていただけなのですね。

その教室概要のページも、リンクが小さく載っているだけで、

かなりしっかり探しても、見つかりにくい状態でした。

 

そこで、トップページに大きく電話番号を掲載したのです。

その翌日以後、

「毎日のように電話がかかってくるので、お問い合わせフォームに変えたいです!」

という嬉しい悲鳴と共に、ご報告をいただきました。

 

信頼してもらえるウェブサイト作りのポイント4.「生徒さんからのご感想が載っている」

これはいわゆる、「お客様の声」ですね。

客観的な評価も、載っていた方が良いでしょう。

 

もちろん、お客様の声に「この先生はダメです」といった事を書く人はいません。

基本的には良い事が書かれているのがお約束ではありますが、

できれば、そのまま手書きの状態のご感想や、届いたままのメールを載せるようにしましょう。

 

そうする事で、ウェブサイトを見ている人に対して、

「信頼してもらえるように、努力をされているんだなぁ」

という誠意は、伝わりますね。

 

実はお客様の声というのは、「良い事が書かれている」という事ではないのです。

「たくさんある」という事が、まずは重要となります。

 

信頼してもらえるウェブサイト作りのポイント5.「最新のSEO対策を守っている」

これは少し専門的になりますが、

■1.ワードプレスで作ってあること(パソコンで見た時と、スマホで見た時と、それぞれに適したデザインに自動で変換してくれる、レスポンシブデザインになっていること)

■2.常時SSLが設定してあること(URLが、”http”ではなく、”https”になっていること)

■3.表示速度が速いこと(ウェブサイトにアクセスしたとき、パッと表示されること。サイトスピードインサイトというサイトで、速度をチェックできます)

■4.役立つ情報が書いてあること(ちゃんと読んでもらえるようなブログや情報がのっていること)

■5.metaタグがしっかり設定されていること(ウェブサイトのタイトルや詳細が、しっかりと書かれていること)

といった内容になります。

これは少し専門的になりますので、また別のブログでもご紹介をさせていただければと思います。

 

今回のブログのまとめ

新型コロナウィルスの影響で、楽器教室の状況にも大きな変化が出てきています。

これから先、楽器講師の方が音楽、楽器に関わって仕事をしていくためには、

「楽器の楽しさを伝える努力」

が、必須となるでしょう。

 

その上で、ウェブサイトは大きな役割を果たします。

まだお持ちでない方や、持っているけどちゃんと作っていないという方は、

ぜひ、今回のポイントをご参考いただければと思います。

 

プロフィール
この記事を書いた人
楽器講師専門ウェブパートナーGO

【記事を書いた人のプロフィール】

★ドラム歴25年以上(プロドラマー/ドラム講師)

★ピアノ歴35年以上(趣味)

★作曲歴30年以上(趣味)

★インターネット集客10年以上(SEO対策、ネット集客の専門家)

★マーケティングウェブデザイン(ワードプレスでのウェブサイト作成の専門家)

■「楽器だけでは生活が大変」と感じ、2007年からインターネット集客を学び始める。

■インターネット集客やインターネットマーケティングを10年以上かけて学び、1億円以上の売上を達成したあと、それらのビジネスを全て手放し、再び音楽の世界へ。

■4~5時に起きて、6畳一間の部屋で一人、お昼まで仕事をして、午後は練習をしたり飲んだり…という生活を10年以上、続けている。

■ずっと家で仕事をしているので、半分くらい主夫状態。育児や家事が日常。

■お昼寝のあと、子ども達と散歩に行くついでにビールを買うのが最近のルーティン。知らない間に子ども達が、キリン、アサヒ、サッポロ、サントリーのブランド名を全部覚えてしまった。

楽器講師専門ウェブパートナーGOをフォローする
楽器講師で集まってリモート演奏


生徒さんに、元気と楽しみ、想いを届けませんか?

【公式メンバーを募集中です^^】

楽器講師で集まってリモート演奏!の公式メンバーを募集しています。

・管楽器
・弦楽器
・鍵盤楽器

の楽器講師の方は、ぜひお気軽にご参加ください。

公式メンバーへの加入は【無料】です。

【ご参加のメリット】

生徒さんへ想いを届けることで、レッスンの継続率がアップする傾向があります

シェア、拡散されることで、新規の生徒さんがアップする傾向もあります

何より、愉しいです(笑)

Facebookグループはコチラ

楽器講師のためのウェブサイト対策
楽器講師専門ウェブパートナーGOをフォローする
ダル・セーニョ – ずっと楽器を続けたい楽器講師のための「ネット集客」情報ブログ
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました